赤ちゃんとの外出…何を持てばいいの?持ち物ピックアップ

赤ちゃんとの外出…何を持てばいいの?持ち物ピックアップ

Bu facebook
Bu twitter

赤ちゃんとのおでかけ、まだ慣れないうちは何を持っていけばいいのか迷いますよね。あれこれ持って行きたいけれど、荷物は多いとかさばるし、重くなります。

今回は子連れでも楽しくおでかけできるように、赤ちゃんと外出する際の持ち物や気を付けておきたい点などをご紹介します。

赤ちゃんとの外出 これはいる!持ち物リスト

おむつ

おむつ替えをする赤ちゃん,赤ちゃん,外出,持ち物

おむつは赤ちゃんの外出の際には絶対に欠かせない持ち物です。

赤ちゃんの時期はおしっこだけではなくうんちの回数も多いため、頻繁におむつ替えする必要があります。

途中足りなくなるなんてことのないように、かなり多めのおむつを持っていきましょう。

おむつが汚れると赤ちゃんも機嫌が悪くなりますし、かぶれも気になりますよね。

頻繁に替えることを考えて枚数を用意すれば、赤ちゃんも快適におでかけができますね。

おしりふき

おしりふき,赤ちゃん,外出,持ち物 出典:オリジナル

おむつ替えをする際に必ず必要になるおしりふき。

最近はおむつポーチに一緒に収納する場所もあると思いますので、おむつと一緒にこちらも多めに持っていきましょう。

おしりふきは、おむつ替えだけではなくウェットティッシュ代わりとしても使えます。

赤ちゃんの手が汚れた時や、持ち物の汚れた場所をサッと拭きたい場面でも大活躍ですよ。

着替え

赤ちゃんの洋服,赤ちゃん,外出,持ち物

赤ちゃんはうんちが漏れてしまったり、吐き戻しをしたり、何かをこぼしてしまったりと服が汚れることが結構あります。おでかけの際には1セットはお着替えを持っていくと安心です。

また、赤ちゃんは自分で体温調節がうまくできません。羽織り物などもお着替えに入れておくと急な気温の変化などにも対応することができますよ。

ミルクセット

ミルクセット,赤ちゃん,外出,持ち物

ミルクを飲む赤ちゃんには、外出先でもミルクを作る必要が出てきます。ミルクを作るための粉ミルク、哺乳瓶、お湯、湯冷ましのセットも必ず持っていきましょう。

粉ミルクは飲む分だけ運べるケースや、スティックタイプ、キューブタイプとあるので、そういうものを活用すればかさばらずに持ち運びも楽です。

また、最近では授乳室にミルク用のお湯を用意しているところや、言えばお店でお湯をいただけるところもあります。

でかける前にそういう情報を調べておけば、お湯や湯さましを持っていく必要がなくなり、荷物を減らすこともできますね。

授乳ケープ

ストール,赤ちゃん,外出,持ち物

最近は授乳室が完備されている施設も多く、授乳ケープなしで授乳できる場所が増えてきました。しかし、授乳室の個室が満室でなかなか空かない場合もあります。

万が一の場合に備えて授乳ケープをひとつ入れておくと、赤ちゃんを待たせることなくおっぱい飲みたい時に飲ませてあげることができますね。

また、授乳室でも大きな部屋に椅子がたくさんあるだけのタイプもあります。

慣れない場所で、さらに周りがざわざわしていると、赤ちゃんも気が散ってうまくおっぱいを飲めないこともあります。

そういう時に授乳ケープを利用すると、赤ちゃんが安心することができます。

最近では授乳ケープとしてだけではなく、カーディガンやストールとしてママの防寒にも使える便利なものも売っていますよ。

ビニールの袋

ポリ袋,赤ちゃん,外出,持ち物

赤ちゃんとおでかけをすると、お着替えやおむつなどの汚れたものを持ち帰ることも多くなります。

ポリ袋、買い物でもらった袋、ジップロックなどの袋を持っていると便利です。ビニール袋ならば小さくたためるのでかさばりません。

他にも公園へ行った時にははっぱやどんぐりなどを入れたり、持っていると色々と使えますよ。

ガーゼハンカチ

ガーゼハンカチ,赤ちゃん,外出,持ち物

赤ちゃんはよだれが出たり、ミルクを吐き戻したりしたりと拭く機会が多くなります。

肌に優しいガーゼでできたハンカチを数枚持っておくと、赤ちゃんの肌を常に清潔にしてあげることができます。

急に必要になることが多いので、かばんでも出しやすい場所に入れておきましょう。

夏場は汗取りにも使えて便利ですよ。

お茶やお水

マグを飲む子ども,赤ちゃん,外出,持ち物

お茶や水などを持っていってどこでも水分補給ができるようにしましょう。持ち運びには、ふたがついていて漏れる心配もないストローマグがおすすめです。

お菓子を食べるようになった子どもには、一緒にお菓子も持っていくといいですね。

外出は抱っこひもがいい?それともベビーカー?

抱っこひも

抱っこひもで赤ちゃんを抱っこするママ,赤ちゃん,外出,持ち物

抱っこひものメリットは動きやすさです。階段も使えるので、エレベーターの有無なども気にせずに行動することができます。

また、両手が空くので荷物も持てます。(スリングの場合は片手になります。)

対面だっこをしていれば赤ちゃんの様子もずっと見ていられますし、赤ちゃんもママに抱っこされているので安心です。

ですが、抱っこひもでずっと抱っこしているのはママの肩や腰に負担がかかってきてしまいます。

長時間、長距離のおでかけ、ママがまだ抱っこに慣れていない新生児期には抱っこひもだけでは大変かもしれません。

ベビーカー

ベビーカーでおでかけ,赤ちゃん,外出,持ち物

離れた場所や荷物が多くなる時にはベビーカーが便利です。

お買い物で荷物がたくさんになっても、ベビーカーの下に荷物入れがありますし、100均で売っているフックを買えば、そこにさらに荷物をかけることができます。

赤ちゃんが眠たくなればそのままベビーカーで寝ることができます。長距離の移動もベビーカーを押すだけですので、ママの肩や腰に負担はかかりません。

ただし、ベビーカーはとても場所をとるので、混雑している場所ですと移動に苦労します。階段はもちろんエスカレーターも危ないので、上下の移動はエレベーターにしか乗れません。

ベビーカーを利用する際には、おでかけ前にエレベーターの有無や場所などを調べておくとスムーズに移動ができます。

出かける場所によって使い分けるのがベスト

抱っこひも、ベビーカーにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

そこで、おでかけ先までの移動手段、おでかけ時間、おでかけ先はベビーカーで移動しやすい場所であるか、どのくらいの荷物になるのか等を考えて、抱っこひもにするかベビーカーにするのか決めることがよいかと思います。

最近はベビーカーの貸し出しがある施設も多いので、大変な移動は抱っこひも、おでかけ先ではママが楽なベビーカーで移動ということもできますよ。

その他お出かけの際に気を付けること

いつ出発する?

赤ちゃんとおでかけ,赤ちゃん,外出,持ち物

赤ちゃんとおでかけする時は、機嫌のいい時間に出ましょう。比較的機嫌がよい時間が長い午前中や、ごはんを食べた後の機嫌のいい時がよいですね。

お昼寝する時間を見計らって移動するのもいいかもしれません。

感謝のきもちを忘れずに

「ここで泣いたらどうしよう...」
「急に大声をあげたらうるさいよね...」
など、赤ちゃんとおでかけすると、周りの視線が気になってしまうことがあります。

ベビーカーなのにエレベーターがなくて、どうしても階段を使わなくてはいけなかったり、エレベーターが満員で何度も見送ったりすることもあります。

そんな時に周りの方が助けてくれる時があります。なにげなく声をかけてくれる方もいます。親切にしていただいた時は感謝の気持ちを必ず伝えましょう。

まとめ

赤ちゃんとのおでかけは楽しいものですが、ママパパにとっては大変でもあります。

必要なものだけをバッグに入れて、なるべく荷物を軽く、そしてママパパに負担のない移動手段で快適におでかけができるといいですね。

素敵なおでかけをたくさんして、子どもとたくさん思い出を作りましょう!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP