海外では赤ちゃんの夜泣きは放置、じゃなかった!?意外と違った夜泣き対策の王道

海外では赤ちゃんの夜泣きは放置、じゃなかった!?意外と違った夜泣き対策の王道

Bu facebook
Bu twitter
夫の転勤でオランダに引っ越してきて早2年。私の周りにはヨーロッパのいろいろな国の方がいます。ヨーロッパの育児って日本とはだいぶ違うなぁ、と思うこともしばしば。

「ヨーロッパのパパやママは赤ちゃんが夜泣きをしても放置する」という話を日本で聞いたことがありました。赤ちゃんが別の部屋で寝ていたら気がつかないことがあるのかも、と思っていたのですが…。

実際にどうなのでしょうか? 周りのママたちに聞いてみました。
■海外では赤ちゃんの夜泣きを放置するって本当?

新生児の赤ちゃんでも、子ども部屋にベビーベッドが用意されて、赤ちゃんの時から自分の部屋のベッドに寝る、というスタイルは、布団に添い寝、とはだいぶ違いますね。

私の周囲にいるヨーロッパのママも、いろいろなライフスタイルがあるのですが、夜泣きに困った!という体験はよくあるそうです。やっぱり海外のパパやママにとっても、赤ちゃんが泣いているのに放置することはなかなか難しいこと。そして睡眠不足が続いてしまうのもまた、つらいものなんですね。
■オランダの保健師さんがすすめる「見守り」

オランダの保健師さんからは、こんなアドバイスを聞きました。
「夜泣きはよくあること。夢を見て起きてしまうのかもしれないわね。大人はできるだけ、労力をかけないことが大切。大人も休まなくてはいけないわ。すぐに駆け寄って抱き上げるのがいいとは限らないの。」

赤ちゃんが夜泣きしてしまったら、こんな感じで赤ちゃんに接してあげることがオススメだそうです。

明かりはつけないで、まずはベッドの中で慰めるようにする
泣き止まなかったら、子ども部屋の中からは出ないで、ベッドのそばで抱いてあげる
「怖い夢を見たのね」など、何が起きたのかをそっと語り掛けてあげる
泣き止んだら、静かになったらベッドに戻して、ぬいぐるみなど(柔らかくてママのにおいがするもの)を渡してあげる
「今は夜だからねんねしましょうね」と眠る時間であることを語り掛けてあげる

ベッドから出さないように、できるだけ静かに落ち着かせてあげることが大切なのだそう。放置というよりは、見守る、という感じでしょうか。私の子どもがまだ赤ちゃんだった頃、私が日本で実践していた夜泣き対策も似たような感じでした。

夜泣きが続くとパパやママは睡眠不足で大変です。赤ちゃんを見守ってあげながら、乗り切っていけるといいですね。

<参考>
Groei Gids Ages 0-4(PDF)※英語
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP