乳歯を虫歯にしない!歯磨きの5つの基本

乳歯を虫歯にしない!歯磨きの5つの基本

Bu facebook
Bu twitter
summer1

乳歯を虫歯にさせてしまうと、将来の歯並びに悪影響がでたり、乳歯がなくなってしまうこともあります。
子供の将来のためにも、ママが正しい仕上げ磨きをしてあげることがとても大切です。
そこで、歯磨きの基本をまとめてみました。

1.1日1回の歯磨きを習慣に

1日1回、夕食後や就寝前の歯磨きを習慣にしましょう。
子供が歯ブラシを持って磨いたら、その後必ずママが仕上げ磨きをしましょう。
食後に麦茶や水を飲ませて、歯についた食べかすを洗い流すことも習慣づけておきましょう。

2016サマー4

2.仕上げ磨き用の歯ブラシで

仕上げ磨き用の歯ブラシは、大人が乳歯を磨きやすいよう設計されています。
グリップが長く、毛先が短いものを選ぶと安定して磨きやすいです。
子供が歯ブラシを持ちたがった場合には、子供用を用意しましょう。

3.ペンと同じ持ち方で磨く

歯ブラシはペンを持つように持つのが基本です。
毛先を細かく動かすことができ、自在に磨くことができます。
歯ブラシは小刻みに振動させて、食べかすをかきだしましょう。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP