「パパから変える、日本の子育て vol.2」 パパのビジネススキルが明らかに上がる「育キャリ」って?

「パパから変える、日本の子育て vol.2」 パパのビジネススキルが明らかに上がる「育キャリ」って?

Bu facebook
Bu twitter
こんにちは。ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也です。ファザーリング・ジャパンは、「育児」も「仕事」も「人生」も笑って楽しむ父親を増やすことをモットーに2006年に設立しました。SAISION CHIENOWAでは4回にわたる連載で、男性の育児と働き方について考えていきます。

「仕事か家庭か?」という二者択一のキャリア観を捨てよう
子育て中のパパやママが、イキイキと働き、そして育児も楽しむためには職場のあり方や働き方の面で様々な課題があります。そこで今回は、ファザーリング・ジャパンが提唱する「新しいパパの働き方=育キャリ」についてお話します。
ファザーリング・ジャパンには400名の父親会員がいますが、職種や立場も多様なので一概に「理想の働き方」を定義することはできません。しかし彼らはみんな、それぞれが置かれた環境の中で自分と家族が幸せになるワークスタイルや、満足できるライフスタイルを見つけていこうと、常に試行錯誤しています。
これまでは「バリキャリ=仕事に打ち込みプライベートを犠牲にすることを厭わず、子育てを言い訳にパフォーマンスを下げない働き方」と、「ゆるキャリ=家庭を重視し、一定期間ある程度収入やパフォーマンスが低下しても問題ないと考える働き方」の2パターンに大きくわかれていました。前者は主にパパ、後者がママでしたね。確かにこの「仕事か家庭か」という二者択一のキャリア観はまだあるのですが、現在の多様な働き方をこの2パターンのみに単純化するのはいかがなものでしょうか? 「仕事か育児か」ではなく、「仕事も育児も精一杯やって楽しむ生き方」。それが「育キャリ」です。
育児にコミットしたパパのビジネススキルが上がる理由
「働き方を少し変えて、家族ともっと向き合いたい!」。そう考える男性には「育キャリ」をおすすめします。仕事だけでなく、家事育児を通して「パートナー」「子ども」としっかり向き合う生き方です。そしてしっかり育児にコミットしたパパたちは明らかにビジネススキルが上がるので、働き方も改まり、職場にとってもプラスなのです。
例えば、「育休」。取ってみれば誰でもわかりますが、育児は休んでいる暇なしの「修業」です。育休を取ったパパたちは必ず「妻の大変さがわかった」と言いますし、家事育児を一手に引き受けると「段取り力」や「マルチタスク能力」、そして赤ちゃんとずっと一緒にいると「聞くチカラ・伝えるチカラ」が身に付き、営業力がアップします。育休は「親になるトレーニング期間」であると同時に、視野を広げ能力を高めることができる「家庭内留学」のようなもの。育休を取ることはマイナスではなく、個人にとっても企業にとっても明らかにプラスなのです。
また、育休を取らないまでもしっかり夫婦で向き合ってみると、妻の不満に対する対応能力が向上したり、「がんばる妻のキャリアを応援しよう」というサポート意識が強まります。これはまさに女性活躍時代に求められる「管理職のマネジメント能力」に繋がります。さらに子どもの幼少期は病気やケガも多いのですが、子どもの健康や安全を考え予防したりすることは企業の「リスクマネジメント力」として生きてくるのです。さらにどっぷり育児していると「誰かのために生きている」という「自己有用感」が高まり、人間としての器も大きくなります。実際、育休から職場に復帰した人は顔つきが変わります。これは女性も男性も同じ。親になったことで誠実さや責任感が強まり、顧客や取引先からの人望も増します。また子どもを保育園に預けていると時間を気にして働くようになるので、効率が良くなり業務の生産性が高まるのです。
「うまくいった仕事のアイデア」はすべて皿洗いか洗濯物干しのときに生まれた
加えて私はよく家事をしながら「仕事のアイデア」を考えています。PCの前でやる仕事(メールや資料作り)は単なる「作業」に過ぎません。リーダーとなるべき人は新しいプロジェクトや3年後、5年後の事業ビジョンを考えるのが仕事です。そのブレインワークには、手だけが動いていて頭を空っぽにできる家事の最中が最適なのです。私が考案して、かつてファザーリング・ジャパンで上手くいった事業は、すべて皿洗いか、洗濯物干しのときに考え付いたものでした。そう、これが「育キャリ」の真骨頂です。家事育児をすること。実はそれは仕事で成果を出すうえでとても重要な要素であり、貴重な時間なのです。
逆に仕事ばかりして家庭を省みなくなると、たいてい家族間でトラブルを抱えてしまいます。かつてそういう部下がいましたが、家庭の問題を仕事でも引きずっていました。業務でのミスが連発したり、気持ちのイライラが社内に伝播してムードを悪くしてチームの士気を下げてしまうのです。人間はロボットではないのだから、「家庭は家庭、仕事は仕事」と簡単に割り切れません。そもそも家庭と仕事は、どちらかを犠牲にしてもう片方がうまくいくというトレードオフの関係でもない。家庭で心配事を抱えていると仕事のアウトプットにも影響が出る表裏一体の関係なので、仕事で成果を出したければ、なおのこと家庭を疎かにしてはいけないのです。仕事に集中し意欲的に働くためには、パパはまず家庭での役割を果たし、家庭の問題を極力生まないことが重要なのです。
いかがでしたでしょうか? 「育キャリ」は仕事か家庭かの二者択一ではなく、「仕事」「パートナー」「子ども」の3点が、互いにリンクしながらレベルアップしていくことで実績を生み、キャリアが構築され、人間的にもさらに魅力あふれるパパになっていくことができる生き方なのです。
育児から逃げずにパートナーや子どもとしっかり向き合うことで、働き方もより良くなり、そして自分ももっと笑顔になれる。そんな「育キャリ」を、あなたもそろそろ始めてみませんか?
プロフィール

安藤哲也(あんどう てつや)
1962年生まれ。二男一女の父親。出版社、書店、IT企業など9回の転職を経て、2006年にファザーリング・ジャパンを設立。「育児も、仕事も、人生も、笑って楽しめる父親を増やしたい」と、年間200回の講演や企業セミナー、父親による絵本の読み聞かせチーム「パパ’s絵本プロジェクト」などで全国を飛び回る。子どもが通う小学校でPTA会長、学童クラブや保育園の父母会長も務め、“父親であることを楽しもう”をモットーに地域でも活動中。 2012年には社会的養護の拡充と児童虐待・DVの根絶を目的とするNPO法人タイガーマスク基金を立ち上げ、代表理事に。現在、寄付集めや全国で勉強会の開催を手掛ける。
http://fathering.jp/

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP