産めるカラダかどうか、今すぐにでも知りたい! 妊娠に必要な6つの条件とは?

産めるカラダかどうか、今すぐにでも知りたい! 妊娠に必要な6つの条件とは?

Bu facebook
Bu twitter
自分が産めるカラダかどうかは、今すぐに妊娠する予定がない働く女子であっても、重大な関心ごと。前回に引き続き、不妊治療や生殖医療に携わる片桐由起子先生(東邦大学医療センター大森病院)に話を聞きます。

◆今の私が、卵子の質を知る方法はあるの?

片桐先生によると、「産めるカラダ」には2つ要素があるそうです。

(1)自分のカラダが産めるコンディションにあるかどうか
(2)産めるタイミングがあるかどうか(巡り合わせがあるかどうか)

まずコンディションに影響が大きいのが、年齢による要因。先生によれば、「いよいよ年齢も年齢だから、不妊治療をしてでも妊娠しようかな」と考えがちですが、実のところ高齢出産とは、「いよいよ不妊治療をしても、授からない年齢に差しかかってきた」ことを意味するそうです。

「たとえば、同じ婦人科系疾患を持つ方がいれば、より妊娠しやすいのは年齢の若い方のほう。歳とともに卵子の細胞質は、その能力が衰えていきます。卵子は精子に出会い受精すると、細胞分裂を行いますが、均等に分割する力が歳とともに衰えます。分割が不均等で片一方の染色体が多めで、もう片一方が少ないとなると、遺伝情報は不均等となり、極端なら発育が止まってしまいます。

さらに、卵管に疾患を持つ患者さんならば、20代なら卵管因子を取り除くだけで妊娠に至るかもしれません。でも、年齢の高い方なら、卵管因子を治療したとしても、卵子の質がクリアできないかもしれません。

―では卵子の質について、今の私たちが知る方法はあるのですか?

「卵巣にあるすべての卵子の質が、どれも同じように悪くなるのではなく、排卵周期によっても、さらに個々の卵子の質にも差が出ますので、卵子ひとつひとつまでを調べることはできないでしょう」

―年齢のほか、産める巡り合わせというのはどういうことですか。

「自分のコンディションがよくとも、パートナーがいなければ妊娠できませんよね。さらに、パートナーが持つ精子の運動性や数(濃度)もよくなければ、自然に妊娠することは難しくなります」

>(次ページ)知っておきたい、妊娠するための条件とは?

関連リンク
【次ページ】妊娠するための6つの条件とは?
スタンダードの治療が、将来の後悔!? なたに合う治療法は?
高齢出産の歳になる前に、今からやっておきたいことは?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP