【保存版】誰でも簡単にできる「子ども浴衣の着付け法」って?

【保存版】誰でも簡単にできる「子ども浴衣の着付け法」って?

Bu facebook
Bu twitter

日本の風物詩「花火」や「お祭り」が待ち遠しい!知ればもっと楽しい、着てみて可愛い!子ども浴衣の簡単着付けのご紹介です。ワンピに、はおって、蝶結びの3ステップで可愛くなれる2WAY浴衣はイチオシです。

こんにちは、nicottieスタッフのなびこです。
もうすぐ夏!7月に入ると、地域のお祭りイベントや、花火大会などイベントが目白押しですね。普段のベビー服・子ども服もよいけれど、日本の伝統的な「浴衣」や「甚平」を着ればいつも以上に楽しめること、間違いなし!今日は女の子用の付け帯セットの浴衣と、お役立ち度満点の2WAY浴衣の着方をたっぷりご紹介します♪

子どもの浴衣の着付けは簡単!

巻いて、結んで、回して、挿すという簡単なステップで完成します。
準備するもの:

タンクトップ・オーバーパンツなどの下着
子ども用浴衣(子ども用浴衣には「つけひも」と呼ばれる白い紐がついています)
平帯
結び帯
・・・・・・・・・・・
普通の子供服は動きやすく作られているものが多いですが、浴衣は全体的にタイトなシルエットです。はだけたりすることもよくありますので、下着とオーバーパンツを忘れずに着せてくださいね。
さっそく開始です!
①肩幅に足をひらき、浴衣をはおらせて、背縫いの位置が真ん中にくるようにします。

②右のひもを左の浴衣の穴へとおします。

③ 左が上になるように襟を合わせます。
鎖骨が隠れるくらいにしっかりとあわせるのが着崩れしないコツです。

④白いひもを後ろで交差して、おなかの下あたりで結びます。
下の方にすることで、はだけづらくなります。

⑤背中にしわがよったら、しわを伸ばし、脇によせておきます

⑥ 平帯の紐が上にくるように配置し、胴にまいていきます。
巻き始めや巻き終わりはどこでもOKです。

⑦平帯のひもを結びます。結ぶ位置はどこでもOKです。
結んだ紐を帯の中に入れて隠します。

⑧胴に巻いた平帯を時計まわりに右から回します。
(襟は左が上なので、右に回すことでえりが崩れないようにします)

⑨結び帯の後ろのU字ワイヤーを背中の中心に差し込み、着付け完了です!

実はもっと簡単で着こなし2WAYの浴衣があるんです!

子ども用の浴衣を着せたいけれど、やっぱり大変そうだなと思ったなら、コレがオススメです。

【子供ゆかた】2WAY浴衣セット(プチ エディテ)|通販のベルメゾンネット

3,990〜¥4,500(税込¥4,309〜¥4,860)
浴衣の着付けの難しいところは、はだけないように、襟や腰周りをしっかりあわせなければならないことですよね。こんなに苦労して着付けて、来ているのは数時間・・・となるとめげてしまうもの。この2WAY浴衣は、上下が分かれているから、子ども自身で着ることができる優れモノです。ママは帯を蝶結びにしてあげれば着付け完成!サイズは90~160まであり、子どもの身長にあったものを選べます。
それだけではありません!1回キリで終わりではなく、下のワンピースは海やプールへのレジャーにもぴったり♪柄も、子どもに人気の配色で、可愛いプリント柄が大好評です☆
優れモノの2WAY浴衣の着付け方や帯のアレンジポイントを紹介します♪
準備するもの
2WAY浴衣セットを用意します

下着やオーバーパンツなど下着を着用してくださいね
写真は130~140用のサイズです
①調節可能な肩紐を使い、ゴムのギャザー部分を胸の位置に合わせて、
ワンピースを着る

②上着をはおり、左の内側のひもと右のつけひもを結ぶ

③左が上になるように、襟元をあわせ、紐を結びます

④オーガンジー素材の帯ひもを、輪を下にして3つ折にします。
そのまま蝶結びだけでも可愛いですが、長めの帯を生かして、片側アレンジ蝶結びを紹介します!
まず蝶結びをするときに、片側のたれが長くなるように結びます。
長いほうの帯を下から結び目部分に通す

長さが調節できてふわっと可愛い帯結びです

子どもの好きな浴衣や甚平で夏のイベントを楽しんで

浴衣は夏の湯上りや、寝巻きとして使われてきたものでしたが、今では夏のおでかけイベントに着ていくお出かけ着としてよく使われていますよね。最近では、古典的な和柄だけではなく、トレンドを反映したデザインや、和洋折衷のものなど、バリエーションも豊富になってきています。
和装の知識も受け継ぎづらくなり、着方や帯の結び方を知らない人も増えています。着付けは簡略化され、既に形が整えられた作り帯や、上下分かれた浴衣をうまく利用することで、和装を1つのファッションとして取り入れるのもよいですね。フリルやレースを加えたり、ミニスカートのような膝丈浴衣が登場するなど、固定概念を打ち破った着こなしは若い世代を中心に好まれるようです。
 日本独特の風習として残っている浴衣や甚平は、略式の和服として伝統を受け継ぎながら着付けてもよいですし、もっとカジュアルに一種のイベント着・リゾートウェアとして楽しむのもよいですね。

ベビー・キッズにオススメの浴衣&甚平

【子供ゆかた】2WAY浴衣セット(プチ エディテ)|通販のベルメゾンネット

3,990〜¥4,500(税込¥4,309〜¥4,860)

【子供ゆかた】甚平(プチ エディテ)|通販のベルメゾンネット

2,500(税込¥2,700)

【ベビー服】女児甚平|通販のベルメゾンネット

3,500(税込¥3,780)

元のページを表示 ≫

関連する記事

日本の風物詩「花火」や「お祭り」が待ち遠しい!知ればもっと楽しい、着てみて可愛い!子ども浴衣の簡単着付けのご紹介です。ワンピに、はおって、蝶結びの3ステップで可愛くなれる2WAY浴衣はイチオシです。…
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP