どうして痩せられないのか?

どうして痩せられないのか?

Bu facebook
Bu twitter
「ダイエットしているのになかなか痩せられない」という方、結構多いのではないでしょうか? ダイエットには食事制限など「溜めない」ことを目的としたものや、運動など「燃やす」タイプのものがありますが、どんなに頑張っても効果が出にくいことがあります。ここでは、痩せられない原因や対処法などを伝授します!
 
 

痩せられないのは腸内環境が原因かも!?

痩せられない原因はいくつか考えられますが、過食や運動不足でなければ、腸内環境が整っていないことも考えられます。
160912-sp1.jpg
 
私達のお腹の中には数100種以上、100兆個以上の腸内細菌が存在しています。菌は大きく3つのグループに分けられます。ひとつめは「善玉菌」。腸内のpHを下げることで悪玉菌の増殖を抑え、免疫力を上げるなどの働きがあります。ふたつめは「悪玉菌」。腸内で有害物質を作り、下痢やガスの異常発生などのほか免疫バランスを乱しやすくしてしまいます。最後は、優勢な方に味方して作用する「日和見菌」です。この3つの菌がバランス良く存在しているのが良い状態です。
 
ストレスや食生活の乱れで悪玉菌が増えてしまうと悪玉菌が作り出す有害物質が増え、便秘や下痢などお腹の調子を乱します。また、脂の多い食事は腸にダメージを与え、腸から炎症性物質が吸収されて全身を巡り、体内の慢性炎症を引き起こします。慢性炎症は肥満をはじめ、それによる生活習慣病にも関与するので要注意です。
 
 

ビフィズス菌で腸内環境を整備。ダイエット成功も見えてくる!

ビフィズス菌は腸内で最も多いと言われていますが、ビフィズス菌の生菌はプロバイオティクスとして腸内環境を整え、善玉菌を優位にする働きがあります。
160912sp-2.jpg
 
逆にビフィズス菌が減少すると、悪玉菌が増殖して腸内フローラのバランスが乱れてしまいます。ビフィズス菌は歳を重ねるにつれて減少すると言われていますので、毎日積極的に取り入れるのがおすすめです。
 
では腸内環境が整うと、どんな効果をもたらすのでしょうか。腸が活発に働くようになり腸の中の余分な老廃物を押し出し、便通を促します。そして便秘によるぽっこりおなかを解消します。
 
 
★Check!善玉菌にはこんな効果も!☆
善玉菌とされる乳酸菌やビフィズス菌には様々な働きがあります。体の中でビタミンB群を作り出したり、有害物質を減らして肝臓を助けたりし、私たちの健康を応援してくれます。免疫バランスを整える働きがあるので、花粉症対策にも効果が期待できます。そのほか口内にも乳酸菌が存在し、歯周病や歯肉炎のリスクを低減させるという研究発表もあります。
 
 
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP