簡単! なのに後を引く美味しさ 「鮭のバターしょうゆご飯」

簡単! なのに後を引く美味しさ 「鮭のバターしょうゆご飯」

Bu facebook
Bu twitter
連休中、お出かけ続きでくたびれちゃったという人も、家でのんびりダラダラ過ごした人も。

ごはんはなるべく手間をかけず、でもせっかくの休日だから美味しいものを食べたいなぁ… という気分にぴったりのレシピをお伝えしましょう。

ほのかなバターの香りが広がる鮭を、どんぶりごはんにたっぷりと。
バターやパセリ、白ゴマの香りが食欲をそそり、シンプルなのにパクパク、箸が止まらない!

鮭は電子レンジで簡単加熱なので、コンロの火も使いません。
軽めに済ますはずが、いつもの量より食べ過ぎてしまうかもしれないので、要注意。


■鮭のバターしょうゆご飯

調理時間10分 339Kcal


レシピ制作:料理家 保田美幸


<材料 2人分> 
生鮭 1~2切れ
 塩 少々
 酒 大さじ1
バター 5g
薄口しょうゆ 小さじ1~2
イタリアンパセリ 3~4本
すり白ゴマ 大さじ1
ご飯(炊きたて) 茶碗2杯分


<作り方>
1、生鮭は耐熱容器に入れ、塩を振って酒をからめ、ラップをして電子レンジで1分30秒~2分加熱する。粗熱が取れたら蒸し汁を捨て、骨と皮を取り除いてほぐし、バターを余熱で溶かしながらからめ、さらに薄口しょうゆを合わせる。


ヒント! 電子レンジは600Wを使用しています。


2、イタリアンパセリはみじん切りにする。

3、ご飯にイタリアンパセリ、すり白ゴマを加えて混ぜ、器に盛って(1)をのせる。


塩鮭よりも、できれば生鮭に直前にさっと塩を振って蒸すほうが、塩気がきつすぎず、風味が引き立ちます。

(フジノアサコ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP