保育士が教える!1、2歳児のトイレトレーニングの始め方、進め方

保育士が教える!1、2歳児のトイレトレーニングの始め方、進め方

Bu facebook
Bu twitter

子育ての中で避けては通れない問題の一つがトイレトレーニングです。

子どもたちの発達は、個人差や月齢や年齢によっても大きく違います。兄弟のいるお子さんにしても、上のお子さんと下のお子さんでは大分違いがあって驚くこともあるのではないでしょうか。

今回は、トイレトレーニングの始めの一歩としまして、保育の現場ではトイレトレーニングを始める時に保護者の方と相談しながらある目安となるものを観察してスタートするようにしています。

そんなお子さんの注目したいポイントに絞って、トイレトレーニング開始に適した状態を知っていただければと思います。1歳児、2歳児のトイレトレーニングの進め方の参考にしてみてください。

【1歳児、2歳児のトイレトレーニング始めの一歩(1)】トイレトレーニングを始めるタイミングは?

タイミングには個人差があります

,トイレトレーニング,1歳児,2歳児 出典:Instagram: chanmai_0112さん*写真はイメージです

まず始めにお断りとして言いたいのはトイレトレーニングは個人差があり、その子のペースに合わせて進めて頂きたいと言うことです。

よく3歳頃にはオムツを外したいと聞くことがありますが、通常、3歳でオムツをしているからといって一生オムツのままということはありません。

さて、トイレトレーニングの第一歩として悩むのはトレーニングの開始時期ですよね。

知り合いのお子さんや保育園に通うクラスのお友だちの様子を見て参考にするのは良いのですが、ほかの子どもが始めたからと言って焦る必要はありません。

子どものオシッコの間隔をつかみましょう

トイレ,トイレトレーニング,1歳児,2歳児

保育の現場ではトイレトレーニング開始の前に、子ども一人一人のオシッコの出る間隔を把握していきます。

大体1歳半~2歳近くになるとその子どもの排泄間隔というのがある程度定まってきます。

確認するポイントは30分程度オシッコを溜められるか、オムツが濡れる間隔がある程度一定になったかの2つです。

この2つが出来てくると、その子の膀胱での尿を溜めることができる量が増えたことを示しています。

更にその子の間隔が時間にしてどれくらいかを知ることで、その時間に合わせてトイレに誘うことができるようになります。

その時に濡れていても間隔がつかめていれば大きな前進ですし、間隔に合わせてオマルに座らせてみたら、オシッコが出るなんてことも珍しくはありません。

子どもが30分程度を目安にオシッコを溜めることができ、かつオシッコ(オムツが濡れる)の間隔がある程度安定しだしたらトイレトレーニングを開始してみると良いと思います。

【1歳児、2歳児のトイレトレーニング始めの一歩(2)】トイレを嫌いにさせない工夫を!

子どもの「アニミズム」にアプローチしてみよう

おもちゃで遊んでいる子ども,トイレトレーニング,1歳児,2歳児

保育園や幼稚園のトイレを見たことがあるでしょうか?

特に保育園の乳幼児さんの部屋のトイレには、先生が作ったものや、市販のシールやデコレーション素材が貼ってあり可愛くされています。

これは見た目が可愛いという部分もあるのですが、1歳~2歳くらいの子ならではの「アニミズム」と呼ばれる物事の認知の仕方にアプローチする上でも一役買ってくれます。

アニミズムとは簡単に言うと玩具や物など生物じゃないものにも感情があると思うことを指します。

ご存じなかった方もいらっしゃると思いますが、実は皆さんも知らずのうちにアニミズムに訴えかけていた場面もあったりするんです。

例えば、お子さんが玩具を投げてしまった時、「玩具さん痛いって言ってるよ、かわいそうだから優しくしてあげようね」と声をかけたことはありませんか?

実際には玩具は痛みを感じませんが、玩具の気持ちを代弁するかのように子どもを諭しています。

トイレを可愛くデコレーションしちゃいましょう。

可愛いデコレーション,トイレトレーニング,1歳児,2歳児

では、トイレのデコレーションがどうしてトイレトレーニングに繋がるのかを解説していきます。

子どもが(視覚的に)寂しい場所よりも、キラキラしていたり好きなキャラクターが貼ってある方が好きだということが一つ。

そして、子どもを誘うときにトイレにデコレーションしたキャラクターに会いに行くという目的を作ってあげるということが一つです。

ただ「トイレに行こう」と誘っても中々子どもは遊んでいる手を止めて来てくれません。

そこで「~~が一緒にオシッコしようって言ってるよ。~~に会いに行こう」と誘うことで子どもにとってもトイレに行く理由ができます。

もちろん毎日上手くいくわけではありません。なので、それでもトイレに来てくれた時にはたくさん褒めてあげましょう。

トイレにいけば可愛いデコレーションがしてあって、~~に会うことができるし、大好きなパパやママに褒めてもらえる。

そう子どもに思ってもらうことができると、トイレトレーニングは大きく前進します。

【1歳児、2歳児のトイレトレーニング始めの一歩(3)】紙オムツと布オムツどっちがいいの?

どっちがいいの?という疑問

,トイレトレーニング,1歳児,2歳児 出典:Instagram: rin_ryuさん*写真はイメージです

トイレトレーニングを開始した時に保護者の方から多くみられる質問が紙オムツと布オムツではどちらが良いのか?です。

保育園に限って言いますと、紙オムツ推奨、あるいは布オムツ推奨と公言する保育園と、どちらでも対応しますという保育園に分かれます。

この質問への元保育士なりの結論を先に言わせて頂くと、子どもが履いていて負担がなく、経済面や後始末などの親の負担を考えてご家庭に合う方を選ばれたら良いと思います。

どうしてかというと、やはりどちらもメリットがあり、またデメリットもあるからです。

紙オムツのメリット、デメリット

おむつ姿,トイレトレーニング,1歳児,2歳児

ではそれぞれのメリット、デメリットについて説明をしていきたいと思います。

紙オムツのメリットは、吸水性などに優れ、構造も赤ちゃんの体にフィットしやすいように作られている為、隙間から漏れてしまったりせず子どもが不快感を感じにくい点にあります。

また汚れたら使い捨てることができるので後始末をする時の負担も少なくなります。

デメリットは、不快感を感じにくい為に子どもがオシッコやウンチが出ても知らせないことや、汚れや匂いに気付きにくい為に親から発見しづらい点です。

また使い捨てであり、子どもの成長に合わせてサイズを変えていくとオムツ代がかかること等もあります。

布オムツのメリット・デメリット

布おむつ,トイレトレーニング,1歳児,2歳児

布オムツのメリットは使いまわすことでの経済的負担の減少と、子ども自身がオシッコやウンチをしたことに気づきやすいという点にあります。

トイレトレーニングにおいては子ども自身が不快感を感じることも大切になります。

不快だからすぐに親に知らせる、不快だからそれまでにトイレにいくと心地よいと子どもが感じるとまた大きく前進します。

デメリットは、後始末をする手間や、紙オムツほどには吸水性や外漏れを防ぐようになっていない為、衣類を汚したり床を汚したりすることがあります。

上記のように紙オムツも布オムツも一長一短があるのでご自身のライフスタイルや子どもが履きやすい方を選ばれるのが良でしょう。

まとめ

今回はトイレトレーニングの始めの一歩ということで、トレーニング開始時期に気を付けたいことを紹介してみました。

本文中ではあまり触れませんでしたが、トイレトレーニングは成長に合わせて気長に穏やかに進めていくことも大事なポイントです。

子育てで大事なのはやはり子どももパパやママも気持ちが楽に楽しみながら進めていけることだと思います。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP