高齢出産になってからじゃ遅い! 未来の自分が後悔しないために今必要なことは?

高齢出産になってからじゃ遅い! 未来の自分が後悔しないために今必要なことは?

Bu facebook
Bu twitter
連載ではこれまで、妊娠とカラダにまつわるさまざまなテーマを考えてきました。基本的な話を中心に、今のうちからやっておきたいカラダケアや婦人科系の基礎知識、高齢出産や妊娠タイムリミット、ライフプランなどをお届けしてきましたが、いかがでしたか? なかには「知らなかったな~」という話もあったのではないでしょうか。

読者のみなさんにアンケートをしたところ、連載にこのような声が寄せられました。

◆知らなかった!

「何に気をつけて生活すればいいのかの指標がなんとなくわかった」(28歳)
「今の生活が、将来産むときに、どのような影響をもたらすかがわかり、役立った」(31歳)
「妊娠のリミット、妊娠に関する費用など知らなかったため」(28歳)

◆やっぱり、そうだったのね……

「失敗しない夫選びについて、当たり前のことが書かれていたが、やっぱりそうなんだと納得できた」(25歳)、
「不妊についてなんとなくしか知らなかったので、勉強になった」(31歳)、
「内容自体は全部読みました。役に立っているかはわかりませんが、将来について考えるきっかけにはなった」(33歳)

特に多かったのは「勉強になった」「将来について考えるきっかけになった」という声。多くの女子にとって、妊娠はまだ先の話かもしれませんが、今から知っておいて損はないということなんですよね。

連載のなかではとくに、「私って子どもを産めるカラダなの?」という話題や、「いつか産む、いつ産むの? 妊娠タイムリミットの見極め方は?」を扱った回に対して、大きな反響が寄せられました。“そのとき”が来たらはたして自分は産めるカラダなの? という不安がふとよぎる、ということなのでしょう。筆者も同世代なのでとてもわかります……。

一方、こんな声もありました。

(次ページ)ダメだった場合に救いになる情報がほしい

関連リンク
【次ページ】ダメだったときに救いのある情報は?
骨盤体操? 疲れた子宮環境を回復するコツは?
「高齢出産のリスク」を減らしたい! 今からでもできることは?
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP