子育てアイデア傑作選2015 ~ママの気分一新編~

子育てアイデア傑作選2015 ~ママの気分一新編~

Bu facebook
Bu twitter

子育てアイデア ママの気分一新編

「子どもが言うことを聞いてくれない」「やりたいことができない」のように、子育てでイライラしてしまったときに、ママの気分がリフレッシュできるアイデアを紹介します。


2015年に放送したすくすくアイデア大賞から、「もう一度見たいアイデア」を厳選してご紹介します。

 

さぁみなさんご一緒に!(愛知県 坂本由紀子さん)

<どんなアイデア?>
子育てや家事でイライラしてしまったとき、イライラを解消できる魔法のことばです。

<魔法のことばの使い方>
ママが、「今、自分はイライラしているな」と感じたときに、「さぁみなさんご一緒に!」と子どもに声をかけます。
そのかけ声に応じて、「いつもお母さんがんばっとるわ」と子どもたちに言ってもらいます。
子どもたちにほめてもらうと、イライラした気持ちをすっきりと切り替えられます。
 
 

育児の合間でも新聞をじっくり読む方法(埼玉県 片岡寛子さん)

<どんなアイデア?>
新聞をゆっくり読みたいけれど、子どもが新聞を口に入れるなどしてなかなか読めない…。
このアイデアを使えば、子どもへの語りかけをしながら、新聞を読むことができます。
一石二鳥のアイデアです。

<アイデアの使い方>
新聞を読むときに、子どもを膝に座らせます。
あとは、絵本を読み聞かせるようにして、新聞を声に出して読むだけ!
…でも、子どもが飽きてしまうため、3分くらいが限度です。
記事を小分けにして繰り返すことがコツです。
 
 

変身!お母さんロボ(大阪府 尾﨑怜美さん)

<どんなアイデア?>
子どもがグズってしまい、なかなか機嫌が直らないときにオススメ!
お風呂あがりから寝かしつけまで、家事と子どもの相手を同時にこなすアイデアです。

<アイデアの使い方>
フェイスパックを付け、いつものママとは別人格になりきり「オカアサン ノ オテツダイ ヲ シニキマシタ。」とロボットの真似をしながら、子どもに語りかける。
すると、子どもの機嫌は直り、家事もスムーズに進められます。
さらに、ママのお顔のケアまで同時にできちゃう優れもののアイデア。
イライラしているときでも、ロボットになりきると、別人に変身したような感覚なので、ママも楽しい気分になれます。

ちなみに、毎回、フェイスパックはできないので、白い紙で作ったお面でも代用できますよ。


同じ週に放送された番組記事


まいにちスクスクの番組ロゴ
 
Eテレの育児情報番組「まいにちスクスク」でこれまでに放送した内容はこちら


元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP