オリンピックを見て将来はサッカー選手?水泳選手!?人気の運動系の習い事は何!?

オリンピックを見て将来はサッカー選手?水泳選手!?人気の運動系の習い事は何!?

Bu facebook
Bu twitter

日本のメダルラッシュが続いている2016年のリオオリンピック。

深夜や早朝の放送のため、寝不足が続いているパパママも多いのではないでしょうか?

サッカー、ラグビー、テニス、卓球、水泳、体操、陸上などなどたくさんのスポーツを見られるオリンピックは、普段なかなかテレビ等でも見る事ができない種目も多く放送されるので、興味をもつお子さんも多いですよね。

コズレでは、全国のパパママに「親子のオリンピック観戦と運動系の習い事に関するアンケート」を実施(期間:2016年8月10日〜8月12日、有効回答数:628質問方法:webアンケート)しました。

意外なオリンピック視聴スタイルや、運動系の習い事事情が明らかになりましたよ!

お子さんをスポーツ選手にさせたい!?人気のスポーツは!?

リオオリンピックを見ていますか?

グラフ,オリンピック,

「大人だけで見ている」と答えた方が約60%に達しました。

また「子どもと一緒に見ている」と答えた方は約20%と、さほど多くない結果となりました。

今回、リオオリンピックの放映時間が日本の昼夜とは逆転しているため、子どもに優しくない放映時間になっていることが影響しているのかもしれませんね。

将来、お子さんにスポーツ選手になって欲しいですか?

グラフ,オリンピック,

「はい」と答えた方は約40%となりました。

どんなスポーツ選手になってもらいたいですか?

グラフ,オリンピック,

「水泳」と答えた方は約35%、続いて、「サッカー」(約32%)、「野球」(約31%)「体操」(約18%)「バスケットボール」(約17%)と続きました。

今回、アンケート調査を実施した期間が、水泳・萩野選手、瀬戸選手の400m個人メドレーのメダル獲得直後だったことや、水泳を習い事としている子どもが多いことも要因として考えられます。

今回の結果では、子どもをスポーツ選手にと望んでいる方々が少なくない割合でいることが伺えました。

また、親が望んでいるスポーツについては、日本で知名度が高く、世界でも活躍する可能性の高い競技のようです。

お子さんは運動系の習い事をしていますか?

グラフ,オリンピック,

「はい」と答えた方は約10%となりました。

どんな運動系の習い事をしていますか?

グラフ,オリンピック,

「水泳」と答えた方が61%と一番人気という結果になりました。

続いて「体操」と答えた方が23%、「サッカー」と答えた方が14%という順番になりました。

意外な結果としては、なってもらいたいスポーツ選手に30%の方が「野球」と回答している一方、実際に習わせているのは0名という回答でした。

東京オリンピックでの「野球」種目の開催に合わせて、習い事としての「野球」人気の復活が待たれますね!

現在、運動系の習い事に月にどのくらいの金額がかかっていますか?

グラフ,オリンピック,

「5001円〜10000円」の方が約40%、続けて、「3001円〜5000円」の方が約30%と、3000円〜10000円の間に70%近くの方がいらっしゃいました。

今後、お子さんにはどんな運動系の習い事に取り組んでもらいたいですか?

グラフ,オリンピック,

「サッカー」と答えた方が約24%、続けて、「体操」と答えた方が約21%、「野球」と答えた方が約19%となりました。

「水泳」に関しては、すでに習い事としているため回答にあげられなかった一方、「体操」をさせたいと考えている人が多かったのが印象的です。

男子体操の団体総合の金メダルの影響が大きかったのでしょうか。

また、これまでの質問と比べて、回答の多様性が高く、子どもには様々なスポーツに触れてもらいたいという親の考えが伺える結果となりました。

まとめ

リオオリンピックでは、数々のメダルを獲得している日本代表選手たち。

どの選手も幼いころからの努力、そして、大会当日に力をだしきる精神力はすばらしいものですよね!

お子さんがオリンピックを見て、スポーツをやりたいというかもしれませんよね。学生時代や独身時代に見ていた目線とは、パパママになりまた違った目線でオリンピックを見ている方もおおいのではないでしょうか!?

2020年の東京オリンピックに向けても、ますます日本の選手たちに頑張ってほしいものですよね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP