“お薬手帳”がないと医療費が高くなる!4月からの制度改定に注意!

“お薬手帳”がないと医療費が高くなる!4月からの制度改定に注意!

Bu facebook
Bu twitter

薬局でお薬をもらうときに一緒に渡される“お薬手帳”ってありますよね。あれ、ちゃんと使っていますか?
うっかり忘れたり、持っていくのが面倒くさかったりで、きちんと利用していない人も多いのではないでしょうか。
でもこの4月からは、お薬手帳を持たずに薬局へ行くと医療費が高くなってしまうんです!

お薬手帳がないと処方一回あたり40円アップ!

お薬手帳とは、自分が使っている薬の名前や種類、量、服用日数、使用方法などを記録するための手帳です。
実際に、病院で処方されたお薬を受け取る調剤薬局で、お薬と一緒にもらったことがある人も多いはず。

これまでは、薬局でお薬手帳を記入してもらうと別途料金がかかっていました。
そのため、お薬手帳を活用していない人も多かったかもしれません。

ところが、今年2016年の4月からは、お薬手帳を持参しないと逆に料金が高くなってしまうんです!

お薬手帳を持っていかなかった場合は、お薬手帳持参の場合に比べて、処方せんの受け付け一回につき40円高くなります。
なお、これは医療費の一般的な自己負担額である3割負担で計算した金額です。

定期的にお薬を服用している人にとっては、毎回40円プラスされるとなるとけっこうな出費ですよね。

ちなみに、薬局での費用を40円下げるためには、毎回同じ薬局でお薬を処方してもらう必要があります。
なぜなら、はじめて利用する薬局ではお薬手帳を持参しても40円ダウンが適用されないからです。

毎回同じ薬局を利用することと、お薬手帳を持参すること、この2つのポイントを抑えて医療費を節約してくださいね。

お薬手帳を活用するメリット

これからは医療費の節約に欠かせなくなったお薬手帳ですが、上手く活用することで他にもたくさんのメリットが得られます。

まず、病院や薬局での診療がスムーズになります。
お薬手帳があれば患者さんの薬の服用歴がすぐに分かり、ヒアリングなどの手間が省けるので医療機関のメリットも大きいよう。一人一人の時間が短くなれば、待ち時間も短くなるかも。

また、複数の病院や薬局を利用している場合、同じ薬を重複して処方されることも防げます。

さらに、事故に巻き込まれたり旅先で体調を崩したりして、突然、医療機関を利用するようなことが起こっても、お薬手帳を持っていればふだん使っている薬がひと目で分かり、適切な治療が受けやすくなります。

とくに子どもやママ自身にも持病やアレルギーのある人は、健康を守るために必ずお薬手帳を携帯しておきたいもの。

過去に飲んだ薬の副作用、ふだんよく使っている市販薬やサプリメントなども記入しておくと、薬剤師から薬の服用についてのアドバイスもしてもらいやすくなりますよ。

子どもの健康管理にもお薬手帳を役立てよう!

お薬手帳は、子どもの健康を守りたいママのお役立ちアイテムにもなります!

服用したお薬のこと以外にも、ささいな体調の変化などを書き込むことで、子どもの健康を管理することができるんです。

たとえば、風邪をひいてしまったとき、

  • どんな症状がでたか
  • どんな対処を行ったか
  • 飲んだ薬の効果や、薬に対する反応
  • 季節や気温はどうだったか
  • 食欲や排せつの様子
  • 前後に、いつもと変わったできごとはなかったか
  • 睡眠時間や生活リズムはどうだったか

こんな風に、記録していなければ忘れてしまいそうな細かい様子をメモしておくことで、次に同じ症状が起きたとき、対処方法のヒントを得られます。

病院を受診する際も、細かい様子が医師に確実に伝わるので適切な診察を受けられますね。

医療費の節約にも役立つようになったお薬手帳。
これからは、病院に行くときは忘れずに持っていきましょう!

上手く利用して、家族みんなの健康管理に役立てたいですね。

参照/
Yahoo!ニュース「おくすり手帳を持たない患者は4月から医療費が40円高くなる!」

関連コラム

このタイミングで2人目はムリ…! そんなときに頼りたい『アフターピル』体験談
申告忘れはもったいない!家族合算もOK!医療費控除で税金を取り戻そう
勝ち組は知っている!子どもの医療費『地域格差』
頭痛や生理痛に効くロキソニンの『重大な副作用』はどこまで危険?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP