子連れでお花見|都内の公園3選|バーベキューや遊具等が充実!

子連れでお花見|都内の公園3選|バーベキューや遊具等が充実!

Bu facebook
Bu twitter
ウェザーマップの桜開花予想では、関東甲信では3月25日くらいから開花がはじまるとされています。お花見といえば、お酒を飲んだり、騒いだりするイメージもあり、子連れファミリー向きではないと感じる人もいるでしょう。
 
お花見は、日本の春を代表する風物詩。満開の桜に桜吹雪。美しい景色は、子どもにもみせてあげたいものです。子ども連れでも安心してお花見ができる場所を紹介します。
 
東京お花見バーベキュー公園のイメージ画像出典:http://weheartit.com* 写真はイメージです
 
 

【1】光が丘公園(練馬区)|例年の見頃:3月下旬から4月上旬


ちびっ子広場:お花見しながら遊具で遊ぼう


東京お花見バーベキュー公園光が丘公園の画像出典:http://blog.goo.ne.jp/meibao_1109/e/8b7bcd3e314b3cb7a1cc179b92256cad
 
 
光が丘公園は、広い芝生広場をはじめ、「ちびっ子広場」や昆虫原っぱもあり、お花見だけでなく、さまざまな遊びが楽しめる場所です。売店もあり、遊び道具やパンも購入可能。
 
イベント行事もさかんで、フリーマーケットなども開催されています。イベント情報をチェックして出かけると、より楽しめます。
 
 

桜の本数は1000本以上


東京お花見バーベキュー公園桜の画像出典:http://www.jguide.net/city/tokyo/sakura/hikari.php
 
 
光が丘公園の桜の本数は、約1,000本。オオシマザクラやソメイヨシノ、ヤマザクラなどが見られます。広大な芝生でのんびりお花見を楽しむのもよし、公園内の桜並木をベビーカーでゆっくりお散歩するのもよし。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


都立光が丘公園


 
 

【2】大島小松川公園(江東区・江戸川区)|例年の見頃:4月上旬


広大な敷地と千本桜


東京お花見バーベキュー公園小松川の画像出典:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/shisetsuguide/bunya/koendobutsuen/senbonsakura.html
 
 
季節の広場を中心に720本のソメイヨシノがあり、小松川千本桜堤にある千本桜も眺められる場所です。週末は家族連れでにぎわう公園なので、安心して花見を楽しめます。
 
 

アスレチックに無料バーベキュー場も


東京お花見バーベキュー公園アスレチックの画像出典:http://www.tokyo-park.net/1310801008.html
 
 
江戸川区と江東区にまたがる公園で、いくつかのエリアにわかれています。エリアとエリアの間には旧中川が流れ、橋をわたって行き来します。芝生の広場も広く、船の形をした大型遊具は子どもたちに大人気。
 
予約制でバーベキューも可能です。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


大島小松川公園


 
 

【3】水元公園(葛飾区)|例年の見頃:3月下旬~4月上旬


最大規模の水郷:バードウォッチングも楽しめる


鳥,都内,お花見,名所出典:Instagram: shimarisu_tさん
 
 
都内で唯一、水郷の景観を持った公園です。水辺の鳥を3カ所ある観察舎から観察できます。園内は、ポプラ並木やメタセコイヤの森など自然が豊かで、公園内の桜もきれいです。
 
 

花見の後は、遊具やアスレチックで遊ぼう


東京お花見バーベキュー公園桜道路の画像出典:http://www.tokyo-park.net/flowerpark/1312210001.html
 
 
園内にはトランポリンやコンビネーション遊具、アスレチック遊具などがあります。花見をしながら、バーベキューも楽しめます。
 
 

このスポットの基本情報、口コミなどはこちら


水元公園


 
 

まとめ


いかがでしたか?子ども連れでも花見を楽しめる穴場スポットを集めました。広大な敷地があるため、常時混雑することも少なく、朝早くから場所取りする必要もありません。花見をしながら、お弁当を食べたり、バーベキューしたり。花見に飽きたら遊具もあるので、子どもも思いっきり体を動かして遊べます。
 
 

今回、ご紹介したスポットの詳細はこちら


【1】光が丘公園


 

【2】大島小松川公園


 

【3】水元公園


 
 

【特集】2016年版 子連れで行きたいお花見!全国の桜の名所・穴場まとめ

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP