ランドセルを購入するとき、子どもに選ばせた?親がチョイスした?

ランドセルを購入するとき、子どもに選ばせた?親がチョイスした?

Bu facebook
Bu twitter
6月も終わりになる頃から、店頭にはピカピカのランドセルコーナーが目立ってきますよね。

お子さんが6年間使う「ランドセル」。

カラフルな色や各メーカーごとに特徴があって、迷ってしまいがちですが…

みなさんの場合は、誰がランドセル購入を決めましたか?


■使うのは子ども!子どもに任せた
『子どもが6年間使う物だから、子どもに選ばせたよ。嫌になったらカバーつければいいし。』
『不満があるものだと大切にしないし、(勝手に決められて)嬉しい気持ちが半減したら可哀想だから、子どもに任せた。』
『丁度お手頃価格のが欲しい!って言ってくれたから即決(笑)』
「子どもが使うものだから、子どもに決めさせた」という意見が多く挙がっていました。
デザインも価格の面でも親の意見と合うものを選んでもらえたらラッキーですよね。
■多少なりとも親が誘導した
『素材、色(ピンク系か赤系)デザイン(刺繍が少なく派手じゃないもの)と多少こだわった。最終的に子供に選ばせたけど、かなり誘導した。』
『工房を選んで、その中のランドセルから選ぶようにした。色のバリエーションが少ないから、どれを選んでも私は納得できると思ったので。』
『私がブラウンにしたかったから、一番初めにパンフレットのブランウンを見せた。案の定、「ブラウンがいい!」と言った。』
『色とかは六年間使うんだから、ラメラメのランドセルとかやめさせた。』
「子どもに任せた」と同じくらい、「多少親もこだわった・口を出した」という意見も多く挙がっていました。ポイントは「強制したと思わせない程度の誘導」のようです。
■うちはかなり親がこだわった!

『六年間使うから、色合いや、価格、メーカーやブランド、大きさ、デザイン、壊れにくさ、万が一壊れた時の修理の利便性とか、全部こだわった。』
『今時の派手なやつがダサく感じて、子どもに選ばせるのは無理でした。ミキハウスの黒を勝手に購入しました。』
『どうしてもディズニーリゾートのランドセルが良くて、プレミアムは限定200個だったから、予約開始日にその為だけに遠方からランドへ行った。可愛いし、たぶん誰ともかぶってない。』
image
「気に入ったものでないと大切に使ってくれないから、子どもの意見を尊重する」というコメントもある一方で、「人とかぶらないものを与えたい」「親がこだわったものを選んで与えた」という声も。

お子さんの意見を尊重したくても、成長とともに子どもの好みが変わってくる可能性もありますよね。数年先を見据えて口を出したくなる気持ちも理解できます。

あなたはお子さんのランドセルを購入する際、お子さんに選ばせましたか?

それとも、親が選びましたか?
image
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP