子育てのイライラを減らしたい!ママ達のリフレッシュ法

子育てのイライラを減らしたい!ママ達のリフレッシュ法

Bu facebook
Bu twitter
子育ては楽しいことばかり、ではありませんよね。子どもはもちろんとっても可愛いけれど、言うことを全然聞いてくれなかったり、自分の時間が全くなかったり、ママの気持ちに余裕がなくなることもあるはずです。皆さんはどのようにイライラを解消していますか?
■ママたちのリフレッシュ法
まずはママたちがどのようにリフレッシュしているのか、見ていきましょう。わずかな時間でも、自分の好きなことが出来たり、好きなものを食べれたりと、うまく息抜きが出来れば、イライラもグッと減らすことができるはず。
『一番したのはドライブ。子供も寝てくれるし自分も気分転換できるし。
惣菜とか簡単な物にしたりね。イライラしないのは無理だと思うよ。』
『子供が寝てる時、好きなバンドのDVDみたり甘いもの食べたり。あと、時々ライブに行く。』
『三人いるけどイライラすることはあるよ~。
喧嘩が始まった時とか、三人同時に泣かれた時とか。

私はコーヒーが好きだから、子ども達が昼寝してたり大人しかったりするときにコーヒーを飲みながらチョコを食べるのが息抜き。
あと、子ども達を連れてお散歩も。車より歩くほうが好きだし、いい運動になるから。

旦那は割と協力的だから、夜に旦那が帰宅したら育児はバトンタッチして家事に没頭できる。』
『ポリフェノールに頼りまくってた。
イライラしたらチョコレートをぱくり、みたいに。
ケーキや好きな果物とかを冷蔵庫に常備して、自分をいっぱい甘やかしてごまかしてたよ。
他に自由がないぶん、食に関しては自由にすることが自分へのご褒美だったな。』
『旦那が育児できない人で任せられないから、リフレッシュする時間なんて無い。
しいて言えば子どもと一緒に昼寝、それとこっそりお菓子を食べることかな。

家事は完璧にやらなくても死にはしないし、余計な手間がかかりそうな事は起こらないように対策すればいい。』
■子どもへの見方を変えてみる
大変な子育てが永遠に続くわけではありません。今はママがいないと大泣きしたり、言う事を全然聞かない子どもたちも、次第に成長していきます。とはいえ余裕がなくなると、今しかない可愛さに向き合うことすらできないこともあります。困難な状況をうまく乗り切ったママたちは、どのような考え方を持っていたのでしょうか?
『旦那には愚痴れないか~私もそんなときがあったなぁ。
テキトーにすればいいんだよ。今思えばだけどね。
イライラしても、まだ宇宙人なんだこの子は…と思うようにする!』
『思えば、成長して人間らしくなってきてからイライラするようになってきた気がする。

まだ0歳の子1人の時は「まだ赤ちゃん、言っても分からないし」って思ってるから何されても怒らなかったけど、1歳過ぎて言うことが分かるようになってからは、精神面で“人間扱い”というか“自分と同等扱い”してたんだよね。
まだ赤ちゃんに毛が生えた程度なのに。

私も宇宙人だと思っておおらかにいこう。』
『イライラしたときはちょっと子どもから離れて、深呼吸して外の空気を吸って落ち着かせてる。あまりいろんなことを気にして、ああしなきゃ、こうしなきゃ、と思うのをやめるようにしてる。手に取って欲しくないもの、散らかして欲しくないものは届かない所に置いて未然に防ぐ。』
『まだ0歳なら、余裕がないときはおんぶするか、ベビーサークルにちょっと入っておいてもらうとイタズラしないから気持ちに余裕が持てるよ。
うちは現在1歳半と3歳半の男児だけど去年より壮絶…
片付けた物を片っ端から出されるし、ごはんは食べムラ出てくるし、3歳は3歳でまだまだ甘えん坊なわりになんでも自分でやりたがるし、重たいし。
2歳差で産むのは絶対オススメ!と言われたけど…あと2年はこんな感じなんだろうなって思ってるよ。』
『毎日お疲れ様。気の持ちようだよ。子供に完璧を求めないことだよ。
それから私の場合は、上の子は何年かしたら反抗期だと思うと今が可愛くて仕方ない。下の子は次が産めないから最後の赤ちゃん。そう思うと泣いても何しても可愛い。リフレッシュの時間はないけど、なんとかやっていける。』
『年齢が上がると少しは落ち着くと信じて、適当にやってればいいと思う。
頼れる人いないと弱るよね。一時保育なんかも利用しながら、がんばれ。』
子育て中にイライラしない、なんて無理な話。子どもの昼寝中に好きなお菓子を食べる、深呼吸をするなどちょっとしたことで少しずつイライラを解消できればいいですね。そして子育てや家事など全てを完璧にしようと頑張り過ぎず、ちょっと肩の力を抜いてみると尚良いかもしれませんね。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP