ママたちにも愛用者が急増中?! 「カーリース」が選ばれる3つの理由

ママたちにも愛用者が急増中?! 「カーリース」が選ばれる3つの理由

Bu facebook
Bu twitter
子どもの習い事の送り迎えや、雨の日の買い物など、子育て中のママこそマイカーがあればとても便利です。でも、車を購入するとなると「負担が大きいな」と思うことも。

© beeboys - Fotolia.com


そこで、車を一定期間借りられる、「カーリース」に注目してみました。ライフスタイルに合わせて有効に活用できるカーリースを紹介します。

■必要な時間に合わせて利用できる

子育て期間中だけでも車が欲しい、と思っているママも多いのではないでしょうか。

でも、いざ購入するとなると、ローンの手続きの手間や、毎年の自動車税、2年に1回の車検などの出費もあって、なかなか手が出せない。

しかし、カーリースなら、そんな面倒な手間や大きな出費がなくても、気軽に車を利用することができます。

カーリースは月々の支払いだけで一定期間、自分が選んだ車を自由に乗れるシステムです。レンタカーは時間、日、月単位の短期間でのレンタルになりますが、カーリースは2年、5年、7年など長期間で借りることができます。

ですので、忙しい育児期間中や、転勤が多い家族、結婚を機になど、ライフスタイルに合わせて気軽に利用できる便利なサービスです。

私の周囲では、2人目や3人目の出産、子どもが習い事を始めた、私立小学校への進学を機に、カーリースを始めたママ友が多くいます。

また、レンタカーの場合は「わ」ナンバーですが、カーリースは一般車両と同じで区別されません。ママ友から話を聞くまでリース車だったとはまったく気が付きませんでした。

■多彩な車種がラインアップ

レンタカーを扱う会社では、ほぼカーリースを提供しています。ママ友の多くが利用するカーリース会社の場合は、国産メーカーの全車種がそろっていて、その中から自分が乗りたいクルマを選べるので人気があります。

燃費の良い車を選んだり、デザイン性や気になる限定車をチョイスする人も。最近テレビCMが流れている新しい車も続々ラインアップされるので、短期間で乗り換えているママ友もいます。

■新車が月1万円からリース可能!? 

カーリースの経済的なメリットは、毎月一定の支払額に車両の本体価格から税金、自賠責保険料などまで、諸経費用が含まれていることです。

契約内容によっては車検やエンジンオイル交換が無料になるプランもあるので、毎月のリース代とガソリン代、駐車場代だけで車のある快適な生活を手に入れることも可能です。

気になる料金ですが、リース会社によっては月々1万円代からあります。新しい車種や排気量が大きくなればその分、高くなりますが、車種が豊富にそろっているので、いろいろと比較検討してライフスタイルに合った自分好みの車種を選ぶことができます。

あきらめていた「車のある生活」が、身近になるカーリース。友だち家族を誘っての週末のアウトドアや、ママ友とのちょっとした遠出ランチなど、楽しみ方も広がりますね。
 
 
(今日子)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP