“見せる収納”は、“見せてもカッコいい収納家具”選びから【坪田あさみのインテリアコーデBOOK #…

“見せる収納”は、“見せてもカッコいい収納家具”選びから【坪田あさみのインテリアコーデBOOK #…

Bu facebook
Bu twitter
東京の狭い住環境において、収納は大きな問題です。マンション住まいの我が家も、一部屋にクローゼットがついているのみ。奥行きもないので、洋服をかけることしかできません。

ウォークインクローゼットやストックルームなんて夢のまた夢。とにかく収納環境はよくありません。都会で賃貸生活をしている人にとって、収納不足は永遠の悩みではないでしょうか? 



しかしないものはないのだからしょうがない。スパッと諦め考え方を転換しましょう。

■坪田あさみ的「見せる収納」とは
私が見出した収納解決策、それは「見せる収納」です。全く目新しさのないお馴染みのワードですが、フライパンや調理器具を並べるあの「見せる収納」とは違います。

外に出しておいても見た目が悪くない収納家具を選ぶ、という意味の「見せる収納」なのです。

トップ写真をもう一度見てみてください。奥のほうに置かれている黄色いボックス、これ、何だと思いますか?


フランスのATLIER33のフライトケース ※アンティークすごく頑丈でしっかりとした作り。カジェット感がタイプです。



じつはこれ、ミュージシャンが飛行機で楽器を運ぶ時に使うキャスター付きフライトケースなのです。かなり容量があり頑丈。見た目のガジェット感もカッコいいですよね。

第1回のコラムで説明しましたが我が家のインテリアのコンセプトは「暖かみのあるウッドと工業製品的冷たさ」。

まさにそれにフィットするデザインでひと目惚れ! 即決でした。

我が家ではリビングの目立つ場所においていますが、この鮮やかなイエローがちょうどいいアクセントになっていると思います。
◇Asami's Answer◇
「見せる収納」とは、“見せてもカッコいい収納家具”




■“着回し力”がバツグンな家具を選ぶ
では中に一体何が入っているのか? じつはこんな丈夫そうな見た目に反して、中身は季節外れの洋服や布団、ラグ、使っていないクッションなどがたくさん入っているんです。


フタを開けるとこんな感じ! 季節の違う服やラグがぎゅうぎゅうに詰まっています(笑)。



一般的にはこうした季節外れのアイテムは、プラスティックの収納ボックスや専用袋などに入れて押し入れにしまっておくものですが、前述したように我が家のクローゼットには洋服や靴がすでにいっぱいで、隙間なんてどこにもありません。

そこで「見せる収納家具」です。

見せるのは「中身」ではなく「収納家具」のほう。プラスティックの収納ボックスをリビングの真ん中に置いておくわけにはいきませんが、これならOK。

まさに「見せる収納家具」というわけです。

しかもこのボックス、キャスターがついているので移動が楽。

収納としてだけでなく、人がたくさん集まった時にはお酒や食べものを乗せるサイドテーブルとして、また花や植物を置く台として、気分によってはテレビ台にも変身します。

引っ越し時には壊れやすいものを入れるプロテクトボックスとしても活躍。まさに“着回し力”がバツグンなのです!



ファッション誌の中で着回し企画は人気コンテンツですが、ひとつのアイテムがこんな風にもあんな風にも着られる、ってお得感があって魅力的ですよね? 考え方はあれと同じ。

何通りにも使える家具を選べば何倍にも使えるだけでなく、家族が増えたり、引っ越しをしたりするなどライフスタイルが変わってもずっと使うことができるのです。

プラスティックの収納ボックスよりもお値段は張りますが、私にとってコストパフォーマンスは抜群です。
◇Asami's Answer◇
使い方はひとつに決めない。いろいろ使える“着回し力”のある家具を選べば、ライフスタイルが変わってもながく使える。


■インテリアも練習が必要!
話は変わりますが、ひとり暮らしをしている独身女性が「結婚したら」「子供ができたら」「家を買ったら」、その後、「インテリアについて真剣に考えたい」と言っているのをよく耳にします。

しかしそれは難しいな~と私は常々思っているんです。

なぜなら、インテリアもファッション同様、練習が必要だから。


帽子はしまい込まずスタンドにかけて見せる収納。もとは糸巻きだったものを再利用。こちらはアンティーク。



多くのよいものを見たり、買ったり、実際に使ってみることで家具やインテリアに対する知識が増え、自分がどんなテイストが好きか、使ってみてどう感じたか、何が足りないのかを知ることができます。

目を肥えさせ、失敗を重ねないと一足飛びにおしゃれな人にはなれないのと一緒。すべては経験や練習が必要なのです。


ゲームやレコード類はウッドボックスやファイバーボックスに入れて。これもリビングにインテリアとしてそのまま置きっぱなしです。ウッドボックスは元々机の引き出しだったものを自分でキャスターを付けてリメイク。



だからこそ、インテリアについて詳しくない、苦手意識を持っている人は、ファッション同様、少しずつインテリア誌を読んだり、家具屋さんへ出かけたり(お気に入りの家具屋さんを持つことは結構大事です)、そして実際に家具を買ってみてください。

将来の夢として妄想を広げるのも楽しいですが、きれいなショールームだけではわからないことはいっぱいあるので、お金を使って実際に買ってみましょう。

そうすれば、いつか本気で家具を揃える時、あなたは「理想通りのインテリア」を手に入れることができるはず。迷いなく、本当に欲しいものにたどり着くことができるのです。

◇Asami's Answer◇
すべては経験や練習が必要。お気に入りの家具屋さんをみつけて、実際に買ってみることが、「理想通りのインテリア」を手に入れる近道。

(坪田あさみ)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP