育児相談にSkype飲みまで。地域に広がるAsMamaママサポーターの輪

育児相談にSkype飲みまで。地域に広がるAsMamaママサポーターの輪

Bu facebook
Bu twitter
地域の人たちと繋がることで、子どもの託児・送迎を頼り合う子育てシェアサービス「AsMama」。連載第2回目にご登場いただく内山茜さんとウィリアムズ帆奈さんは、普段から子育てシェアもしているとのこと。今回は内山さんの4歳になる娘・芽来(めぐ)ちゃんとウィリアムズさんの2歳になる娘・慧(けい)ちゃんにもお話ししてもらい、AsMamaの体験が子どもに与える影響を探ります。また、お二人が住む東京・世田谷区の待機児童問題の実態のほか、AsMamaを利用することで変わるママたちの心境についても語っていただきました。

取材・文:片貝久美子 撮影:豊島望
プロフィール

内山茜(うちやま あかね)
東京都世田谷区在住の34歳。AsMamaでは、ダイレクトマーケティングを担当し、共助促進社会作りと「子育てシェア」のインフラ化に取り組む。フルタイム勤務だが、在宅よりも交流イベントやアポイントに外勤であちらこちらと関東全域を動くことが多く、保育園の送迎が間に合わないときなどに「子育てシェア」でママサポーターを頼ることも多い。

内山芽来(うちやま めぐ)
4歳。保育園に通いながら、ウィリアムズ帆奈さんらAsMamaママサポーターに時々預かってもらっている。

ウィリアムズ帆奈(うぃりあむず はんな)
東京都世田谷区在住の31歳。ご主人はアメリカ人。ママサポーターとしては、地域の「子育てシェア」会員からの送迎・託児の依頼に対し支援を行う。

ウィリアムズ慧(うぃりあむず けい)
2歳。ママがAsMama会員の子どもを「お預かり」することが多いので、よく一緒に遊んでいる。

AsMama(あずまま)
同じ園や学校に通うママ・パパ友達や、顔見知りの友達とつながって子どもの送迎や託児を頼り合う「子育てシェア」をネットで可能にしたサービス。近所に友達がいない場合も、AsMama認定・地域子育てのお世話役ママサポーターに頼ることができます。
http://asmama.jp/
子どもたちにとっては預けられるというより、一緒に遊べるという感覚なんだと思います。(内山)
―内山さんとウィリアムズさんは、子育てシェアでお互いに子どもを預け合ったりしているそうですね。

内山:うちは預けることのほうが多くて、(ウィリアムズ)帆奈さんのほか、保育園が同じママサポーターさんにお願いしたりしています。

ウィリアムズ:私の場合は、慧が保育園に行っている間に仕事をして、その後に預かることが多いですね。

左からウィリアムズ帆奈さんと慧ちゃん、内山茜さんと芽来ちゃん
内山:先日も、小学生の兄が帰宅するタイミングで、芽来を保育園にお迎えに行ってもらって、そのまま私の家で二人を見てもらいました。もちろん、帆奈さんのお宅で預かってもらうこともあります。

―では、すでに芽来ちゃんと慧ちゃんは見知った間柄なんですね。芽来ちゃんは慧ちゃんと遊ぶの、楽しい?

芽来:うん、楽しい!

―どんなことして遊んだのかな?

芽来:ケーキ作ったり……。

内山:おままごとのケーキのことです(笑)。

芽来:ご本読んだりする。

―慧ちゃんは芽来ちゃんと一緒にご本読むのは楽しい?

:うん! 大好き。

―自分の家ではなく、先方に行ってお預かりすることも多いんですか?

ウィリアムズ:私は(内山)茜さんの家が初めてでしたけど、やっぱり預ける側も、自分の家で、しかも兄妹揃って見てもらえるというのは安心感が違うのかなと思いましたね。

―普段はわりとウィリアムズさんのご自宅で預かることが多いんですね。そのときの慧ちゃんの様子はいかがですか?

ウィリアムズ:よくお預かりする子は慧と同い年の子どもや、もともと仲良しの子なので楽しく遊んでいますね。お預かりの子がいると、慧はいつもの3倍くらいテンションが高いです(笑)。帰っちゃうときは大泣きしますし。

内山:うちの子も、帆奈さんや慧ちゃんのことが大好きで、昨日も「今度いつ行くの?」って。

―普段の会話の中にもお預かりのときの話題が出てくるんですね。

内山 :そうですね。たぶん、子どもたちにとっては預けられるというより、一緒に遊べるという感覚なんだと思います。特に帆奈さんたちとは普通に家を行き来したりすることもあるので、その延長なんだと思いますね。

ウィリアムズ:初めて芽来ちゃんを保育園にお迎えに行ったときも、帰り道に園であったことをいろいろ話してくれたんですよ。警戒していないんだなっていうのがわかって、私もすごく嬉しかったです。

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP