【3〜4歳オススメ絵本】絵本8選とその選び方、教えます! Part1

【3〜4歳オススメ絵本】絵本8選とその選び方、教えます! Part1

Bu facebook
Bu twitter
The 定番が揃いました!
【1】おおきなかぶ


おじいさんが育てたかぶが大きくなりました。おじいさんが「うんとこしょどっこいしょ」と引っぱってもなかなか抜けません。おばあさん、孫、いぬ、ねこ、ねずみも加わって一緒に「うんとこしょどっこいしょ」と大きなかぶを引っぱります。とてもリズミカルに楽しく読める1冊です。
おおきなかぶ
【2】てぶくろ


雪の上に落ちていた手袋にネズミが住みはじめました。そこへカエルやウサギ、キツネが次つぎとやってきて、とうとう手袋ははじけそう…!!
てぶくろ
【3】三びきのやぎのがらがらどん


3匹のヤギが山に行く途中、谷川でまちうけるトロルと対決する物語。物語の構成、リズム、さらに北欧の自然を見事に再現したブラウンの絵、完璧な昔話絵本です。
三びきのやぎのがらがらどん
【4】マーシャとくま


ロシアの絵本はどうしてこんなにも美しいのでしょうか。 くまにつかまってしまった女の子のマーシャ。知恵をはたらかせて無事におじいさんとおばあさんのところへ帰るお話です。
マーシャとくま
【5】3びきのくま

3
大きいお父さんぐま、中ぐらいのお母さんぐま、小さな子どもぐまの3びきが森にでかけました。ところがその間に、森で迷子になった女の子がくまの家に入り込んでしまいます。小さな子どもぐま用のいすを壊し、スープを飲み、ベッドで眠ってしまいます。そこにくまの家族が帰ってきました…
3びきのくま
【6】だいくとおにろく


川に橋をかけようとする大工とその川に住む鬼のユーモラスなやりとり、民話の語り口を生かした文章、日本の伝統的な美しい絵、すべてが子どもを満足させます。
だいくとおにろく
【7】おだんごぱん


丸いパンがころころ転がって動物たちに出会うお話しです。動物たちに出会うたび「ぼくは天下のおだんごぱん。…おじいさんからもおばあさんからも逃げ出したのさ。お前なんかに捕まるかい」と歌って逃げるくり返しが子どもたちは大好きです。
おだんごぱん
【8】おおかみと七ひきのこやぎ


グリム昔話絵本の名作。おおかみをやっつける定番のストーリー。ホフマンは巧みな構図と見事な描写、深みのある色合いで、質の高い美しい絵本です。
おおかみと七ひきのこやぎ

Dad and two kids reading
ロシアをはじめとする外国の絵本は、お話はもちろん素晴らしいのですが、絵やデザインも美しく、総合芸術です。 3〜4歳のオススメ絵本はこれだけではありません。まだまだまだ続きます!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP