子宮はニワトリの卵ほどの大きさ!? 実は知らない、子宮や卵巣のホント

子宮はニワトリの卵ほどの大きさ!? 実は知らない、子宮や卵巣のホント

Bu facebook
Bu twitter
前回】まで妊娠にまつわるカラダの仕組みを生理周期にそって見てきました。今回は排卵から妊娠までのステップを見ながら、子宮、卵巣、骨盤についても学びます。

◆子宮の妊娠準備

卵巣は親指くらいの大きさの臓器。卵巣からは2つの女性ホルモンが分泌されて、このホルモンの指示で子宮は受精卵を迎える準備をします。受精卵が着床する子宮内膜を厚くフカフカにします。子宮は骨盤のいちばん奥底にあって、普段はやや硬めの臓器ですが、妊娠すると柔らかくなり、伸びます。厚さ1~2cmの筋肉(平滑筋)でできた卵型です。この筋肉の内側にある子宮内膜がだんだん厚くなってきて、生理前には1cmほどの厚みに成長します。そして受精卵が着床できるように、内膜がフカフカなベッドのように柔らかくなっていきます。

>2.【飛び出した卵子をキャッチする!?】

関連リンク
【産むためのカラダづくり】2.子宮がどの辺りにあるか知ってる?
【女子ダイエット大学】遺伝子でビックリ!? 検査で判明あなたに合うダイエット
【OLひそひそトーク】むくみの原因は水!? 漢方診断でむくみサヨナラ!
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP