妊娠23週|胎動は?お腹がより大きくなり、体重増加に注意が必要

妊娠23週|胎動は?お腹がより大きくなり、体重増加に注意が必要

Bu facebook
Bu twitter

妊娠23週は、ママの多くが胎動を感じる頃で、妊婦健診のエコー検査では、胎児の性別が分かることもあります。産婦人科によっては、4Dのエコー動画をDVDにしてくれるところもあり、楽しみな時期でもありますね。

一方で、お腹が大きくなることで発生する腰痛や体重増加など、体重管理面では不安要素が出てくることも。そんな楽しみと不安が入り混じるこの頃の、ママや赤ちゃんの状態、ママやパパがやっておくべきことについてまとめました。

妊娠23週はいつのこと?

妊娠23週って妊娠何ヶ月?

妊娠23週,妊娠23週,胎動, 出典:Instagram: chi__shunさん*写真はイメージです

妊娠23週は、妊娠前、最後の生理が来た日を0週0日として、7日を1週間と考えたときの23週目です。

妊娠を月数で数える場合は、4週間で1ヶ月と数えるのですが、0週があるため、23週が妊娠6ヶ月の最終週ということになります。

妊娠0週から出産予定日の40週までを前期・中期・後期の3期で考えると、妊娠23週は折り返し地点を3週過ぎた辺り。つまり、妊娠中期になります。

お腹の中で何が起きているの?

マタニティスポーツをする妊婦さん,妊娠23週,胎動,

赤ちゃんは脳細胞が出来上がって、外の音も聞こえるように。皮下脂肪を蓄えて、段々、赤ちゃんらしい身体になっていきます。

一つ前の週、妊娠22週からは万が一ママのお腹から未熟児として生まれても、生存できる可能性が高いです。赤ちゃんの流産を心配していた人にとっては、少し安心できる情報ではないでしょうか。もちろん、まだお腹の外で暮らしていく準備が十分なわけではないので、油断は禁物です。

ママは周囲から見ても立派な妊婦さんの体形に。お腹が大きくなり、背中を反らせた状態が続くので、腰痛を訴える人もいます。

しかし、まだ、動きが取れないほどお腹が大きくなるわけではないので、マタニティヨガやスイミングなど、アクティブなママも増える時期です。

妊娠23週のママの体重、妊婦健診について

つわり明けで急な体重増加に注意!

ごはん,妊娠23週,胎動, 出典:Instagram: kaori.1012さん*写真はイメージです

妊娠23週は妊娠6ヶ月の終わり。5ヶ月ごろまでは、つわりを引きずるママも多いのですが、この頃には落ち着く人が多いようです。こうなると、次に注意すべきなのは体重増加。

吐き気のあるつわりで摂れる栄養が限られていた人は、それを取り戻すように、食欲が爆発することも。中には「今までで一番ごはんがおいしく感じる」というほど、食欲が出てしまう人もいます。

この時期は体重が増えていく時期なので、身体が重くなり運動量が落ちます。しかし、食欲が増えすぎると当然、すぐに体重が増えてしまいます。

また、急激な体重増加は妊娠糖尿病の発症など、様々なトラブルの原因になります。高カロリーなものを一度に摂るのでなく、3食でバランスのとれた食事をするように心がけましょう。

妊娠23週の妊婦健診、腹囲、子宮底長の他には?

妊婦健診,妊娠23週,胎動, 出典:Instagram: eeendo.kさん*写真はイメージです

妊娠23週の妊婦健診では、体重測定、血圧測定、尿検査、浮腫の有無、内診、腹囲、子宮底長、エコー検査、胎児の心音確認などが行われます。

この時期、急にお腹が大きくなってきて、腹囲を気にされる方も多いのですが、これは身長差や体格差などもあり、さほど気にすることは無いようです。

エコー検査では、ついに性別が…。

この時期エコー検査では、赤ちゃんの性別が分かることも。しかし、まだ、胎児の体勢が整わなかったり、外性器の部分が見えなかったりで、確認できないことも多いのです。

中には生まれるまで見せてくれない赤ちゃんも!性別が分からなくてもがっかりしないで、じっくりと次回の健診を待ちましょう。

妊娠23週、赤ちゃんの大きさ、胎動について

妊娠23週の赤ちゃんはどのくらいの大きさ?

子宮内の赤ちゃん,妊娠23週,胎動,

妊娠23週の赤ちゃんは、個人差はありますが、身長23~27センチくらい。体重は大体600gくらいが平均のようです。もちろん、大きい子も小さい子もいますから、主治医から心配ないと言われていれば、問題ありません。

胎動をかなり感じる人も

羊水も増えてきて、赤ちゃんは活発に動けるようになります。それに伴い、胎動をたくさん感じるようになるのもこの時期。もちろん、こちらも個人差がありますから、静かな子もいればママが落ち着かないほど動き続けている子もいます。

気を付けたいのは普段から活発に動いている赤ちゃんが、急に動かなくなったときなどです。こういった場合は、病院に連絡して相談をしてみてくださいね。

妊娠23週頃の胎動について:体験談

パパにも胎動を感じてもらって

ジーンちゃんさんからの体験談:
つわりもおさまり、胎動も感じるようになってきたので、穏やかな気持ちで過ごせるようになりました。

胎動があると、夜目が覚めてしまったりはあるのですが、やはり赤ちゃんが元気に育ってると思えるので、健診までのドキドキがなくなり、毎日胎動を感じ安心して日常生活を送れるようになりました。

胎動を感じるとやはり本当に赤ちゃんがお腹にいるんだなという実感も湧いてきます。主人にも触ってもらって、お父さんになるんだね~と実感させるようにしていました。 うれしそうに触っている姿を見るとこちらもうれしくなりますよ。

お腹に呼びかけるように

daidaimaruさんからの体験談:
だんだんと胎動も強く感じられるようになってきたため、お腹の中に赤ちゃんがいる、という自覚が芽生えてきた気がします。自然と、お腹に「おはよ~」「あれ、起きてるのかな~?」などと呼びかけることが増えてきたり、周囲に赤ちゃんの話をする時も「○○ちゃん」とあだ名をつけ始めたのもこの頃からでした。

また、つわりも落ち着き、それまで仕事で追われていてできなかった数々のやりたいこと(読書、ゲーム、おでかけ)にのんびりと穏やかな気持ちで着手できて、満喫していました。

ママがしておくべきこと・気を付けることは何?

体重管理のためにも適度な運動を

ウォーキング,妊娠23週,胎動, 出典:Instagram: love_family30さん*写真はイメージです

お腹が大きくなってくると、動くのが億劫になってきます。しかし、この時期は栄養をどんどん取り込んで、体重が増えていきます。

体重が増えてしまうと、出産に時間がかかってしまうこともあります。体調が良く、主治医からOKが出ていれば、適度な運動を心がけるようにしましょう。

入院に必要なものは早めに準備を

バッグ,妊娠23週,胎動, 出典:Instagram: boo_boo48さん*写真はイメージです

少し気が早く感じるかもしれませんが、入院に必要な物は早めに準備しておくようにしましょう。妊娠が順調に進むことが望ましいのですが、妊娠後期に向けて、早産などのトラブルへの準備も必要になってきます。

荷物は早めに準備して、家族にも入院グッズの置き場所を教えておくようにしましょう。

妊娠23週頃のママがしておくべきこと:体験談

体力をつけるため15分の散歩を

みぃたむさんからの体験談:
この頃は、真剣に子どもの名前を日々考えていました。画数を調べたり、漢字の意味を調べたり、ベビーグッズのお店を回って、値段を調べたりと、子どものことばかり考えていました。

それが自分にとっての幸せでもあったからです。そして、つわりがない日は、散歩に出かけるようになりました。15分ほどの短いものでしたが、体力をつけなくては!とおもったのです。

食事も気をつけるようになりました。食事バランスや、塩分摂取量など、健康についても勉強しました。

夫婦で納得のベビー用品選び

monoiさんからの体験談:
性別もほぼ確定したのでベビー用品を本格的に買いそろえだし、購入予定だったものはほとんど準備完了しました。これまで散々下調べして(ときに喧嘩しながらも)本当に納得のいく買い物を夫婦二人でなんとか成し遂げた!という達成感さえありました。

赤ちゃんが生まれてくるためにその環境を整えてあげることはパパママとしての最初の共同作業と言っても過言ではありません。ちょっと気が早いですが産後は長く使うであろう抱っこ紐やバウンサーなども夫婦一致で選べたことはうれしかったです。

ママのお腹が大きいうちにパパができることは?

入院準備、いざという時の連絡先を確認

相談する夫婦,妊娠23週,胎動,

出産なんてまだまだ先、と思っているプレパパさんたちは、この頃から、しっかり、いざというときにどういった行動をとるか、ママと話し合っておきましょう。

もちろん「その時にならないと分からない」と思うかもしれないですが、大まかにはこう、と決めておかないと、いざというときに慌ててしまいます。

赤ちゃんは出産予定日に生まれると思っているかもしれないですが、その数週間前からは産まれても大丈夫な時期。そう考えると1ヶ月くらいの猶予があるのです。

予定日近くには出張を入れず…と計画していても、うまくいかないことがあるかもしれません。他B案も含めて考えておきたいところですね。

また、緊急時に入院準備グッズがどこにあるか、何を持っていき、何は持っていかないのか、夫婦で認識を揃えておきましょう。

出産前に家事の引継ぎを

お風呂掃除,妊娠23週,胎動, 出典:Instagram: machiko.kuboさん*写真はイメージです

家事の引継ぎも徐々に進めておきましょう。これから先、妊婦さんは大きいお腹を抱えて、できないことが増えていきます。

特に前にかがむような作業はバランスも悪くなりますので、気を付けたいところです。お風呂を無理に掃除しようとして浴槽に落ちそうになった、という妊婦さんの話も。

そんなことにならないように、家事分担を進めておきましょう。赤ちゃんが生まれたら元通り、というわけにはいきません。ママさんがいっぱいいっぱいにならない今のうちから、できることをやっておく事をおすすめします。

まとめ

妊娠23週は、胎動を感じられたり性別がわかってきたりすることで、ママの生活も少し安定してくるころではないでしょうか?

落ち着いて赤ちゃんが産まれた後のことを考えられる時期ですので、パートナーや家族とも今後の生活について相談してみてくださいね。
(文書作成:Reikon)

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP