赤ちゃんの眠りのために親ができる5つのこと

赤ちゃんの眠りのために親ができる5つのこと

Bu facebook
Bu twitter

お子さんが夜泣きした経験をきっかけに、子どもの眠りを研究するNPOを立ち上げた清水悦子さん。
清水さんオススメの赤ちゃんの眠りのために親ができる5つのことを紹介します。

赤ちゃんの眠りのために親ができる5つのこと

(1)生活リズムを整える

朝は光を浴び、日中は活動的に過ごしましょう。
起きてからの過ごし方が、夜眠くなる時間を左右します。

(2)携帯電話・DVD・パソコンは寝かしつけに使わない

「携帯電話を使ったほうがうちの子は寝てくれる」と思っているママもいるかもしれませんが、年齢があがり1~2歳になると、かえって興奮して眠れなくなることもあります。
携帯電話などで寝かしつけをされている場合は、なるべく早い段階でやめて、静かな寝かしつけ方法に切り替えましょう。

(3)寝かしつけるときは明かりを消す

明かりをつけるのはお世話をするときだけにし、なるべく暗い環境を心がけましょう。

(4)おやすみ前の行動を決めておく

赤ちゃんはそれぞれに寝る前のこだわりや、こうなったら寝るという予測をしながら生活をしています。夕方あたりからのおおよその「寝かせる流れ」を決めておくと、赤ちゃんも寝かされることを理解しやすくなります。そうすることで、寝かしつけの短縮にもつながりますよ。

(5)寝る前にスキンシップの時間をもつ

寝かせる前、5分でもいいので、静かにゆったりした時間をもちましょう。例えば、絵本の読み聞かせ、授乳、おしゃべりなどがオススメです。子どもが安心して眠れるために、スキンシップは大切ですよ。



どうしたらスムーズに寝かしつけられるの?

夜泣きの繰り返しは、成長に影響はあるの?

おっぱいがないと寝てくれない! どうしたらいい?

専門家オススメの寝かしつけ法は?


すくすくポイント

赤ちゃんの覚醒スイッチはおなか側にあった!

赤ちゃんの覚醒スイッチは背中ではなく、おなか側!!最新研究を紹介


これも知りたい!

暑いときの寝かしつけのコツ・工夫は?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP