全国のかまくら祭り5選!子供も大興奮!

全国のかまくら祭り5選!子供も大興奮!

Bu facebook
Bu twitter

かまくらの中でお餅を焼いて食べる。冬の憧れの体験ですよね。
それが実現できる、かまくら祭り。
かまくらの中で、食べる餅は子ども達の冬の素敵な想い出になること間違いなしです!

今年の冬はウィンタースポーツもいいけれど、かまくら祭りはいかがですか?
かまくらを堪能できる、かまくら祭りを5つご紹介します!

1.湯西川温泉かまくら祭


日本夜景遺産「歴史文化夜景遺産」認定イベントある湯西川温泉かまくら祭。
7つの会場で行われ、期間中は湯西川温泉内を循環するシャトルバスを運行しています。

平家の里メイン会場(9:00~21:00)かまくらバーベキュー(予約制)、夜はライトアップされたかまくらを見ることが出来ます。

湯西川水の郷スノーパーク(開催期間1/30~2/29、10:00~15:00)長い雪のすべり台でのそり滑り、大きなかまくらなど雪を思いっきり楽しむ事が出来ます。

沢口会場(アウトドア会場)スノーシュー、スノーラフティング、ちびっ子そり滑りを体験できます。出店もあるので、腹ごしらえもOK。

沢口河川敷ミニかまくら会場(開催期間中毎週木曜日休、17:30~21:00)日本夜景遺産にも認定された「ミニかまくら」は見応えあり。ボランティアでかまくら作りも体験できます(事前受付要)

七色の光輝く山ホタル会場(開催期間:1/30~3/5の水・木・金・土と1/31のみ開場、17:30~21:00)「山ほたる」の七色の光と雪景色が見られます。川沿いの茶屋で食事も。

平家慈光寺会場(開催期間:1/30~3/6の木・金・土・日のみ開場、17:00~20:00)「慈光寺」を夜ライトアップ。すぐ側の「平家そば志おや」、「会津屋豆腐店」のスイーツが楽しめます。

雪のぼんぼりと雪だるま街道(開催期間:1/30~2/29)雪のぼんぼりと個性豊かな雪だるまが商店街各所に登場しますよ。歩いて楽しんで。

【住所】
栃木県日光市(湯西川温泉街)
【期間】
平成28年1月23日(土)から3月6日(日)9:00~21:00
【入場料】
平家の里メイン会場:大人510円、子供250円
湯西川水の郷:大人800円、子供500円
その他会場は無料
【電話番号】
0288-22-1525 (日光市観光協会)
【アクセス】
野岩鉄道湯西川温泉駅から日光交通バス湯西川温泉行き乗車約30分「本家伴久旅館前」下車徒歩約15分

2.横手かまくら


みちのく五大雪まつりの1つ「横手かまくら」
かまくらは約450年の伝統のある水神様をまつる小正月行事です。
かまくらの中で、「はいってたんせ(かまくらに入ってください)」、「おがんでたんせ(水神様をおがんでください)」と子ども達が声を掛けながら、あまえこ(甘酒)やお餅を振る舞ってくれます。
祭り期間中は市内各会場合わせて100基ほどできるかまくらの中で、甘酒やお餅などを食べることができますよ。

【住所】
横手市役所本庁舎前道路公園(横手市中央町8番2号)、横手公園、
羽黒町武家屋敷通り、二葉町かまくら通り
よこてイーストにぎわいひろば(駅前)
民家苑木戸五郎兵衛村(2/14.15の二日間9:30~17:00)
【期間】
平成28年2月15日(月)~16日(火)18:00 ~ 21:00
【入場料】
無料
【電話番号】
0182-32-2118(横手市商工観光部観光おもてなし課)
【アクセス】
横手駅からかまくらメイン会場の「横手地域局前道路公園」まで徒歩約10分

3.新穂高温泉 中尾かまくらまつり


大人もゆったりと入れる大小様々なかまくらが点在しています。
かまくら内は囲炉裏のほか、バーになっており楽しめます
期間中は、郷土芸能の中尾夫婦獅子(2月1日・6日・13日・14日)のアクロバティックなショーや、餅つき(2月2日~5日・7日~12日)も予定されていますよ。

【住所】
新穂高温泉中尾高原中尾イベント広場:岐阜県高山市奥飛騨温泉郷中尾
【期間】
平成28年2月1日~14日(ライトアップ20:00~21:30)
【入場料】
無料
【電話番号】
0578-89-2614(奥飛騨温泉郷観光協会)
【アクセス】
イベントシャトルバスで中尾高原(足湯前)下車徒歩約3分

4.飯山市 かまくら祭り


北陸新幹線飯山駅の開業により、今年からぐっと足を運びやすくなった飯山市かまくら祭り。
「いいやま雪まつり」と同日開催で、楽しみも2倍です。
かまくらの中でお餅やきのこ汁を食べたり、ゲームをして、雪国の生活が体験できるおまつりです。

【住所】
レストランことぶき村周辺:飯山市中曽根
【期間】
28年2月13日・14日
【入場料】
無料
【電話番号】
0269-62-3133(信州いいやま観光局)
【アクセス】
JR飯山駅よりバスで10分(飯山駅から有料でシャトルバスも運行)

5.開田高原かまくらまつり


広々とした雪原に、大きなかまくらと雪の滑り台が楽しめる開田高原かまくらまつり。
木曽馬の「馬ゾリ」やスノーシュー、スノーモービル乗車、かまくら作りが体験できます。
夜の部では、星野観察会もありますよ。
【住所】
開田高原西野下栗尾農道:長野県木曽郡木曽町
【期間】
2016年2月6日(土)
昼の部10:00~15:00 、夜の部17:30~20:00
【入場料】
無料
【電話番号】
0264-42-3350(開田高原観光案内所)
【アクセス】
JR中央本線木曽福島駅下車バスで60分

かまくらの中でお餅を食べたり!

e601b99d15d9ff2c11082785f62cb1c5_s

いかがでしたか?
昼間のかまくらやライトアップされた夜かまくら、楽しみたくなりましたよね。
温泉地で開催されていたり、雪祭りと同日開催されていたり、2倍も3倍も楽しめそうですよね。
今年の冬はかまくら祭りに是非足を運んでみてくださいね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP