スマホで撮ろう 子育て動画「室内撮影のコツ」

スマホで撮ろう 子育て動画「室内撮影のコツ」

Bu facebook
Bu twitter

室内撮影のコツ

「子どもの表情を明るく撮ること」
「子どもがリラックスしているときに撮ること」


スマホで撮ろう 子育て動画「室内撮影のコツ」

講師:川井 拓也(映像ディレクター)
子どもの声やさまざまな表情は、動画でしか残すことができない大切な宝物ですよね。
気軽に使えるスマートフォンで子育て動画を楽しみましょう。何度も見返したくなる、自慢したくなる、とびきりの子育て動画のコツをご紹介します。

子どもの表情を明るく撮る

室内で撮影した場合、子どもの後ろに窓などがあると、逆光で子どもの顔が暗く写ることがあります。
室内で撮るときは、画面内の明るい部分が減るように画角を変え、子どもの表情が明るく映る場所から撮りましょう。画面いっぱいに子どもが映っていると、画面の明るさ(露出)が、子どもに合うようになります。

<画角変更前>

<画角変更後>
※画面内の明るい部分(窓)が減るように、撮影位置を変更。

子どもがリラックスしているときに撮る

例えば、子どものお絵かきの様子を撮ると、描いている子は一生懸命だけれど、動画としては少しつまらないものになりがち。
そのようなときは、撮影しながら話しかけましょう。話しかけると、子どもはリラックスするため、イキイキした表情になります。
また、話をしながら動画を撮っておくと、何を描いたのかという「子どもの思い」も描いた絵と一緒に残せます。

ワンポイントアドバイス

子どもの顔が暗く映ってしまうけれど、どうしても背景を変えたくないときがあると思います。
そのようなときは、スマートフォンの画面上で子どもの顔をタッチしてみてください。スマートフォンには画面の明るさ(露出)を自動的に合わせてくれる機能があります。
子どもの顔が暗くて見えにくいと感じたら、試してみてください。

運動会などのイベントだけでなく、普段のリラックスした子どもの表情も残しておきたいですね。


同じ週に放送された番組記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP