子ども用のマスクを手作りしよう!お気に入りマスクで咳エチケット!

子ども用のマスクを手作りしよう!お気に入りマスクで咳エチケット!

Bu facebook
Bu twitter

最近では『咳エチケット』という言葉があるくらい、かぜをひいたときにマスクをすることが常識になってきました。

しかし、子どもにマスクをさせたくても嫌がったり、ちょうどいいサイズがなかったりということはありませんか?

そんな時は、自分でマスクを作っちゃいましょう。

作り方は簡単。ミシンでも手縫いでも大丈夫です。何枚か作っておけば、洗い替えも出来るし、経済的でもあります。

子どもの気に入った布でマスクを作れば、オリジナルマスクの出来上がり!

サイズもぴったり、子どもも喜んでマスクをしてくれるようになるでしょう。

今回は子どものマスクの手作りの方法をご紹介します。

【1】材料

子どもの好きな柄のガーゼを選んで

,子ども,マスク,手作り

・Wガーゼ
・マスク用ゴム 50cm(片方25cm)
・布切ばさみ
・まち針
・アイロン
・ミシンか手縫いセット

Wガーゼは手芸屋さんに行くと、いろんな柄のものが売っています。

手芸屋さんで材料はそろいますが、ゴムは100均でも売っているので探してみてください。

【2】平面マスクを作ろう

下準備をきちんとしましょう

手作りマスクガーゼの折り方,子ども,マスク,手作り

今回は出来上がり寸法 たて9cm×横12cmの子ども用マスクを作ります。

1.ガーゼ生地は洗うとかなり縮んでしまうので、作る前に水通しします。

※水通しのやり方・・・水に浸す→しぼる→陰干し→アイロン

2.水通しした生地を、たて18cm×横36cmにカットする。(たてが出来上がりの2倍、横ができあがりの3倍の長さになるようにカット)

3.横中心に合わせて、上端と下端を折ってアイロンをかける。(写真のように折ってください)

両端を縫うだけ

マスクの縫い方,子ども,マスク,手作り

4.横に三つ折りにする。

5.上になったほうの布端を1cmくらい内側に折り、折った部分にアイロンをかける

・このとき、出来上がりのサイズになっているか確認してください。
・子どもの顔に合わせてみて、サイズも調整してください。

6.折った部分をミシンまたは手縫いで縫う

7.反対側も1cm内側を縫う。

8.ゴムを通して結び、結び目をガーゼの中に隠せば出来上がり!

【ポイント】
・縫う際、布がずれやすいので、まち針でしっかり止めてください。

・四隅は、ほつれやすいので返し縫いをしておきましょう。

・ゴムを後で通すのは少し難しいので、慣れない方は縫う前にゴムを通してしまってから縫うとやりやすいです。

【番外編】立体マスクにもチャレンジ

まずは型紙の用意

立体マスク,子ども,マスク,手作り 出典:Instagram: chikkie7さん*写真はイメージです

少し複雑にはなりますが、立体マスクも手作りできます。

立体マスクを作るときは、型紙が必要になります。

インターネットで検索するとフリーの型紙が公開されていたり、市販の立体マスク(大人用)を使って型をとっても作成できます。

市販の立体マスクを使う時は、真ん中で折って半分の型紙を作ります。

市販のものは横の幅が少なめなので8cmくらいとってください。

市販の大人用の立体マスクを使って縫うと、子どもが使えるくらいの大きさになります。

まとめ

いかがでしたか?

今では200円くらいで材料込み、説明書込みでマスク作成キットが売られていますので、初めはこういうキットから始めると、失敗も少なく簡単にできると思います。

平面マスクは布を裁断して、折って2ヶ所縫うだけですので初心者でも簡単にできます。

立体マスクを作る人は型紙も入っているのでキットを買った方が便利で簡単にできそうですね。

何枚か作って、上手に作れるようになったら、お友達にも作ってあげたら喜ばれると思いますよ!

たくさん作ってバザーに出してみてもいいかもしれません。

サイズを変えて、ママの分も作成。

子どもとママのおそろいのマスク、あまり見かけないだけに、ちょっと面白いかもしれませんね!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP