キリスト教系・仏教系幼稚園、それぞれの特色とは?

キリスト教系・仏教系幼稚園、それぞれの特色とは?

Bu facebook
Bu twitter
幼稚園 キリスト系 仏教系 特色

幼稚園の入園試験の時期が近づいてきましたね。

「子供をどの幼稚園に入れようかしら」と迷っているパパやママも多いのではないでしょうか。

数ある幼稚園の中で人気なのが、キリスト教系、仏教系など宗教に関する組織が母体となっている幼稚園です。

それぞれにどのような特色があるかを見ていきましょう!

キリスト教系幼稚園には祈りの時間や聖書を読む時間がある

キリスト教系の幼稚園では、朝の祈り、食事の前の祈りなど、お祈りの時間が設けられています。

また、聖書を読み聞かせる時間や、保護者が聖書を読み合わせる時間があるところもあるそう。

そして聖歌集・賛美歌などを歌い、クリスマス会などキリスト教にちなんだ行事がある場合が多いという特徴もあります。

こうしてみると、キリスト教徒でないと入園できないのではないかと誤解する方もいるかもしれません。しかし、入園する子供全員がキリスト教徒ということはなく、誰にでも門戸が開かれている幼稚園がほとんどです。先生もキリスト教徒とは限りません。

キリスト教系幼稚園、カトリック系とプロテスタント系の違いは?

キリスト教系幼稚園の中には、カトリック系とプロテスタント系があります。

カトリックとプロテスタントの違いを説明するとなると、かなりマニアックな話になってきますが、幼稚園だけでみるとこんな傾向があるようです。

“神と教会”を重んじるカトリック系

カトリックは教会を重視します。マリア様が信仰の対象となるのも特徴のひとつ。

カトリック系の幼稚園は、一般的にマナーに厳しく、規則を重んじる教育をする傾向が強いと言われています。

“神と聖書”を重んじるプロテスタント系

一方、プロテスタントは聖書の言葉を重視します。プロテスタント系の幼稚園は、自由に、のびのびと優しさを重んじ、個性を尊重した教育をする傾向が強いとされています。

しかし、どんな教育方針なのか、どんな風習・雰囲気なのかは、宗派というよりも各幼稚園で違いますので、ここはパパやママの目で確かめるのが一番です。

心の教育を重んじる仏教系の幼稚園

仏教系の幼稚園では、仏教精神を基調とした人間教育をモットーにしているところが多く、優しい人間になるよう、心の教育を重視しているようです。

数珠を持って念仏を唱えたり、園内に仏像があったりするのが、仏教系の幼稚園の大きな特徴です。

また、園行事も「降誕会」「花祭り」などの仏教にちなんだものになっています。

仏教系の幼稚園でも、園長先生が僧侶や住職であるとは限らないようですし、まだ幼稚園児ということもあって、それほど宗教色の強い教育がなされるというわけではなさそうです。

仏教系の幼稚園の中には、広々として自然いっぱいのお寺の境内にある園もあり、環境的に恵まれているところが多いでしょう。

宗教系幼稚園に通わせるメリットとは?

仏教系、キリスト教系と言っても、いずれも幼稚園の段階ではそれほど宗教色が強いということはなさそうですね。

ただ、小さなうちから神や仏の思想に触れて信仰心が芽生えることは、いつの日か子供の心の支えになってくれるかもしれません。

また、神様や仏様が見ているという思想から、モラルが芽生えることにつながる可能性もあります。

そして、食べ物や命など、自分に与えられた恵みへの感謝の気持ちを持つことを教えてもらえることも、宗教系幼稚園のもつ大きなメリットでしょう。

ぜひ宗教系の幼稚園だからといって偏見を持つことなく、一度親子で見学に行ってみてはいかがでしょうか。

参照/ Wikipedia「日本のキリスト教系幼稚園」 Wikipedia「日本の仏教系幼稚園」 OKWAVE 「キリスト教系の幼稚園の良い点」 YAHOO知恵袋「仏教系の保育園や幼稚園で育った子供はどんな感じですか。」 おしえて!goo「仏教系の幼稚園ってどうですか?」 お悩み掲示板 「仏教系の幼稚園」

関連コラム

世界の幼稚園 驚きのシステムとは?!
おしゃれ!かわいい!通うのが楽しくなりそうな幼稚園
待機児童の解消になる?認定こども園って何?
国際テスト上位のヒミツはここにあり!?フィンランドの幼稚園の教育方針がスゴイ!

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP