子どもがトイレに行きたくなる絵本を紹介

子どもがトイレに行きたくなる絵本を紹介

Bu facebook
Bu twitter

子どもにとって、トイレトレーニングは自立の第1歩。
子どものトイレに対する不安を解消してくれる楽しい絵本を紹介します。

みんなうんち 作:五味 太郎

なんでうんちがでるの?
なんでトイレでしなきゃいけないの?
そんな子どものギモンに答えてくれる、ママやパパが子どもの頃から読まれている絵本です。
トイレにいくことは特別なことではなく、みんなやっている自然なことだと子どもが納得できるような内容になっています。

詳しい説明・購入はこちら※アマゾンサイトへリンクします

ノンタン おしっこしーしー 作・絵:キヨノ サチコ

いろんな動物たちが「しーしー」とおしっこをする様子が可愛らしく描かれています。
オムツの赤ちゃんにもおすすめ。子どもがトイレにチャレンジしたくなるような絵本です。

詳しい説明・購入はこちら※アマゾンサイトへリンクします

ゆっくとすっく トイレでちっち 絵:さこ ももみ 作:たかてら かよ

「トイレは怖い場所」と思っている子どもにおすすめの絵本です。
「こんなトイレがあったらいいな!」と、トイレのイメージが楽しくなるお話です。

詳しい説明・購入はこちら※アマゾンサイトへリンクします

うんこちゃん 作:のぶみ

主人公のかんたろうに突然うんちが語りかけてくる奇想天外なストーリーです。
「うんちは嫌だ!」そんな子にオススメです。これを読んであげると、自分のうんちにちょっと愛着がわいてくるかもしれませんね。

詳しい説明・購入はこちら※アマゾンサイトへリンクします

うんぴ・うんにょ・うんち・うんこ 作:村上 八千代 絵:せべ まさゆき

子どもが文章を理解できるようになったらこの絵本がおすすめです。
どんなときにどんなうんちがでるか、わかりやすく紹介されています。
「きょうはどんなの出るかな?」と、毎日のうんち観察が楽しみになる絵本です。

詳しい説明・購入はこちら※アマゾンサイトへリンクします

トイレトレーニングに役立つ絵本は、他にもたくさんあります。
親子でお気に入りの1冊を見つけられるといいですね。

トイレは楽しいところ!と思ってもらえるような絵本を選んでみて下さい!



何日出ないと便秘?

綿棒刺激は毎日やってもいい?

母乳育児中の赤ちゃんが便秘 何か対処法はある?

離乳食が原因で便秘になる?

何をやっても便秘がよくならない。どうしたらいいの?

生活習慣と便秘は関係している?


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP