子どもが盛り上がる!親子クッキング(1)居酒屋メニューで盛り上げる!

子どもが盛り上がる!親子クッキング(1)居酒屋メニューで盛り上げる!

Bu facebook
Bu twitter

居酒屋メニューで盛り上げる!

子どもはお子様ランチのような洋食よりも、和食の味の方が好きです。
「困ったときの居酒屋めし!」
じゃがバターや枝豆、揚げ出し豆腐、焼き鳥など、居酒屋のメニューにあるような料理は、子どもの大好物です。
メニューに困ったときは、居酒屋のホームページでメニューを検索して作ってもいいですね。


子どもが盛り上がる!親子クッキング(1)居酒屋メニューで盛り上げる!

講師: コウケンテツ(料理研究家)
2人の子どものパパとして、子どもの食事に悩んだ経験をもつコウケンテツさん。
今回は子どもの食が進む工夫や、親子で楽しめるレシピを紹介します。

手羽元とうずら卵の甘辛煮

甘辛味で煮込んだ居酒屋風メニューに挑戦!

手羽元とうずら卵の甘辛煮

<材料>大人2人分

▼具材用
・鶏手羽元 10本
・うずらの卵 10個
・しょうゆ 大さじ2
〔下準備〕
うずらの卵:あらかじめ茹でて冷ます。

▼煮汁用
・水 2カップ
・酒 1/4カップ
・みりん 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・しょうがのうす切り 2~3枚

<つくり方>

(1)鶏肉の下ごしらえをする。
フォークで、鶏肉の骨の近くを、数箇所刺していきます。
片面を刺したら裏返して、反対の面も刺していきましょう。
子どもがフォークで手を刺さないように、気をつけてください。

〔POINT!〕
鶏肉は数箇所刺しておくと、火が通りやすくなり、お肉が柔らかくなります。また、骨の近くを刺すことで、骨から身が外れやすくもなります。

(2)うずらの卵の殻をむく。

(3)鍋に煮汁の材料を入れる。
まず、鍋に水を入れます。
次に、砂糖、みりん、酒、しょうがのうす切りを入れ、混ぜ合わせます。
そして火にかける前に、鶏肉を入れましょう。

〔POINT!〕
骨付き肉は、お湯が沸騰してからではなく、火にかける前に鍋に入れましょう。そうすることで、だしがでて美味しくなります。

(4)鍋を火にかける。
ひと煮立ちすると、アクがでてきます。アクには鶏の臭みがあるので、しっかり取りましょう。

(5)落としぶたをする。
アクを取ったら落としぶたをして、弱火で15分ほど煮ます。

(6)うずらの卵としょうゆを入れる。
落としぶたを取ったら、うずらの卵としょうゆを加え、中火にして煮詰めます。
煮汁が少なくなってきたら、完成です。

鶏のだしがたっぷり出た、子どもが大好きな味付けです。
ぜひ試してみてください。


同じ週に放送された番組記事

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP