発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?

Bu facebook
Bu twitter

授業参観で10年前は想像できなかった娘の成長を実感。

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=28174007541

発達障害の娘は現在小学6年生。今年の授業参観日では、国語の授業で詩を創作し、発表していました。それを見た私は、「こんなことまでできるようになったのか」と感心しました。

なぜなら10年前には、今の姿を想像することすらできなかったからです。

娘の成長が気になったのは、2歳頃でした。言葉が出始めるのが遅く、コミュニケーションも、ほとんどとることができませんでした。多動もあり、いつも自分の好きに行動していました。

その頃から療育にも通っていましたが、落ち着きなく自由奔放な行動を見て、果たして療育の効果はどれほどなのか?とよく不安になったのを覚えています。

診断後、療育を家でも取り入れた。最初は上手くいかなかった

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10367002394

療育施設に通いだした頃、娘はなかなか着席ができず、座ってもすぐに立ち歩いていました。

この頃ほぼ同時期に、ABAという行動分析を家庭に取り入れている、親の会に入りました。そこで受けたアドバイスは、子どもの楽しさや主体性をとても大事にしたものでした。

私は、このアドバイスを参考に、親の指示通りに椅子に座る練習を、取り入れてみることに。

しかし、これまで自分の好きに立ち歩いていた娘。急に「座って」と言っても座ってくれません。座ることが嫌にならないよう、好きな遊びの最中、機嫌の良いときにイスに座らせてみました。

しかしすぐ立ち上がるため、娘の膝を少しだけ押さえるなどの補助を入れましたが、やはり立ってしまいます。

それでも、遊びの合間の短い時間、「座って」「立って」の声掛けのタイミングと同時に、体を支える補助を何度も繰り返しました。

最初はなかなかできませんでしたが、根気よく続けた結果、2ヶ月ほど経って徐々に指示を理解し、着席ができるようになってきました。

しかし、座っていられる時間はまだまだ短いものでした。

まずは「机に向かう練習」から、楽しんで取り組めるように

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10250006159

年長になり、小学校への就学を視野に入れた私は、長時間机に向かって座っていられることを、目標にしました。

これは、長時間の着席が目標なので、着席している間に飽きて集中が途切れないよう、娘の好きなおもちゃやゲームなどを活用し、遊ぶことにしました。

しかし、娘1人の遊びではすぐ飽きてしまうかもしれない。そこで、私も一緒に娘と遊ぶことにしました。

着席の練習と同様、娘が機嫌の良いときに、15分程度から取組みました。また、学校での学習にも慣れるよう、興味の低い活動でも少しずつ練習しました。

この時も、集中ができるだけ続くよう、合間に娘の好きなお絵描きの時間を挟むなど、していました。

この方法は娘には合っていたようで、着席できる時間は、少しずつ増えていきました。

小学生になり、集団参加も安心…と思いきや

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10230001574

指示や場面に応じて着席することや、長い時間座ることに慣れてきた娘。

しかし、いざ就学すると、今度は別の問題が生じてきました。それは、みんなが手を挙げるのを見て、解からない問題でもつられて手を挙げてしまうことでした。

そんなとき、娘の「聞く力」を伸ばしたのはフルーツバスケットだった

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=10417000548

この問題を療育の先生に相談したところ、「指示の聞き分けを、ゲーム感覚で練習してみましょう」とアドバイスをもらいました。

さっそく家で練習です。フルーツバスケットの応用で、方法は簡単です。

・家族4人(2人以上が良いです)で、それぞれ違う種類の果物を持ちます。

・司会の人を決め、その人に「みかんを持ってる人~?」と聞いてもらい、実際に持ってる人だけが返事をして手を挙げます。

・手に持つのは、子どもが理解していれば、果物でなくても構いません。参加人数が多ければ、何名かは同じ種類を持った方が、より実戦向きかもしれません。

最初は、授業中と同様に戸惑いながらも、周囲と一緒に手を上げていた娘。

間違えたときには「あれ?今はみかんだっけ?」など、司会が言った言葉を確認できるような声かけをすると、娘も自分で間違いに気付けるようでした。

このゲームも、学習というよりは、ちょっとした息抜きの時間に、遊ぶ感覚で取組んでいました。このような時間を家族で楽しみながら、繰り返していくうちに、少しずつ指示の聞き分けができるようになっていきました。

子どもが学ぶことを楽しめるように

発達障害と診断後、子どもの成長のためにはどう関われば良い?の画像

出典 : http://amanaimages.com/info/infoRF.aspx?SearchKey=11032002112

学校で役に立ちそうな方法を例に挙げてみましたが、コツは楽しくゲーム感覚で練習することです。

療育先などでアドバイスをもらうと、つい結果を求めてしまいがちだと思います。しかし、親の気持ちを優先し、子どもの「やりたい気持ち」を置いてきぼりにしては、学習そのものが、嫌な時間に変わるかもしれません。

成長を待つことが、結果として子どもの主体性を伸ばし、学習意欲につながるのではないでしょうか?

我が家では、楽しさの中でいつの間にか学校生活にも順応できるようになった

そのような関わりや取組みを、心がけています。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP