英語学習には『会話』が不可欠!聞き流し教材に効果はある?

英語学習には『会話』が不可欠!聞き流し教材に効果はある?

Bu facebook
Bu twitter
英語 聞き流し

幼稚園での英語教育、幼児向けの英語教室など、幼児期から英語を学べる教室がたくさんありますよね。世界各国で話されている英語は日本社会でも求められることが増え、学生から社会人まで多くの人が英語を学んでいます。

たくさんある英語学習方法の中で多くの支持を得ているのが“英語聞き流し”。英語を聞くだけで効果があるなら頼もしい味方になりそうですが、実際のところはどうなのでしょうか。今日は聞き流し英語の効果について考えてみたいと思います。

“英語聞き流し”って何!?効果は?

英語聞き流しとは、CDなどの英語教材の音源を聞くだけで英語を学んでいくこと。英語を聞いて音に慣れることで自然と英語が聞けるようになる、赤ちゃんが言葉を覚えるのと同じプロセスで英語が身につくとされています。

ただ聞き流すだけでよいので、ネイティブでない日本のパパやママにとって気軽に始められてとっても魅力的ですよね。日本語にはない英語独自の発音やリズムに慣れることでリスニング力アップや発音の改善が期待できます。また、よく使う英会話フレーズを覚えることもできます。聞き流し教材は、英語に慣れ親しめるというのがメリットと言えるでしょう。

ですが、本当に“聞き流す”だけで英語は身につくのでしょうか。

赤ちゃんが言葉を覚えるプロセスは“音”だけではない

母語の定まっていない赤ちゃんは世界中の言葉の母音や子音を聞き分けることができると言われており、周囲の音を聞きながら言葉を話すための準備をします。

そんな柔軟な乳幼児期に英語の音に慣れさせたら良いのでは…と思うかもしれませんが、赤ちゃんが言葉を覚えるプロセスは音だけではありません。実は、視覚、嗅覚、触覚など外部のありとあらゆる情報や刺激、そして、赤ちゃんに語りかけ、反応してくれる周囲の大人の存在があってこそ言葉を覚えていくのです。

つまり、言葉を習得するには、ただ単に聞き流すだけでなく、周囲の人間が語りかけること、すなわち、コミュニケーションが大切ということなのです。

言語の習得には“会話”が大切

人間同士のコミュニケーションは変化に富んでいて、その場に応じて交わす言葉も異なりますよね。

確かに、英語を聞き流しているうちに自然と英単語やフレーズが聞き取れるようになることでしょう。ですが、聞き流すことでコミュニケーション力を鍛えているとは言えません。聞き流すだけでは“聞く”ことはできても“話す”、即ち、“相手とコミュニケーションをとる”ということにはなりません。

言語は、インプットした言葉をアウトプットすることで初めて身につくというわけなのです。つまり、聞き流し教材だけでは、会話力向上にはつながりにくいというわけですね。

英語は話して身につけよう!

では、英語を習得するにはどうしたらよいのでしょうか。聞き流し教材は、英語の音やリズムに慣れ親しむことができるという点で、英語教材として優秀なものの1つだと言えます。しかし、英語が話せるようになるには、たくさん英語を聞くことだけでなく、“話すこと”がとても大切です。

英語教室でレッスンを受ける、海外留学をする、ネイティブスピーカーとの交流イベントに参加するなど、英語を使ってコミュニケーションをできる機会はたくさんあるので、ぜひチャレンジしてみてください。英語は“話すこと”で身につきます。多少間違ってしまっても気にせず恥ずかしがらず、積極的に話して会話に慣れることでぐんぐん上達していくことでしょう。

いかがでしたか?それぞれの教材や学習法の特徴を理解して上手に取り入れ、お子さんの発育に合わせた学習で英語力を育てていきたいですね。

参照/ SINGA FARM「「聞き流し」だけではNG?英語を身につけるには「語りかけ」が重要だった!」 マイナビウーマン「大学教授が教える、日本の「英語教育の常識」、実はこれが間違っていた!」

関連コラム

親が子供に『習わせている』『習わせたい』習い事ランキング最新版!
幼児期の英語学習。何から始めたらいい?
赤ちゃんの頃から英語を始めるといいの!?
英語をもっと身近に! 話題の親子留学ってなに!?

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP