愛知県の子連れにおすすめスケートリンク3選

愛知県の子連れにおすすめスケートリンク3選

Bu facebook
Bu twitter

冬のスポーツといえば、スキーやスノーボードなどを思い浮かべますが、いざ行くとなると道具をそろえたり、雪山へいく準備などが大変。

でも、アイススケートなら長袖、帽子、手袋だけ準備すれば気軽に行くことができますね。

今回は、愛知県で子連れで行けるスケートリンク3ヵ所をご紹介したいと思います。

あの有名選手たちが練習を重ねていたスケートリンクや、風光明媚な野外リンクでスケートできる場所もありますので、ご参考になさってみてください。

【愛知県のおすすめスケート場(1)】名古屋スポーツセンター|名古屋市中区

あの有名選手たちを輩出したスケートリンク

名古屋スポーツセンター,愛知県,スケートリンク,おすすめ 出典:www.facebook.com

「名古屋スポーツセンター」 は、あの伊藤みどりさんや浅田真央ちゃんも輩出した、有名なスケートリンクです。

一般的には、 「大洲スケートリンク」 の呼び名で親しまれています。

年中無休のスケートリンクで、補助コーンを使用しながら滑ることができるので、スケートが初めての子どもさんでも、楽しく安全にスケートを滑ることができます。

貸し出し用具は、小さな子どもさんには靴に取り付ける、幼児用の2枚刃ボブスケートをレンタルしてくれます。これをつけると足元が安定して、直ぐにスケートを楽しめるようになるそうですよ!

またあしかの形をしたかわいい子ども用そりの貸し出しがあるので、スケートを滑るのが不安な子どもも氷上を楽しめますね。

2回滑ると次回が無料になる 「大洲スタンプカード」 があるので、何回も通われる方はこのカードを作られると良いですよ。

料金は貸靴代400円を含んで、小学生までが1200円、中・高生は1600円、大人1800円です。なおヘルメットは無料で借りられます。

住所や電話番号など詳細はこちら

【愛知県のおすすめスケート場(2)】モリコロパーク・アイススケート場|長久手市

スケート靴を履いたまま軽食コーナーへ

モリコロパークアイススケートパーク,愛知県,スケートリンク,おすすめ 出典:moricoro-park.com

愛知県長久手市にあるこちら 「モリコロパーク・アイススケート場」 は、2005年に開催された万博の跡地にあります。

アイスショーでも利用される、とても広いアイススケート場なんですよ!フリー滑走リンクは右周りコースになっており、子どもや初心者の方は、壁づたいにゆっくりと練習することができます。

こちらのスケートリンクのうれしいところは、スケート靴を履いたままで出入りできる、セルフの喫茶・軽食コーナースペースが用意されているところ。

小休止のためにわざわざスケート靴を脱ぐのは面倒くさいので、この配慮はありがたいものです。

初心者向けのワンポイントレッスンは、土・日曜・祝日に開かれますので、子連れで親子参加することもできますよ!

こちらのリンクは、真夏でも営業しており、中学生以下は820円、大人は1440円で滑れます。

住所や電話番号など詳細はこちら

【愛知県のおすすめスケート場(3)】あさひが丘スケートリンク|西尾市

海も山も見える屋外スケートリンクです

あさひが丘スケートリンク,愛知県,スケートリンク,おすすめ 出典:www.katch.ne.jp

こちら、 「あさひが丘スケートリンク」 は、愛知こどもの国入口前の 「あさひが丘駐車場」 内に、冬の間だけオープンする、屋外スケート場です。

周辺の景色は、山も海も見渡すことができる場所にあり、清々しい開放感の中でスケートに興じることができますよ!

客層はファミリー層の方が多くてなごやかな雰囲気。冬レジャーで子連れで遊びに行くのに最適のスケートリンクですね。

スケートが苦手な子どもでも、腰掛式の椅子ソリ 「ラビット」 をレンタルしてくれますので、氷上での遊びが楽しめちゃいますよ!

平日は12:00、土日、祝日は10:00から17:00まで営業。2015年度は12月5日から2月21日までの営業予定です。

公式ホームページから「滑走料・半額割引券」を持参すれば半額になるので忘れずに持参しましょう。(携帯画面提示可)

住所や電話番号など詳細はこちら

まとめ

愛知県は数多くの有名フィギアスケートの選手を排出するほどアイススケートは身近なスポーツで、子どもや初心者でも利用しやすい施設の工夫がされています。

またスケート教室も充実しているので、本格的にアイススケートを始めたいかたにもぴったりですね。この冬は愛知県のスケート場でアイススケートデビューをしてみませんか。

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP