[海遊館]世界の海を子どもと探検!サメやエイにも触れてみよう|大阪府

[海遊館]世界の海を子どもと探検!サメやエイにも触れてみよう|大阪府

Bu facebook
Bu twitter

おでかけ先を考える時、子どもにどんな経験をしてほしいと思いますか?「学びになる」「からだを動かせる」「とにかく子どもに喜んでほしい」… ?

そんな、子どものために一生懸命おでかけ先を探しているママパパへ。「記憶に刻み込まれるような体験」「ワクワクできること」がたっぷりの水族館、海遊館をご紹介しましょう。

水族館で探検?サメにさわれる?8階建のビル?今までの水族館ではありえなかった驚きと体験が満載です。

日本一!広い館内に暮らす水辺の生きものに夢中

前代未聞!フロア8階ぜーんぶ水族館

海遊館の外観,大阪,水族館,海遊館

日本最大級を誇る広さの海遊館は、めずらしいビル8階建ての水族館。

入館するとまず目に飛び込んでくるのは、トンネル型の水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」です。海遊館探検はここからスタート!

海遊館アクアゲート,大阪,水族館,海遊館

11m続く水のトンネルをくぐると、四方八方を泳ぐ色鮮やかな魚たちや大きなエイが私たちを歓迎してくれているようです。

トンネルを抜けたらエスカレーターでいっきに、最上階となる8階「日本の森」まで上がります。そこからゆるやかなスロープに沿って上から下へ、ぐるぐる回りながら生き物たちを観るのが、海遊館をたのしむお約束ルート!

さあ、どんなわくわく体験が待っているでしょうか?

横から見る?下から見る?吹き抜けの水槽

海遊館の吹き抜けの大水槽,大阪,水族館,海遊館

8階「日本の森」から始まる見学は、「アリューシャン列島」「南極大陸」「グレート・バリア・リーフ」など、世界中の海の名が付けられたゾーンへと進んでいきます。それぞれの地域で暮らす魚はもちろん、アカハナグマやカピバラといった水辺で暮らす動物もお目見え。

ここで海遊館のヒミツをひとつ。実は海遊館の各ゾーンの場所は、世界地図の海の位置と対応しているんです。世界地図を思い浮かべながら、それぞれの海で暮らす生き物や環境をリアルに感じられるように、こんなつくりになっているんですよ。

海遊館のつくり,大阪,水族館,海遊館 出典:www.kaiyukan.com

さて、館内を進んでいくと「太平洋」と名付けられた、大きな水槽が中央に見えてきます。こちらはフロアにまたがる、吹き抜けの水槽!

上から、横から、そして下から、自分がいるフロアによってぜんぜん違う景色が広がります。この「太平洋」で出会える海遊館の主役は、ジンベエザメです。

大きな大きな水槽の中を、ゆったりと泳ぐジンベエザメ。子ども達は、水槽にひっついて夢中になって見ています!

優雅に泳ぐジンベエザメ,大阪,水族館,海遊館

小さい子でも楽にぐるぐる観られるバリアフリー設計

海遊館は、このようにスロープに沿って世界の海を見られる設計になっています。段差が少なくてゆるやかな坂なので、小さいお子さんもぐるぐる楽しく歩きながら見学できるようになっています。

また海遊館の中には、授乳室やおむつ替えスペースも完備されているので、赤ちゃんの水族館デビューにもおすすめです。赤ちゃんたちもゆらゆら泳ぐ魚たちを、じっと見ていますよ。

この記事に関連するリンクはこちら

海遊館を「たんけん」しよう

”海遊館探検隊” 小さな子はスタンプ探しのたんけんへ!

海遊館のすたんぷノート,大阪,水族館,海遊館

海遊館では、お子さまにもっともっと楽しく海の生きものに親しんでもらえるよう、2つの”ノート”を用意しています。このノートを持てば、”海遊館探検隊”になれます!

幼稚園くらいまでの小さな子には「すたんぷノート」がおすすめ。ノートに書かれたヒントと生きもののシルエットを頼りに、館内にある11個のスタンプを集めましょう!

かわいいネックストラップがついたノートを首から下げて、スタンプを探しながら生き物のことを知ることができるノートです。ママパパも一緒に楽しんでくださいね。

小学生になったら「たんけんノート」を手に出発!

海遊館のたんけんノート,大阪,水族館,海遊館

お子さんが自分で絵や字を書けるようになったら「たんけんノート」がおすすめ!”たんけんくん”からの挑戦状を元に、さまざまな生き物たちに関するクイズに挑戦!

例えば「カワウソの目・耳・鼻はどこについてる?絵に書き入れてみよう」「アシカとアザラシ、どこが違うかな?発見した違いを書き入れよう」なんて挑戦状が盛りだくさん。

答えは、海遊館で暮らす生きものたちをよーく観察すると見えてきますよ。子ども達の好奇心、探求心、観察眼を刺激するノートでもっと海の世界に親しんでもらえたら、そう思っています。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

近い!さわれる!感じる!「新体感エリア」

サメに触ろう、エイに触ろう

新体感エリアでサメ、エイにタッチ,大阪,水族館,海遊館

海遊館の新名物が「新体感エリア」。”水族館=観る”という概念をくつがえす、見て、聞いて、触って、におって、感じる、五感で海を感じられるエリアです。

子ども達に大人気なのはサメやエイにタッチできる、ふれあい体験水槽です。かまれないのかな?サメってどんな感触?不思議そうに、少しおずおずと手を伸ばす子ども達、みんなわくわくしています!

☆新体感エリアの魅力!☆
生命と環境にもっと近く- 新体感エリア -

ペンギンの息づかいや毛並みまでわかる近さ

イワトビペンギンがこんなに近い,大阪,水族館,海遊館

イワトビペンギンが、ものすごーく近くで迎えてくれるのは、新体感エリアのフォークランド諸島水槽です。

手を伸ばせば届きそうなくらいの距離なので、ペンギンたちの目の動き、毛の様子、におい、足音まで聞こえます。

くるくるといろいろな表情を見せてくれるペンギンを見ながら、子ども達もにこにこです!

アザラシの世界に仲間入り!

ワモンアザラシを下から見られる天井水槽,大阪,水族館,海遊館

最後にご紹介するのは、ワモンアザラシが暮らす北極圏の新体感エリアです。実際にアザラシ達が暮らす寒さを感じながら、目の前で水の中から顔を出すかわいいアザラシとご対面!

見上げると、天井が水槽になっていて、そこからアザラシが姿を見せてくれる体感エリアもありますよ。くりくりした目のお顔はもちろん、普段見ることのないお腹も。

子どもはもちろん、ママパパもアザラシファンになっちゃうかも?

ワモンアザラシのかわいい顔,大阪,水族館,海遊館

イベントも盛りだくさん!

開催間近!天保山 春のこどもワークショップ

2016年3月19日~21日の連休には、天保山 春のこどもワークショップが開催されます。

おもしろくてためになる実験科学を体験できる「サイエンスショー」や、バルーン教室、ジャグリング教室といった6つの遊び体験ができる「パフォーマーズワークショップ」が開かれます。

☆イベント情報☆
天保山 春のこどもワークショップ

会場は海遊館からでてすぐのマーケットプレースです!参加するとオリジナル缶バッジがもらえるワークショップも!海遊館見学の前後に、ぜひこちらでもわくわく体験してくださいね。

この記事に関連するリンクはこちら

毎日開催!生きものたちのお食事タイム

海遊館の生き物たちのお食事タイム,大阪,水族館,海遊館

海遊館では、より身近に生きものたちのリアルな生活を見ていただくために、13種類の「お食事タイム」プログラムを用意しています。

「お食事タイム」は毎日開催!カワウソ、ラッコ、アシカ、ペンギン…といった海の人気者のお食事が見れます。さらに、アカハナグマやカピバラといった、少しめずらしい動物のお食事も見れますよ。

また、生きもののお食事タイムにあわせて、専門のガイドや水槽の中の飼育係員が楽しく解説してくれる「スポットガイド」も開催しています!スポットガイドは毎日開催しているものと、平日のみ開催のものがあります。

★お食事タイムの時間をチェック!★
生きものたちのお食事タイム

海の生きものたちも自分たちとおなじように、ご飯を食べ、生きている。そんな当たり前なようで大切なことを子ども達に感じてもらいたいですね。

親子で参加!おとまりスクールとナイトツアー

,大阪,水族館,海遊館

海遊館では、他にもレアな体験ができるイベントをいろいろ開催しています!

「おとまりスクール」「幼児とおとまり」は、なんと水族館に泊まれるイベント。4歳以上の子どもと保護者が参加できます。不定期で開催しているので、ぜひチェックしてくださいね。

夏休みには「夏休みこどもナイトツアー」が開催される予定です。普段はおうちに帰っているような時間帯、水族館の生きものたちはどうしているんだろう?何時に寝るの?

そんな好奇心にお応えできる、夜の海遊館を特別公開する限定イベントです。2016年は8/6、7、20、21、27、28に開催予定ですよ。

毎年大人気の「おとまりスクール」と「ナイトツアー」は、いずれも事前応募制です。特別な時間の特別な体験をしにいらしてくださいね!

この記事に関連するリンクはこちら

海遊館グッズでおうちでも水族館ムードを楽しんで!

見学の後には子ども達のお楽しみ、おみやげタイム!

海遊館オリジナルグッズを扱うオフィシャルショップでは、小さな子に大人気の、ジンベエザメやイルカのぬいぐるみ、パパもはまりそうな海遊館オリジナルの海の生き物ナノブロックなどが人気です。

「座・海遊館」フィギュアストラップ (ガチャガチャ)

,大阪,水族館,海遊館

海遊館オリジナルのガチャガチャもあります。海遊館で暮らす生き物たちがフィギュアストラップになっていて、カクレクマノミ、カワウソ、もちろんジンベエザメも!どれもかわいいので、一回は回す価値あり、です。

ジンベエザメってどうやって海遊館にきたの?

ジンベエザメのはこびかた (ほるぷ水族館えほん),大阪,水族館,海遊館 出典:www.amazon.co.jp

こちらは、海遊館にまつわる絵本。海遊館に暮らす、大きな大きなジンベエザメ。だれがどうやって運んだんだろう、と思いませんか?

海の生きものやジンベエザメに興味をもってくれたお子さんや、ママパパにも、ぜひ読んでいただきたい1冊です。こちらはミュージアムショップはもちろん、書店やAmazon等でもお買い求めいただけます。

この記事に関連するリンクはこちら

【読者プレゼント】海遊館の入館チケットとオリジナルグッズをセットでプレゼント!

プレゼント,大阪,水族館,海遊館

そして、今回はcozreマガジン読者のみなさまに、海遊館の入館チケットとオリジナルグッズをセットで3名様にプレゼントします!

セットの内容
1. 海遊館 入館チケット : 2枚
2. 海遊館オリジナル ジンベエザメぬいぐるみ : 1つ
3. 海遊館オリジナル かいゆうくんメモ帳(非売品)とワモンちゃんメモ帳(非売品):1つずつ

まとめ

ぐるぐる回りながら見ていると、いつの間にか海の世界に夢中になれる空間、それが海遊館です。子ども達に、楽しく学んでもらえる工夫を凝らしていますので、ぜひ家族でいらしてくださいね。

海遊館で暮らす生きものたちは、いつでもみなさんのことをお待ちしています!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP