食物繊維たっぷりで便秘改善にも! 話題の「もち麦ダイエット」とは

食物繊維たっぷりで便秘改善にも! 話題の「もち麦ダイエット」とは

Bu facebook
Bu twitter
いま絶賛ダイエット中の人のなかには、白米を制限している人も多いのでは? じつは主食にひと工夫することで、ご飯をちゃんと食べながら、簡単にダイエットできる方法があります。


© haru - Fotolia.com


おすすめなのが、いま話題の「もち麦ダイエット」。「もち麦」の魅力と、その摂り方を紹介します。ご飯はできれば抜きたくない…というママも必見です!

■もち麦ダイエットとは

「もち麦」は、もち性の大麦のことを言います。麦ですので主食、穀類ですが、穀類の中でも水溶性の食物繊維が米や小麦に比べて多いのが特徴。食感も、もちもちしているためにこの名前で呼ばれているのです。


© funny face - Fotolia.com


もち麦ダイエットの方法は、もち麦3、白米7の割合で炊き、1日3食のうちの2食分をこれに置き換えてみるだけ! 簡単に始めることができ、白米が大好きな人でも我慢することなく続けられます。

また、食事の際はなるべく血糖値を急激に上げないことが肥満防止になりますが、もち麦に含まれている食物繊維「βグルカン」は、一緒に摂ったものの消化や吸収を穏やかにする作用が認められています。

さらに、便秘を解消する効果も期待でき、ぽっこりと出ているおなかが気になる人にもおすすめです。


■子どもが「もち麦」を食べても大丈夫?

最近では、子どもの便秘も深刻な問題になっているといいます。現代の食生活の乱れから、水分や食物繊維が足りない場合もあるのだとか。その点、毎日の主食に置き換えられるもち麦は便利な食材です。

「もち」とついてしまうと、子どもののどにひっかかるのではないか、消化は大丈夫なのかといった懸念があるかもしれません。

子どもに食べさせる場合は、食べやすいようにもち麦をつぶしてヨーグルトに混ぜたり(割合はもち麦3、ヨーグルト7くらい) 、離乳食用にスープに入れて煮込むなどの工夫をすると食べやすいでしょう。

もち麦の優秀な点を生かして、家族の食卓に少しずつ取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
(高城あすか)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP