【出産体験談】明け方おしるしがあってから間もなく陣痛が…

【出産体験談】明け方おしるしがあってから間もなく陣痛が…

Bu facebook
Bu twitter

入院したり分娩室に入ってからも、子宮口が十分に開かないと中々出産に移ることはできません。出産日前日におしるしがありその日のうちに入院することになったmeamoさんの場合はどうでしょうか。

今回は、meamoさんから頂いた初産の時の体験談をまとめました。

妊娠から出産までの気になるあれこれ

妊娠の経緯・方法は?

自然妊娠

出産時の年齢は?

31歳

出産したときの妊娠週数は?

40週目

出産場所の種類は?

総合病院

出産場所は?(病院、クリニック名など)

第二赤十字病院(愛知県名古屋市昭和区)

出産場所を選んだ理由は?

初めての出産で不安だったので、実家から徒歩10分と近く、総合病院でNICUなど高度な設備があり切迫流産などいろいろなケースにも対応している第二赤十字病院を選択しました。

また、妊娠初期に通っていた近所の加藤せんとよ病院と提携していたのも決め手となりました。

出産方法は?

普通分娩

その出産方法を選んだ理由は?

帝王切開はお腹を切るというのが怖かったのと、基本的に第二子以降も帝王切開になるということで、普通分娩を希望しました。

無痛分娩もよかったのですが、費用が高いことや脊髄に注射するというのが怖くて普通分娩にしました。

体重管理の方法は?(苦労した点・工夫した点)

8kgほど増加しました。

妊娠後期にぐんと増え出したので、塩分を控えるために料理は自分の分だけ薄味でつくったり外食を控えるなどしました。

また、買い物に行くときなどは階段を使ったり、家の中で簡単なダンスをしたり体を動かすよう心がけました。

分娩はどうだった?

出産の兆候は?

おしるし

陣痛がきてから入院までの経緯は?

出産日前日の明け方おしるしがあり、間も無く陣痛のような痛みが来たので間隔をはかるとすでに3分間隔くらいでしたが、まだ耐えられる痛みだったのとちょうどその日の午前中が検診だったのでもう少し様子を見ようと思っているうちに猛烈な痛みになってしまいました。

食欲はありませんでしたが陣痛と陣痛の合間におにぎりをひとつ食べ、動こうと思っても歩くことができず、母親に病院に電話してもらいました。

すると本人に代わって欲しいとのことで自分が電話に出ると「話せるのだから動けるはずだから頑張って病院に来て」とのことだっので母親にマンションの管理人室から車いすを借りてきてもらい車まで移動し、5分ほどのところにある病院まで連れて行ってもらいました。

病院で診察すると子宮口が開いていてそのま入院になりました。

入院から分娩までの時間は?

30時間くらい

入院から出産までの経緯は?

入院後は子宮口が十分に開くまで陣痛室に通されました。2分くらいで陣痛が襲ってきて、お尻を抑えたり母親に腰をマッサージしてもらい痛みに耐えました。

食事は食べることができず消灯後、見回りにきた助産師さんに見てもらうと子宮口がかなり開いているとのことで分娩室に移動しました。その頃旦那も病院にかけつけました。

分娩室にうつってからも子宮口がなかなか10cmに達さず朝を迎え、痛みも今にも赤ちゃんが出てきそうな痛みで体力も消耗しきっていて赤ちゃんも元気がなくなって来ているとのことで酸素マスクをつけて酸素を送り、必死でいきむのを堪えました。このあたりで破水したような覚えがあります。

その後やっといきめるようになりましたがなかなか進まず、医師が旦那を呼び陣痛促進剤を使用する書類にサインし投与し、その後何回もいきみやっと出産することができました。

いきんだのと同時に医師が赤ちゃんを引っ張り出した形なので、つるんっと生まれる爽快感みたいなものはなく、生まれた感覚がありませんでした。赤ちゃんは3000gちょうどでした。

旦那様の出産立ち合いは?

旦那さんには病院には来てもらい、陣痛中はマッサージしてもらったりしましたが、分娩台に乗ってからは待合室で待っていてもらいました。

叫んだりうめいたりする姿を見られたくないというのと、ただ単に気が散るというか1人で集中して生みたいという気持ちがあったからです。

旦那さんは私の好きなようにしていいとのことで、私の母と待合室で待っていてくれ、生まれたあと初めて赤ちゃんと対面したとき赤ちゃんと目があったそうでとても感動したと言っていました。

出産後ってどうだった?

初めて自分の子どもと対面した時の感想は?

呼吸が弱いということで横になっている時に隣に連れてきてもらっただけで抱っこなどすることはありませんでした。

ふにゃふにゃしていて小さい!かわいい!エコーでは旦那に似ていると思ったけど私に似てる!指はちゃんと5本あるかな?などいろんな思いが頭をよぎり、その後「やっと会えた、頑張ってよかったなぁ」としみじみ感動しました。

出産後の入院生活は?

4人1部屋の大部屋に入院しました。基本的には出産の翌日から母子同室ですが、夜間だけなど希望すればナースステーションで預かってもらえました。

助産師さんは授乳室などで授乳の仕方などいろいろお話してくれました。母乳指導は毎日助産師さんが母乳の出をチェックしてくれ、マッサージや指導もしてもらいました。

食事はお米が多めで、退院前日にはお祝い膳が出てどれも栄養を考えたようなメニューでおいしかったです。

お風呂は出産翌日からシャワーを使えるようになり、30分間単位でホワイトボードに名前を書いて予約してその時間に使うという形式でした。

面会は面会時間が決まっていてその時間内で友人や家族に来てもらい、ラウンジなどで過ごしました。

出産日を入れて6日間入院し、費用は55万円くらい(平日の出産で夜間費用あり、42万くらいは補助が出ました)でした。

出産報告の方法は?

主に友達にはLINEやFacebookなどで報告し、親族にはメールで報告しました。

まとめ

以上、meamoさんの出産体験談でした。

出産を経験されている方のお話を参考にして、初めての出産への不安を解消できるといいですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP