今年で40歳。介護保険の支払いはいつから開始?

今年で40歳。介護保険の支払いはいつから開始?

Bu facebook
Bu twitter

年を取りたくはないけれど、来月私も40歳。そういえば、40歳になると介護保険の支払い対象になってしまうような……実際のところ、いつから・どれくらい支払わなければいけないの?家計のやりくりのためにも、あらかじめ把握しておきたいな。

今回は、必ず知っておきたい介護保険制度についてのコラムです。

■そもそも介護保険とは?

みなさんは、介護保険という制度を耳にしたことはありますか?
平成12年4月からスタートした制度です。40歳になると、被保険者として介護保険に加入することになります。実際に運営しているのは、皆様がお住まいの市区町村となります。高齢化が進んでいる現状を考えると、ますます給付が増えることが予想されており、現在では介護にならないための予防により力をいれています。

では、実際に介護保険の中身を見ていきましょう。40歳~64歳までの方と、65歳以上の方とで受けられるサービス内容が異なります。
40歳から64歳までの方は、特定疾病により介護が必要と認定された場合、介護サービスを受けることができます。
厚生労働省のHPによると、現在では、末期がんや脳血管疾患、認知症など16種類の疾病が認められています。
一方、65歳以上になると、市区町村の実施する要介護認定において介護が必要と認定されれば、原因を問わず介護サービスを受けることができます。
厚生労働省のHPによると、介護保険上では、介護が必要なレベルに応じて以下のように分類されています。
 

要支援者 要支援1、要支援2
要介護者 要介護1、要介護2、要介護3、要介護4、要介護5


いずれも、数値が大きくなるほど介護の必要度が増します。そして、介護保険で利用できるサービスは、以下のように介護度のレベルに応じて異なります。

・要支援1~2と認定された方は「予防のためのサービス」
・要介護1~5と認定された方は「介護のためのサービス」

基本的に、介護保険サービスを利用した場合、利用者負担はサービスにかかった費用の1割で済みます。(ただし、一定以上の所得がある場合は2割です)
健康保険の自己負担が3割ということを考えると、一見すると充実しているように見えますが、実は注意が必要です。要介護の認定レベルに応じて、1カ月当たりの利用上限額が決まっています。そして、限度額を超えてしまうと、超えた分は全額自己負担となります。

【要介護の認定レベル別、利用上限額】
 

認定レベル 利用上限額
要支援1 50,030円
要支援2 104,730円
要介護1 166,920円
要介護2 196,160円
要介護3 269,310円
要介護4 308,060円
要介護5 360,650円

■介護保険の支払いはいつから?どうやって支払うの?

会社員の方は、介護保険料を給与天引きで支払うことになりますが、いったいいつから徴収されるのでしょうか?
答えは、「誕生日の前日の月」です。たとえば、誕生日が7月10日の方がいたとします。この場合は、前日が7月9日なので、誕生月と同じ7月から徴収となります。

では、誕生日が1日の方はどうでしょうか。
先ほどの例にならって考えると、7月1日が誕生日の方は、前日が6月30日となりますので、誕生月とは異なる6月から徴収となります。誕生月ではありませんので、特に誕生日が1日の方はご注意ください。

なお、給与天引きされる場合、当月の介護保険料を翌月に天引きすることが多いようです。つまり、7月の介護保険料は、8月に天引きされるということです。処理方法は会社によって異なるので、ご自身のお勤め先に確認してくださいね。

■介護保険の負担額とは?

介護保険に加入した場合、どの程度の額を天引きされるようになるのでしょうか?40歳~64歳までの方と、65歳以上の方とで算出方法が異なります。
40歳~64歳までの方の場合は、加入している健康保険組合によって異なります。一例として、
協会けんぽの保険料率をご紹介しましょう。協会けんぽの介護保険料率は、定期的に見直しがされています。平成27年4月からは、1.58%となっています。これを労使折半しますので、実際の個人負担分は、0.79%となります。仮に、給料が30万円だった場合、2,370円となります。なお、ボーナスにも同様にかかってきますのでご注意ください。

一方、65歳以上の方の場合は、市区町村で保険料率を決めています。たとえば、東京都世田谷区の場合は所得に応じて保険料を決定しています。

では、専業主婦の方の場合も40歳になると介護保険料を支払う必要はあるのでしょうか?

ご安心ください。答えは、NOです!
健康保険料同様、専業主婦の方は支払う必要はありません。

高齢化の関係で、私たちも利用することになるであろう介護保険。将来的には、まだまだ紆余曲折ありそうです。現状を知っておくことも大事ですが、今後どのように変わっていくのかもしっかりチェックしておく必要がありそうですね。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP