日用品の記名が誘拐のきっかけに!子どもを犯罪から守るには

日用品の記名が誘拐のきっかけに!子どもを犯罪から守るには

Bu facebook
Bu twitter

児童を狙う多くの犯罪者は、日用品に書かれた名前から子どもの名前を知り、声をかけます。知らない人であってもフルネームで声をかけられたなら、子どもは返事をして立ち止まってしまうでしょう。
第三者に名前を悪用されないためにはどうしたらいいのでしょうか。そして犯罪に巻き込まれないために、親が普段からできることはなんでしょうか?

■日用品に書かれた名前が犯罪のきっかけになる
子どもの名前は、名札に始まり、ランドセルやかばん、キーホルダー、靴など様々な物に書かれています。集団行動をするうえで名前の表示は必要なもの。学校からの指示もあります。

しかし通学時の子どもの姿を見てみると、

【制服】学校名がわかる
【名札】名字と学年がわかる
【かばん】フルネームがわかる
【定期券】最寄り駅とフルネームと年齢がわかる

と、情報満載のアイテムがいっぱい。子どもにちょっと近付けば、簡単に呼びかけることができてしまいます。
■不特定多数の人に名前を見られないようにする工夫

名前は書かなくてはなりませんが、できるだけ不特定多数の第三者に見られない工夫をしましょう。

①名札は通学時には付けず、学校内にいる間だけ付けます。園児も登園/降園時に外すことができればよいですが、子どもが愚図ったときにはいささか面倒。そこで園児用の大きめの名札には、アップリケやワッペンなどを上から付けて隠す方法があります。ワッペンは100円ショップにも置いてあり手軽に使えます。

②かばんの名前は外から見えない場所に書きます。外側に書くならできるだけ小さい字やかばんに近い色で書くとよいでしょう。かばんの底が意外と穴場です。持ち歩くときには見えません。

③定期券は、名前のある表面が見えないように裏側を外に向けてケースに入れます。個人情報が多く含まれるIC定期券は、落としたりすると大変です。子どもが通学定期としてのみ使うなら、ケースから取り出せないように縫い止めて封をしてしまうのはいかがでしょうか。
■親にできる防犯対策
工夫を凝らしても、子ども本人や親が防犯意識を持たないと意味がないものに。普段からこんな防犯対策をしておきましょう。

①繰り返し教える
心配な気持ちはあっても24時間ずっと子どもを守ることはできません。知らない人に付いて行かない、怖いと感じたら防犯ブザーを鳴らし助けを求める等、もしもの時にどうしたらいいのか繰り返し教えましょう。

②防犯グッズの練習、通報の練習
防犯ブザーや110番(警察)への連絡方法などを練習させます。ちなみに使うことの少なくなってしまった公衆電話ですが、警察や救急への電話は無料です。アナログ公衆電話は受話器を上げ緊急通報ボタン(赤いボタン)を押してからダイアル、ディジタル公衆電話は受話器を上げてダイアルします。

③子どもの居場所を把握
居場所を確認できるGPSは、スマホのアプリなら手軽に使用できてオススメ。スマホ禁止の学校に通うお子さんなら、駅の公衆電話から「今から帰るよ」と電話してもらうのもよいですね。離れた場所にいても、どこに子どもがいるのかがわかると安心です。
■おわりに
やり過ぎると過保護になってしまうし、子どもに嫌がられてしまう面もありますが・・・ママたちは心配です。
もしものときに備え、しっかりと防犯対策を施し子どもを犯罪から守りましょう。

ライター・後藤
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP