海外ドラマ「フルハウス」が復活!「フラーハウス」からみる家族愛

海外ドラマ「フルハウス」が復活!「フラーハウス」からみる家族愛

Bu facebook
Bu twitter

「フルハウス」という海外ドラマをご存知でしょうか?きっと、現在30代から40代くらいのパパママには懐かしい方もいらっしゃるのではないでしょうか?

伝説の海外ドラマ「フルハウス」は、アメリカで1987年から1995年まで放送されていたホームドラマです。おしゃれな街サンフランシスコの家庭舞台に巻き起こる、とても楽しいコメディータッチのホームドラマです。当時同年代だったドラマの3姉妹と、アメリカの女の子のかわいいファッションと子ども部屋に憧れた方も多いのではないでしょうか。

このフルハウスの続編「フラーハウス」が2016年2月に始まり、定額制の動画配信サービスNetflixで閲覧が可能になりました。今改めてドラマ、フルハウスが話題になっています。今回はそんなフルハウスの魅力を分かりやすくご紹介して参ります。

フルハウスってどんな海外ドラマ?

男3人の子育て模様を描いたハートコメディ

出典:https://youtu.be/oz3c4Wyr-uw

海外ドラマ「フルハウス」は、本国アメリカでは、1987年から放送が始まり、日本では1993年より放送が開始されました。

コメディでありながら、家族愛を前面に出し、家族の問題、学校の問題などみんなで一生懸命乗り越えていく姿は国を超えて愛されるポイントでした。

ドラマの主人公は、妻を亡くした父親ダニーとその3人の娘、その家族を温かく見守る義理の弟とその親友。男性3人が力を合わせて育児をしていき、最初は、おませでわがままな三人娘に手を焼く男親たちでしたが、徐々に父親としての責任感に目覚めていき、より父親らしく共に成長していくお話です。

フルハウスの出演者たち

ダニー|3姉妹の父親 

フルハウス ダニー,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス

ダニーは、フルハウスの主人公のひとり。タナー家の大黒柱で、3人の娘の父親です。突然の交通事故で愛妻を亡くし、娘3人を男手で育てなければならなくなります。妻がなくなった後も、しばらく忘れる事が出来ずに結婚指輪を付けているほど。

職業は、テレビのキャスター。とても真面目で厳格な父親なのですが、仕事に子どもを持ち出すくらいの子煩悩で親バカです。続編でも変わらず「ダニー」として登場します。

ジェシー|3姉妹の叔父

フルハウス ジェシー,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス

「ジェシーおじさん」、「ジェシーおいたん」と子どもたちか慕われている第2の主人公。亡くなった妻の弟、ダニーの義理の弟にあたります。とにかくイケメンで、フルハウス初回当時は24歳だったそう。フルハウスファンには、ジェシーおじさんの根強いファンもいたほど。

劇中では、ダニーと一緒に子育てを助けつつ、ミュージシャンとして活躍。シーズン中盤ではメジャーデビューを果たし、ベッキーと結婚します。

父のダニーが子どものしつけに厳しいのに対して、ジェシーおじさんはとっても優しく、いつも子どもたちの味方。良き相談相手です。続編でも登場。その甘いマスクは健在です。

ジョーイ|父の親友

フルハウス ジョーイ,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス 出典:ciatr.jp

第3の主役のジョイ。ダニーの小さいときからの親友で幼馴染。子ども番組の司会をするほどの子ども好きで、ラジオやテレビ番組でコメディアンとして活躍しています。夢は世界一のコメディアンと豪語しているだけあり、様々なコメディの仕事を手掛けている人気者です。

ジェシーとは親友であり、ビジネスパートナー。のちに一緒にラジオ番組を手掛けることになります。また、ダニー家の中に居候していて、仕事の傍ら、ダニーとジェシーと一緒に子育ての手伝いをしています。同じく、続編でも登場します。大人になった子どもたちの良き父親代わりです。

DJ|3姉妹 長女

フルハウス DJ,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス

3人娘の長女。フルハウスの当初は10歳。ドナ・ジョー称してDJと呼ばれている。とてもしっかりしていて妹たちの良き相談相手です。服装もいつも大人びていて、格好いいスタイルが多いDJ。

頭もよくて、活発でスポーツも得意。ただ、ボーイフレンドがほしすぎて空回りしてしまい、妹からからかわれることも多い、今どきの女子なところも。

続編では主役を演じ、獣医として仕事をこなしながら、3人の息子を育てるシングルマザーを演じます。

ステファニー|3姉妹 次女

フルハウス ステファニー,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス

おしゃべりでとても明るい次女ステファニー。フルハウス当初は5歳。次女によくありがちな、明るく元気だけれど、長女を意識してちょっと生意気で勝気な性格。

それが災いして、長女のDJとはしょっちゅう喧嘩している。だけど、部屋をシェアしたり、悩み相談したりと本当はとても仲良し。スポーツ万能で、とにかく活発な女の子です。

続編では夫を亡くして悲嘆にくれる姉のDJを支える、パワフルなミュージシャンを演じます。

ミシェル|3姉妹 三女

フルハウス ミシェル,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス

3人娘の末っ子。フルハウス当初はなんと生後9か月でした。母親がいないのを不憫に思う周囲から、一番かわいがられるミッシェル。そのお陰なのか、次女ステファニーの影響からなのか、とてもわがままに成長します。

とにかく表情が愛くるしく人見知りしない性格から、だれからも愛される存在。パパのダニーよりもジェシーおじさんととても仲が良くて、パパにも嫉妬されてしまうほど。

今やファッショニスタである、オルセン姉妹が演じていたミッシェル。双子のオルセン姉妹ですが、ミッシェル役を交互に演じていました。続編では登場しないことが決まっているそうで、なんとも残念ですね。

キミー|長女の親友

いつも奇抜なファッションで登場するお隣さんのキミー。DJの幼馴染で親友です。とにかくいつも原色系の不思議なファッションで登場し、DJと比べるとすごくよく目立っています。ステファニー同様とっても早口で饒舌。だからなのか、2人はよくケンカしています。

あと彼女の特徴はなんといっても足のにおい。とても臭いらしく、近所の靴屋さんから警戒されているほどだそう。そして、トラブルメーカーの彼女は、よく物を壊しては逃亡しています。

ですが、頭が良くて面倒見のいいDJのことはとても尊敬して、良い親友です。フルハウスの続編でもDJの良き相談相手として登場しています。

続編では、会社を経営するパワフルウーマンを演じ、夫と別居してフラー家に居候に娘とやってくるお騒がせな隣人として登場します。その迷惑キャラは健在です。

レベッカ|叔父の恋人

フルハウス レベッカ,フルハウス,海外ドラマ,フラーハウス

愛称ベッキー。とても美人で聡明な女性。テレビキャスターを務めていて、ジェシーおじさんの猛アタックで物語の中盤で結婚します。

男3人では解決できないナーバスな3姉妹の問題にも乗ってあげる良きお姉さん的存在です。フルハウスの物語後半では、2人の子どものママになっています。

続編では、すっかり落ち着いた二人息子の母として登場。夫ジェシーとは相変わらずラブラブです。

復活版は「フラーハウス」

大人になったDJが主人公!姉妹が3人息子を育てるコメディー

出典:https://youtu.be/Ua2-O2X8YDk

2016年の今年、新たにフルハウスが進化して戻ってきました。それが、この「フラーハウス」です。フラーとは、前よりもさらにいっぱい(比較級のer)という意味と、DJがフラーさんと結婚して変わった名前を意味します。そう、今回の主役は長女のDJなのです。

しかしながら、なんとも不幸な巡りあわせで、消防士として活躍していたDJの夫が、火災事故で殉職してしまいます。DJは3人の息子を女手一つで育てることになってしまうシングルマザーとなり戻ってきます。そして、そんな孤軍奮闘にそっと手を差し伸べる、次女ステファニーとパパ3人衆。

そして、お隣のあのうるさい幼馴染も忘れてはいけません。なんと、キミーもシングルマザーになって戻ってきていたのでした。(彼女の場合は、別居してシングルマザーになっています)そして、奇妙な共同生活がスタートするのです。

今回3姉妹の末っ子ミッシェルは、ニューヨークにいるため登場しませんが、3姉妹の穴をキミーが見事に穴埋めして出演しています。

パパたち3人衆は、みんな老いを感じさせない若々しいままで、ジェシーおじさんの息子たちも立派なティーンとして登場します。そして、ジェシーおじさんの妻ベッキーへの愛も健在です。

懐かしくもあり、新たな顔ぶれに楽しくもあり、まだ始まったばかりのフラーハウス、Netflix (ネットフリックス) にて2016年の2月に配信が始まったばかり。まだまだ話題に間に合う新作ドラマです。

まとめ

今回懐かしのフルハウスを簡単にご紹介しました。フルハウスはNHKやディズニーチャンネルで長年愛された、とても長いシーズン描かれたホームコメディードラマです。

今回新たに始まった「フラーハウス」は、有料配信のネット番組なので、パソコンやタブレットから好きな時間に視聴できるのがテレビと違って見逃すことがないのでありがたいですね。

もちろん、「フルハウス」も全8シーズンがNetflixで配信されていますので、この春からタナー家と、新たに始まったフラー家にどっぷりはまってみてはいかがでしょうか?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP