【妊娠36週目の過ごし方】いよいよ臨月!赤ちゃんの為にどう過ごす?

【妊娠36週目の過ごし方】いよいよ臨月!赤ちゃんの為にどう過ごす?

Bu facebook
Bu twitter

妊娠36週から、いわゆる「臨月」のスタートです。長いようで短かったマタニティ生活も終盤を迎えようとしています。しかしまだまだ安心できません。妊娠36週で気になる点をご紹介いたします。

妊娠36週から、いわゆる「臨月」のスタートです。長いようで短かったマタニティ生活も終盤を迎えようとしています。しかしまだまだ安心できません。妊娠36週で気になる点をご紹介いたします。

妊娠36週の赤ちゃんはすっかり「新生児」に

妊娠36週の頃の胎児はもうすっかり「人間の赤ちゃん」そのものになっています。体温調整や呼吸など、万が一産まれたとしても、外の世界で生きていける位の機能はすでに備わっています。妊娠36週で産まれてしまっても体重が2500g以上であれば「正常体重児」とみなされます。妊娠36週の赤ちゃんの標準的な大きさは
・身長43~49㎝
・体重2000~2900g
本当にいつ産まれてもおかしくないくらいに成長していますね。
この他、音や光に反応して、そちらの方を向くといった「原始反射」も出てきます。赤ちゃんも外に出る準備のラストスパートに差し掛かっています。


参考サイト:ルナルナ「妊娠36週」
https://pc.lnln.jp/article/mtihp-0000627-html

逆子が治らなくてもしょうがない!どーんと構えて。

妊娠36週の頃の時点で「逆子」が治っていなければ、「帝王切開」を勧められることも。それまで逆子ではなかったのに、この時期、急に逆子になってしまうケースもあります。反対に、出産間近になって逆子が治っている事もあります。普通分娩を望まれる方は多いですが、どんなお産になっても大事なのは元気な赤ちゃんを産むことですから、まずは、お母さんが前向きに出産に臨む事が大切なのです。

参考サイト:ルナルナ「妊娠36週」
https://pc.lnln.jp/article/mtihp-0000627-html

食欲復活!体重の急増に注意!

大きな子宮に胃などの内臓が圧迫され、食欲がなくなっていた方も多いと思いますが、この頃には徐々に子宮も下がってきます。したがって、体上部に再びスペースが出来、動悸などの不調の改善とともに、食欲も戻ってきます。妊娠36週頃は、体重が一気に増加してしまう方は少なくないので体重管理には引き続き気をつけましょう。
私の場合ですが、妊娠経過が順調だったため、妊娠36週以降、散歩を医師から勧められました。出産に向けての体力作りにもなりますし、食欲が増した時の体重管理の一環にもなりますので経過が順調なら積極的に行いましょう。もちろん無理は禁物です。

出産後も使えるウォーキングウエア♪

レギンス付きパーカチュニック【マタニティ・授乳服】|通販のベルメゾンネット

3,900(税込¥4,212)
あまり気乗りしない運動でも、形から入ると以外に長続きします。「ウォーキング用」として購入してみては?妊婦に嬉しいチュニックとレギンスです。さらに授乳口まで付いているので出産後にも活躍してくれそうです♪

臨月だからと油断は禁物!破水にも注意!

一般的に妊娠36週目から妊婦検診の頻度が「2週に1回」から「1週に1回」へと変わります。それぐらい、赤ちゃんの様子を注意深く診ていかなければならない時期に入ったといえます。産院にもよりますが「NST(ノンストレステスト)」と呼ばれる赤ちゃんの心拍を観察するテストが始まるのもこの時期です。出産に向けての準備が着々と進む時期ですね。重たいお腹に辛くなって、「早く出て欲しい!」と思っている方もいると思います。しかし、妊娠36週は「臨月」ではありますが、「正産期」ではありません。妊娠36週に産まれるとカテゴリーとしては「早産」になります(正産期は妊娠37週0日~41周6日の間の期間)。したがって、まだまだ注意しなければならない時期と言えます。出血や破水などにも注意しておきましょう。わかりやすく異常であれば診察すると思いますが、注意したいのが「高位破水」。「高位破水」は羊水が「ドバっ!!」と出るのではなく、少量ずつチョロチョロと出続ける破水です。「尿漏れ」と勘違いして医師に相談しなかったり、気がつかないことがあります。破水は放置してしまうと最近感染などの可能性もあり、大変危険です。判断に迷ったらまずは医師に相談してください。

参考サイト:駒ケ根高原レディスクリニック オフィシャルサイト
http://www.kklc.jp/blog/2012/06/14/%E3%81%8A%E7%94%A3%E3%81%AE%E5%85%A5%E9%99%A2%E3%81%AE%E6%99%82%E6%9C%9F%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

出産準備は妊娠36週までに

臨月に入ると出産まではほとんど時間がありません。いつ何が起きるかわからないので出産準備は妊娠36週までに済ませておきましょう。陣痛が来てから荷物をまとめるのは大変なので、産院でもらう入院グッズリストなどを参考に、ひとまとめにしておきましょう。

入院グッズも楽々収納♪大容量トートバッグ

【大容量・おしゃれ】マザーズトートバッグ|通販のベルメゾンネット

3,990(税込¥4,309)
このバッグ、とにかくたくさん入るんです。1週間ほどの入院は荷物も多くなります。たくさん収納できるのは嬉しいですね♪もちろん産まれたらマザーズバッグとしても重宝します。

リラックスして出産を待ちましょう。

いかがでしたか?臨月に突入し、緊張や不安、焦りなど感じてしまいがちな妊娠36週ですが、散歩やヨガで体力づくりをしつつ、リラックスして過ごしましょう。ここまで立派にお腹の中で赤ちゃんを育ててきたのですから、出産にも自信を持って下さいね^^

元のページを表示 ≫

関連する記事

妊娠36週から、いわゆる「臨月」のスタートです。長いようで短かったマタニティ生活も終盤を迎えようとしています。しかしまだまだ安心できません。妊娠36週で気になる点をご紹介いたします。 妊娠36週…
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP