子ども(15歳以下)「息が苦しい」ときの救急受診ガイド

子ども(15歳以下)「息が苦しい」ときの救急受診ガイド

Bu facebook
Bu twitter

子どもの息が苦しそうな場合に、「病院やクリニックに行った方がいいかどうか?」「救急車を呼んだ方がいいかどうか?」などで迷ったときは、以下のガイドをご利用ください。

主な症状

・息が苦しい(苦しそうだ)
・呼吸が苦しい
・息が荒い
・肩で呼吸している
・ヒューヒュー、ゼーゼーする
・息ができない    など

≪チェック①≫

以下の症状はありますか?

・きちんと息ができない状態である。
・胸が痛い。
・顔や唇の色が紫色をしている。
・意識がないようだ。(受け答えができない、呼びかけに反応しない)
・何か食べたり、口にくわえたりして遊んでいた。(ピーナッツなどの豆類)
・盛り上がった発疹(ブツブツ)があり、かゆがっている。
・ヒューヒュー、ゼーゼーが強い。
・深呼吸ができない。
・息を吐くときの時間が長くなっている。
・何か変なものを吸い込んだ、または、その可能性がある。

【ひとつでも症状がある】

緊急度が高いと思われます。今すぐに119番に電話して救急車を呼んでください。

【どれにもあてはまらない】

≪チェック②≫をご確認ください

≪チェック②≫

以下の症状はありますか?

≪チェック②-1≫
・咳がひどい
・喘息の治療中で医師の指示通り薬を使ってもよくならない。
・アレルギーをもっている
・たんや咳が出る。
・発熱がある。(38℃以上)
・鼻づまりがひどい。

≪チェック②-2≫
・1歳未満である。
・歩けない。

【チェック②-1:はい チェック②-2:はい】

緊急度が高いと思われます。今すぐに119番に電話して救急車を呼んでください。

【チェック②-1:はい チェック②-2:いいえ】

2時間以内を目安に病院で受診しましょう。

【チェック②-1:いいえ チェック②-2:はい】

2時間以内を目安に病院で受診しましょう。

【チェック②-1:いいえ チェック②-2:いいえ】

当日又は翌日の通常時間に病院で受診しましょう

応急手当等

・水分補給は十分に行いましょう
・喘息等の発作時の対応について、主治医からの指示がある場合は、指示通りの対応をしましょう。
・刺激物や症状を悪化させる可能性のあるものは遠ざけましょう。

本記事について

本記事の内容は、横浜市救急受診ガイド(以下「当ガイド」という)に記載されています。

当ガイドは、急な病気やけがをして、救急車を呼ぶべきか、医療機関を受診すべきか、迷ったときにご自身による判断の一助となることを目的としています。

当ガイドは、「平成25年度緊急度判定体系に関する検討会」(総務省消防庁)において策定された緊急度判定プロトコルver.1及び電話救急医療プロトコル(日本救急医学会監修)を参考としており、「平成26年度横浜市救急業務検討委員会」において承認を受けたものです。

このガイドの内容は、平成25年10月現在の医学的判断基準をもとに作成されています。今後、内容は変更される可能性があります。

本記事で紹介している症状以外に関する救急受診については、以下の関連リンクより横浜市救急受診ガイドWEB版をご活用ください。

この記事に関連するリンクはこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP