離乳食初期のりんご!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

離乳食初期のりんご!おすすめレシピと下ごしらえ、冷凍保存方法

Bu facebook
Bu twitter

生後5~6ヶ月頃からはじめる離乳食。赤ちゃんが飲み込みやすい10倍粥や、すりおろした野菜などからスタートしますね。

はじめてあげる果物に「りんご」を選ぶママ・パパは多いのではないでしょうか。扱いやすく食べやすい食材なので離乳食にぴったりです。

今回は、離乳食初期に使うりんごの下ごしらえや、レシピを詳しくご紹介します。

りんごはいつから食べる?

初期から食べさせてOK!

カットりんごとカットバナナ,離乳食,初期,りんご 出典:Instagram: dnld_skさん*写真はイメージです

りんごは、離乳食初期から食べさせることができる果物です。特にすりおろしりんごは、飲み込みやすいのでまだ歯の生えそろっていない時期の離乳食にもぴったり。

りんごは整腸効果が高く、赤ちゃんや幼児の胃腸にもやさしいので、取り入れやすい食材ですね。下痢や便秘、発熱など体調が悪い時の食事にも、おすすめですよ。

りんごに含まれる栄養は?

赤ちゃんのおなかにやさしいペクチンが豊富!

外国のりんご売り場,離乳食,初期,りんご 出典:Instagram: aya96noさん*写真はイメージです

イギリスの古くからのことわざで「1日1個のりんごは医者を遠ざける」とあります。栄養価豊富なりんごを食べていれば、からだの調子が良いよ!という意味です。

このことわざ通り、りんごは、非常に栄養価が高い果物です。主な栄養成分は以下の通りです。
・有機酸(クエン酸、リンゴ酸):胃腸の働きを良くしてくれます。殺菌作用などの効果もあります。
・カリウム:体内の塩分を排出する働きがあります。
・ペクチン:粘膜保護が胃腸を守ってくれます。風邪をひいたときや下痢のときの回復食としてとてもおすすめです。
・セルロース:腸を刺激し、腸内環境を整えます。便を出しやすくする作用があります。
・ポリフェノール(表皮。りんごポリフェノール):抗酸化力があります。活性酸素を除去する効果や、血流を改善する効果があります。

りんごと食べ合わせの良い食材は、にんじん・さつまいも

離乳食を作る時に、りんごと合わせるのにおすすめなのは、にんじんや、さつまいもなどの同じく甘みのある食材です。

りんごのすりおろしと、にんじんのすりおろしを混ぜたり、茹でてすりつぶしたさつまいもと煮詰めたりんごを和えたりしてみましょう。さらに甘みが出ますし、味のバリエーションが増えて、赤ちゃんも食べやすくなると思いますよ。

りんごを食べさせる際の注意点

アレルギーに気をつけましょう

シナノゴールド,離乳食,初期,りんご 出典:Instagram: gogoichi_551さん*写真はイメージです

りんごは、食物アレルギー20品目食品に含まれる食材です。ごくまれにアレルギー反応が出る場合があります。

初めてりんごを赤ちゃんにあげる時は、特に注意しましょう。ごくごく少量、小さじ1の半分くらいから試してみましょう。

食後、かゆみや発疹が出たりなど何か普段と違った様子や、おかしいなと思った時には、すぐにかかりつけ医に受診するようにします。

初めてりんごを試す時には、平日の午前中に食べさせてあげるといいですね。何か反応があった時にも、平日の昼間ならすぐ病院に行けるので気分的にも安心ですね。

はじめは火を通してから

りんごは離乳食期でも、生のまま赤ちゃんに食べさせることができる果物です。とはいえ、離乳食初期のうち慣れてくるまでは、火を通してからあげた方がより安心かもしれませんね。

火を通すことで殺菌になったり、もしアレルギーが出てしまった時でも症状が軽減されることも。また、甘みが増したり、口当たりがよくなる効果もありますよ。

りんごの選び方

離乳食初期のおすすめは「つがる」「ジョナゴールド」

ジョナゴールドの売り場,離乳食,初期,りんご 出典:Instagram: okipoo2013さん*写真はイメージです

スーパーに行くと、りんごは他の果物にくらべて品種が多く並んでいますね。代表的な品種は、「紅玉(こうぎょく)」、「ふじ」、「つがる」、「ジョナゴールド」あたりでしょうか。

「紅玉」は煮崩れしにくいのですが、ちょっと酸味があるのが特徴です。「ふじ」は酸味が少なく、甘みが強いのが特徴です。

「ふじ」はどちらかというと、シャキシャキと歯ごたえがあるりんごなので、離乳食中期頃からがいいかもしれません。「つがる」は酸味が少なくて、食べやすいのでおすすめです。

「ジョナゴールド」も火の通りが早くて食べやすいですよ。「ジョナゴールド」も離乳食初期には向いているりんごだと思います。

りんごの調理法/下ごしらえ方法

りんごは冷凍はできる?

初期☆りんご☆レンジで簡単!,離乳食,初期,りんご 出典:cookpad.com

離乳食初期の段階では、りんごはすりおろして加熱をしてからあげるのがおすすめです。とはいえ、赤ちゃんが一度に食べるりんごの量はごく少量です。

りんごをまとめてすりおろし、耐熱容器に入れてレンジで加熱し、粗熱がとれてから製氷器で小分けにして冷凍保存しています。これなら使いたい時に使いたい分だけ解凍できるので便利ですね。

大人の場合、変色防止で塩水につけたりレモンなどを入れることがありますね。赤ちゃんには、まだ刺激が強いと思います。りんごのすりおろしだけで保存しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

加熱の仕方は?

離乳食(初期 6ヶ月) りんご,離乳食,初期,りんご 出典:cookpad.com

りんごは、生のまますりおろして離乳食の単品メニューとして食べてもおいしく食べられますが、加熱するとより甘味がでます。

りんごをニンジンなどと一緒に煮ると、ニンジンだけでは食べなかった子でもパクパク食べてくれることが多いようです。食べる分だけすりおろして小皿に取り分けて、レンジで30~40秒加熱しましょう。

この記事に関連するリンクはこちら

調理に便利な調理道具は?

パール金属  彩卓 セラミック おろし (S) C-409,離乳食,初期,りんご 出典:www.amazon.co.jp

りんごを離乳食初期に使う場合は、すりおろしますよね。一般的なステンレス製のおろしがねで、すりおろすのもいいと思います。

りんごをすりおろす時におすすめな調理道具があるんです。こちらのセラミックのおろし器は、細かくすれるのはもちろん、熱湯消毒できるので衛生的です。

離乳食終了後には、ショウガや薬味のすりおろしの時でも使えますね。ご家庭に1つあると、いろんなシーンに使えて何かと便利ですよ!

この商品の基本情報

*商品名:彩卓 セラミック おろし (S) C-409|パール金属
*参考価格:¥ 504
*ブランド:パール金属(PEARL METAL)

口コミ

・水で流すだけできれいになるので、とても便利です。
・普通のおろし金のように、目に詰まることはないので洗いやすいです。
・軽い力で、すりおろせます。
・重量感があり安定しているので、すりおろすのがとても楽です。

冷凍するならふた付きのアイストレーが便利

アスベル フタ付ビックアイストレー,離乳食,初期,りんご 出典:www.amazon.co.jp

すりおろしたりんごを冷凍する際、ふた付きの製氷皿が1つあると便利です。ふたがあれば重ねられるので、冷凍庫の中でもスペースを取りません。

すりおろしたリンゴが固まったら、フリーザーバッグなどに移し替えて保存しておけば、小分けにして使いたい分だけ使えて良いですよ。この方法を使えば、空いた製氷皿もまた活用できますね。

この商品の基本情報

*商品名:フタ付ビックアイストレー L-10|アスベル
*参考価格:¥ 420
*ブランド:アスベル
*サイズ:Pack 1

商品の特徴
*メーカー型番:L-10
*製品サイズ:幅13×奥行30×高さ4cm
*本体重量:0.2kg
*材質:本体=ポリプロピレン樹脂
*原産国:日本国
*付属品:フタ付
*製品仕様:ブロックアイス10個取り
*氷のサイズ:約5×4×3.6cm

口コミ

・1ブロックに50mlも入るので、使いやすいです。
・サイズも大きくて、重ねて冷凍できるので便利です。
・透明度の高い氷が作れます。氷の大きさ・味・長持ち具合すべて良しです。

ジッパー付き袋も冷凍保存に適しています!

ジップロック フリーザーバッグ 小18枚入,離乳食,初期,りんご 出典:www.amazon.co.jp

製氷皿で冷凍したすりおろしたりんごは、固まったらフリーザーバッグなどに移し替えて保存できます。ニンジンの煮ものに入れたり、ほうれん草の茹でたものと合わせたりと、すりおろしたりんご+αで様々なアレンジが可能ですよ。

この商品の基本情報

商品情報
*商品名:フリーザーバッグ 小18枚入|ジップロック
*参考価格:¥ 324
*ブランド:ジップロック
*メーカー:旭化成ホームプロダクツ

商品の特徴
*商品サイズ (幅×奥行×高さ) :195mm×60mm×60mm
*原産国:アメリカ合衆国
*内容量:18枚

離乳食初期におすすめのりんごを使ったレシピをご紹介します!

玉林のりんご,離乳食,初期,りんご 出典:Instagram: youcanyoucaさん*写真はイメージです

【1】離乳食初期~よく食べるリンゴ粥♪

フルーティーな甘い香りが食欲を誘う

離乳食初期~よく食べるリンゴ粥♪,離乳食,初期,りんご 出典:cookpad.com

りんご粥は、りんごを煮たものをペースト状にして、10倍の白粥にまぜるだけで簡単にできます。

りんごは細かくいちょう切りにして、水と一緒に鍋で10分ほど煮るだけですぐにやわらかくなります。そしてジューサーなどを使ってペースト状に仕上げれば、あっという間に完成!!

簡単で手軽に作れる点もうれしいレシピですよね。他にも、さつまいも粥などに、りんごペーストを入れると甘さが際立ちますよ。

水でふやかしたコーンフレークに、りんごペーストを加えれば香ばしくもなります。りんごは繊維が豊富で便秘対策にも役立つので、離乳食初期の赤ちゃんにぴったりのレシピです。

この記事に関連するリンクはこちら

【2】りんごのジュレ 離乳食初期からOK

応用可能な万能りんごジュレ

りんごのジュレ 離乳食初期からOK,離乳食,初期,りんご 出典:cookpad.com

とろみがかったりんごのジュレは、水でやわらかく煮た甘いりんごと、水で溶いた片栗粉だけで簡単に作ることができます。

りんごの芯と皮を除いてからすりおろします。鍋で柔らかくなるまで煮て水溶き片栗粉を混ぜ、あんかけ状になるまで煮込めば、できあがりです。

ジュレの固さは離乳食の進み具合によって、変化をつけましょう。食感が変わり、いろいろなレシピに応用可能ですよ。

離乳食初期はジュレとして、中期にはふやかしたオートミールに乗せるりんごソース、後期にはサンドイッチやパンケーキなどに乗せるりんごジャムとしても…。

アレンジ次第でバリエーションを増やして使える優秀なレシピですね。

この記事に関連するリンクはこちら

【3】離乳食初期頃 りんごとにんじんのバター煮

初期から中期へ大活躍の常備野菜レシピ

離乳食初期頃 りんごとにんじんのバター煮,離乳食,初期,りんご 出典:cookpad.com

隠し味にバターを少しだけ使ったりんごとにんじんの煮物は、鍋一つで簡単にできます。りんごと、にんじんはすりおろしてから混ぜて、水気を少し飛ばすくらいまで煮込みます。

その後、好みの柔らかさにまで水で薄めればできあがりです。野菜の味だけでは物足りなくなってきたお子さんにぴったりですね。野菜の栄養もしっかり摂ってもらいたい時におすすめです。

多めに作っておいてよく冷ましてから、製氷皿に入れてフリージングしておきましょう。毎日の離乳食作りの助っ人としても大活躍してくれそうですね。

バターを使用するので、離乳食初期から中期へと切り替わる事に食べさせてあげたいレシピです。気になる方は無塩バターを使用するのもいいですね。もちろん、バターなしでもOKですよ。

この記事に関連するリンクはこちら

【4】離乳食初期★さつまいもとりんごのデザート

食後のデザートにぴったりのレシピ

離乳食初期★さつまいもとりんごのデザート,離乳食,初期,りんご 出典:cookpad.com

りんごとさつまいもを使ったデザートは、電子レンジだけでも簡単にできます。電子レンジで柔らかくして潰したさつまいもと、すりおろしたりんごを混ぜたら完成です。

とっても簡単でお手軽なレシピなので覚えておくと便利ですよ。食材は、どちらも皮をむいてから使用します。

離乳食の初期から口にする事ができるヨーグルトに混ぜてあげるのも良いですね。穀類や果物と一緒に、たんぱく質が摂れる栄養豊富なデザートに大変身です。

また、ヨーグルトと合わせることで便秘の解消にも役立ちます。さつまいもは、炊飯器で作るさつまいもご飯の具を利用できますよ。

大人は、さつまいもご飯を食べれば赤ちゃんと一緒の食事を楽しめますね。ママたちの食事作りと一緒にできるのも、うれしいポイントです。

この記事に関連するリンクはこちら

まとめ

以上、離乳食初期につかえる「りんご」の下ごしらえやおすすめレシピなど、詳しくご紹介しました。いつでもスーパーで安く売っているりんご。

手軽に使うことができて、栄養価も高いので、赤ちゃんの離乳食に積極的に取り入れていきたいですね。ぜひ、お試しください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP