赤ちゃんの言語力は生後7ヶ月で決まる!?(後編)

赤ちゃんの言語力は生後7ヶ月で決まる!?(後編)

Bu facebook
Bu twitter
赤ちゃんの言語力は生後7ヶ月で決まる!?(前編)の続きです。

赤ちゃんと姉

© detailblick-foto - Fotolia.com


■お母さんのやさしい語りかけが赤ちゃんの発声を促す
見てきたように、生まれてから7ヶ月目ぐらいの赤ちゃんへの言葉かけは、赤ちゃんが美しい声と言葉とをマスターするために非常に重要になってきます。周囲の大人が早く話して欲しいと焦ってしまって、赤ちゃんをせっつき、赤ちゃんを怖がらせたり不安にさせたりしないように気をつける必要があります。

生後7ヶ月ぐらいになったら、赤ちゃんがまだ周りの人のしゃべり方をまねし始めていなくてもお母さんはやさしく赤ちゃんに語りかけてあげるようにしましょう。それによって赤ちゃんの聴覚が刺激を受け、赤ちゃんが声を出そうとするきっかけを作り出して行くことになるからです。同時にスキンシップにもなりますので、ぜひ積極的に実践してみてください。

■赤ちゃんは言葉の意味を理解している?
7ヶ月目ぐらいの赤ちゃんが口にする言葉はまだ単なる音まねで、たとえば「ぱあぱあ」などとしゃべったとしても、「パパ」の意味で話をしたわけではありません。

8ヶ月目ぐらいに入ると、周囲の人が「パパは?」と尋ねると、パパのいる方向に顔や体を向けるようになります。しかし、この頃の赤ちゃんは、周囲からかけられた声の意味はある程度理解するようになってはいますが、それを自分の意志で意味を持った「言葉」として発声しているわけではありません。そうするにはまだ至っていないのです。そのように、言葉としての意味を持って自分から発声を行えるようになるのは、早い場合でも生後10ヶ月ごろからになります。

ちなみに動物の中でも言葉を使うことができるのは人間だけだと言われています。人間にもっとも近いと言われるチンパンジーは、人間が話す言葉の意味をある程度理解することができるのが分かっていますが、人間がするように発声する音を変えて「言葉」にするということができません。このため人間のように言葉を話す(出す)ことができないのです。逆に、オウムや九官鳥のような声まねをする鳥は、音を変化させて発声することはできますが、その意味はまるで分かっていません。

赤ちゃんの成長は、言葉のように私たちが当たり前に使っていることの奥深さをあらためて認識する、よい機会となるのかもしれませんね。
 
 
(子育ての達人)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP