イジケ気味の小学生娘とお風呂で語ってみたら、意外な話に発展した

イジケ気味の小学生娘とお風呂で語ってみたら、意外な話に発展した

Bu facebook
Bu twitter
子供が小学生にもなると、お風呂に一緒に入ることがめっきり減りますよね。自分で入って、自分で洗って、自分で出て着替える。これだけのことなのに1人でしてくれるって素晴らしい! なんて楽なんでしょう!

そんなことに感動している私ですが、お風呂の時間は、ときには子供の悩みや気持ちを聞きだしやすい時間にもなります。子供がちょっと荒れ気味だったり、何かありそうだなと感じたとき、あえて私は一緒にお風呂に入るようにしています。湯船の中だと、リラックスしてゆっくり語り合えるんです。

ある日、何かと「いじけ気味」の3人兄弟の真ん中の娘とお風呂に一緒に入ることにしました。
■おヘソの穴が繋がっていた、その先は…

いろんな会話をしながら、ふと娘のおヘソの穴が目に留まったのでこんな話をしました。
私「あなたのヘソの穴はね、お腹にいるとき、お母さんと繋がっていた証拠なんだよ」
娘「えーーー!」(浴室につきエコーかかってます)
大きな声を出しびっくり仰天している娘。

そんな当たり前のことを意外と知らないのか、そういえばそんな話じっくりしたことはなかったなと思いつつ、
私「あなたのおヘソから管が出ていてね、お母さんのお腹の中とつながって、お母さんから栄養をいっぱい採って大きくなったんだよ」
娘「えー!えー!栄養ってなに?どういうこと?どうやって繋がってたの?」
私「えーとね、お母さんの血液でつくられた栄養がね…ドクドクと流れて…」
(あんまり突っ込まないで…)と、しどろもどろになりながら、リアルな説明をしました。

娘はよほど衝撃だったのか、お風呂から上がると、
娘「おヘソの穴ってね!!」
兄弟へ、興奮気味に話し始めました。

せっかくなので私が、テーブルの上に紙を置いて、イラストを描いて説明してみました! (逆子状態になってしまいましたが)
%e3%83%98%e3%82%bd%e3%81%ae%e7%a9%b4
私「こうやっておヘソの管がお腹の中の胎盤というものに繋がって…周りはお水で覆われててね」
子供たち「えー!!」
驚きながらも感動している様子です。

生命の神秘、それを初めて知る我が子の素直な感動。
もしや私、いい母親してるかも!!
■あれ?

自分に酔いしれ始めたとき、子供たちが何やらイラストに手を加え始めました。
顔はこうで、足はこうで…頭に何かついてる?

そして、完成。
%e3%83%98%e3%82%bd%e3%81%ae%e7%a9%b4%e5%85%a8%e4%bd%93-1

私「おいおい、あんたたちの母親は鬼かい!」

思わずツッコむと、子供たち3人、口を揃えて言いました。
「だってー、よく怒るし。」

良き母親像は秒速でもろくも崩れ去り、私は結局鬼のような母親ということで収まったようです。
美しい話になるようで全くならない現実を見たのでありました…。

 

でも、たまに子供とお風呂に入って語り合うのはいいものですよ。よかったらお試しください。
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP