とびきり主役になれる!簡単バースデークラウンの作り方

とびきり主役になれる!簡単バースデークラウンの作り方

Bu facebook
Bu twitter


お誕生日会などで主役感を味わうなら「バースデークラウン」がおすすめです。お誕生日を迎える本人が作るもよし、お友達が作るもよし、パパやママで作るもよし! キラキラで目立って、いかにも主役になれるバースデークラウンをつけているだけで、子どもから大人までテンションがあがること間違いなしです。お誕生日会が終わった後は、崩して折りたたみ取っておくこともできるので、毎年の記念に残しておいてもいいかもしれません!

■バースデークラウンの作り方

必要なものは板紙(光沢のあるもの)・ハサミ・大き目のクリップ・ボンド(のり)・テープ・装飾品です。板紙にギザギザを書いていきハサミで切ります。端同士をボンド(のり)かテープで貼ります。ボンド(のり)でつけた場合は固定した部分が乾くまで取れやすいので、クリップで固定しておきましょう。あとはリボン・デコパーツ・ラインストーン・レース・ボンボン・グリッター・スパンコールなど、付けたいものを思いきりつけるだけです!キラキラしたものをたくさんつけるのがおすすめでとっても派手で可愛い王冠になりますよ。

■板紙以外でも作れる!

板紙がすぐに用意できない人や、雰囲気を変えたい人にはモールやワイヤーがおすすめです。キラキラとしたモールで王冠の形を作ってあとは好きに装飾するだけなのでこれもとっても簡単に作ることができます。また、ミニバースデークラウンとして固めのフェルト・またはフェルトにボンドを塗って固めても可愛いですよ。ちょこんと乗ったバースデークラウンはお誕生日以外にも使えそうですよね。

■お誕生日会を盛り上げよう!

お誕生日である主役にはバースデークラウンを、他の人には王冠に使ったものの装飾品をちょっとつけたキラキラのバッチをつければもっと一体感がでます。作り方は、土台に板紙やフェルト、その上にたっぷりボンドをつけて好きに装飾するだけ! 安全ピンなどをつけてもいいのですが、ちょっと危ないなと思ったらテープでつける形にするといいでしょう。お誕生日会にきた人のちょっとしたお土産にもなるので、盛り上がる上に思い出に残ります。

 

誕生日は1年に1度しかない大切なものなのでとびきり楽しみましょう!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP