災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」

災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」

Bu facebook
Bu twitter

災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」

災害時のための「手の清潔ケア」と「オーラルケア」

災害時の「手の清潔ケア」と「オーラルケア」の大切さ

災害の発生時には避難所生活や水不足などにより、生活していく上で衛生上のリスクが高まります。少しでもそのリスクを減らすためにはまず、手を清潔に保つことがとても大切です。さらに、災害時にはオーラルケアもとても大切で、特に体力のないお子さまやご高齢の方は注意が必要です。災害の発生時にお役に立つ「手の清潔ケア」と「オーラルケア」の情報をご紹介します。

災害時には、常に手を清潔に保ちましょう

災害時、多くの人が出入りする避難所などでは、いつもより手が汚れがちです。災害時には、手を常に清潔に保つことがとても大切です。

<清潔を保つために注意したいところ>

手指には、汚れが残りやすい場所があります。人が集まる避難所などでは、いつも以上に注意して、清潔を保つようにしてください。しかし、災害時には必ずしも水で手を洗えるわけではありません。そんな時、以下の方法で「手指のケア」をしてください。

水で手洗いできない時の手指のケア方法

ぬれティッシュやお手ふきシートを使って、手指をキレイにふきましょう。

手をキレイにするタイミング

汚れたものにふれた後など、こまめに手をふきましょう。例えば、

・食事の前
・トイレの後
・おむつの交換の後
・作業の後
・動物にふれた後

水で手洗いできない時は食事にも注意を

食中毒を起こさないように、いつも以上に清潔を心がけましょう。
●食べ物を素手で触らない
食事の時は、箸・フォーク・スプーンを使いましょう。
●食べる分だけ作って残さない
食品が腐ると食中毒の原因になるので、食べ残した食品は思い切って捨ててしまいましょう。

手洗いできる環境にある時は、石鹸やハンドソープを使って、手のひら・手の甲、指先・爪の間・手首まで、きちんと洗いましょう。

災害時にはオーラルケアも、とても大切です

避難所生活や水不足などでオーラルケアが不十分だと、むし歯や歯周病といったお口のトラブルだけでなく、感染症や誤嚥性肺炎などのリスクも高まります。体力のないお子さまやご高齢の方は特に注意が必要です。

 災害時には歯ブラシが手元にない場合もあります。その時にケアできる方法としては、以下のようなものがあります。

歯ブラシがない時には

歯磨きができない時は、食事にも工夫を

食べたものをお口の中に残さないことがポイントです。

唾液を出すことを意識しましょう

唾液には口の中の汚れや菌を洗い流す働きがあります。
※ガムを噛むことや、よく話す、歌をうたうなども唾液を増やす効果があります。

水が不足している時のお口ケア

ペットボトルの水やお茶を少しだけお口のケアに使うのも良いでしょう。

1. ペットボトルのキャップ1〜2杯の水やお茶を口に含みます。

2. 歯と歯の間に水やお茶を通しながら、舌の上や口の中全体に行きわたるように、「くちゅくちゅ」と数回繰り返します。

※「朝起きた時」「食べた後」「寝る前」などこまめに行いましょう。

歯ブラシがある時には

水が少ない時の歯磨きの方法

水が不足している時も、歯ブラシで歯を磨くことが最も大切です。

1. コップに少量の水を入れ、その水で歯ブラシをぬらして歯を磨きます。

2. 歯ブラシが徐々に汚れてくるので、ティッシュなどで汚れをふきとり、また磨くを繰り返します。

3. 最後にペットボトルの水で口をすすぎます。
※洗口剤がある時は、あわせて使うとより効果的です。

  • 出典:水が少ないときの歯みがきの方法 日本口腔ケア学会・全国住宅療養支援歯科診療所連絡会のHPを参考に作成

災害時の家族のオーラルケアのために覚えておきたいこと

お子さまが特に気をつけたいこと

お菓子など間食をとる機会が増えがちなので、むし歯や歯周病のリスクが高まります。

●ダラダラ食べるのを控えるなど食べ物の摂り方に、できるだけ気を配りましょう。
●口の中の細菌が増えないように、水やお茶でブクブクうがいを行いましょう。
●できるだけ規則正しい生活を心がけましょう。

入れ歯をお使いの方が気をつけたいこと

お口の中を清潔に保つためには、入れ歯をキレイにしておくことが大切です。

●食後はできるだけ入れ歯をはずして汚れを落としましょう。
●入れ歯をはずした後は、歯やお口の粘膜をガーゼやハンカチでぬぐっておきましょう。
●可能であれば、寝る時は入れ歯をはずして、入れ歯が触れる歯茎を休ませましょう。

日頃からオーラルケアを心がけ、お口を健康な状態に保っておきましょう。

  • オーラルケア情報に関する監修:東京医科歯科大学 中久木 康一先生

日頃から「非常時持ち出し品」をストックしてください

いざ災害が起きた時に携帯しておきたい、最低限必要なものをリストにしました。日頃から災害時に備え、自宅に保管しておくと、災害時にも役立つでしょう。

<非常時持ち出し品チェックリスト>

<非常時持ち出し品チェックリスト>

非常時の備えとして「災害時の清潔ケア」を保管してください

災害が起きた時の清潔ケアに役立つ「災害時の清潔ケア」を下記からダウンロードして、非常時持ち出し品と一緒に備えてください。

「災害時の清潔ケア」PDFのダウンロードはこちら

プリントアウト(計4枚)して重ね、中央で折りたたむとコンパクトな冊子のようになります。災害時に備え、非常時持出袋の中へ入れておいてください。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP