働く女性に徹底リサーチ! 肩こり解消のためにマッサージに行く場合、妥当だと思う金額って?

働く女性に徹底リサーチ! 肩こり解消のためにマッサージに行く場合、妥当だと思う金額って?

Bu facebook
Bu twitter
社会人になると悩まされがちなのが、肩こり。デスクワークの多いOL、立ち仕事で忙しい飲食店……仕事はちがえど、疲労で肩は段々とこっていきます。今回はそんな現役の働く女性にアンケート! 肩こり解消のためにマッサージに行く場合、妥当だと思う金額について、教えてもらいました。

Q.肩こり解消のためにマッサージに行く場合、妥当だと思う金額を教えてください。

第1位 1,000円~3,000円……33.8%

第2位 3,000円~5,000円……32.5%

第3位 ~1,000円……15.3%

第4位 5,000円~7,000円……8.9%

第5位 7,000円~10,000円……5.7%

※6位以下省略、その他を除く

結果はこの通り。案外、肩こり程度でお金は出さない、という感じの傾向が多いようです。では詳しいコメントを見ていきましょう。

■第1位 1,000円~3,000円

・「マッサージに行く習慣がないので、最高でも3,000円くらいしか出したくない」(32歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「高すぎても通えないし、安すぎても本当に効果があるのかと心配になる」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「よく行く整骨院がそれぐらいの金額だから」(33歳/その他/事務系専門職)

・「自分に合わないお店に当たってしまっても大損害にはならないから」(31歳/その他/クリエイティブ職)

肩だけのマッサージに出せるのは、1,000円~3,000円くらいだという意見が多く見られました。全身マッサージするわけでもなく、通うことを考えると、そのくらいの金額がちょうどいいのかもしれませんね。

■第2位 3,000円~5,000円

・「手軽なくらいがよいが、安いと技術が不安なので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「行くときは全身アロママッサージとかで行きます。クーポンで5,000円くらいが妥当かなと」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

・「適度な料金設定。継続して通える値段」(23歳/学校・教育関連/専門職)

・「高ければよいものでもないと思うので。骨盤矯正はすぐできて効果も高いのでおすすめ」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

こちらも、手ごろな値段だという意見が多く挙がりました。骨盤矯正はダイエット効果もあるので、短時間でやってもらえるなら一石二鳥ですよね。

■第3位 ~1,000円

・「マッサージにお金を払いたくないので。無料じゃないと行かない」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「セルフマッサージで何とかなるから行きたくない。お金がかかるのが嫌」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「肩こりを重点的にするだけなら1,000円以内でしてほしい」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

こちらでは、マッサージにお金をかけたくない、そもそも行かない、というコメントが多く挙がりました。それほど肩こりがひどくないのなら、マッサージは自分でもできるから、ほかのことにお金を使いたいと考えるのも当然かもしれませんね。

■4位以下、5,000円~

・「5,000円~7,000円。いつもそのくらいだから。足つぼが一番好きなメニュー」(27歳/金融・証券/営業職)

・「7,000円~10,000円。いつもアロマリンパマッサージに行っている。100分で7,000円程度」(24歳/医療・福祉/専門職)

全身マッサージを定期的に利用している人は、5,000円以上かけるのが定番のようです。お金に余裕があれば、肩だけでなく、全身を揉みほぐしてもらうのもひとつの手ですね。

■まとめ

セルフマッサージで充分な人ならまだしも、ガッチガチに固まって重くて重くてたまらない、両肩に漬け物石が乗っかってる……というくらいに肩がこっている人は、専門家を頼るといいですよね。たかが肩こり、されど、コレがひどくなると寝ても疲労感が抜けなくなってしまいます。慢性的な肩こりほど、つらいものはありません。セルフマッサージとプロの手を借りて、肩こりを上手に緩和できたらいいですよね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数158件。22歳~35歳の働く女性)

関連リンク
肩こりには、枕が大事! 肩こりしない枕選びのコツ4つ
肩こりの症状を言葉にするなら? 「子泣き爺を背負ってる」
癒やされたいよね! 働く女性がマッサージに行く頻度調査
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP