英語が分からなくても楽しい!子どもが喜ぶ絵本3選

英語が分からなくても楽しい!子どもが喜ぶ絵本3選

Bu facebook
Bu twitter

英語の絵本というと、「子どもでも分かるのかしら?」「発音はどうすればいいの?」「そもそも、私が読めるのかしら?」などと不安を持たれている方もいらっしゃるかもしれません。

今回ご紹介する絵本は、絵やしかけを見るだけでも楽しめる本ばかりですから、子どもも楽しんで読むことができるはずです。

子どもと一緒に可愛い絵を見ながら日本語とは違った言葉や文化などを紹介してあげましょう。

Where Is Baby's Belly Button?

(赤ちゃんのおへそはどこ?)

Where Is Baby's Belly Button?の絵本,英語,絵本,子ども 出典:amzn.to

赤ちゃんの目はどこにあるかな?赤ちゃんの口はどこにあるのだろう?
ページをめくるたびに、「いないいないばぁ」をのように隠された赤ちゃんのパーツが出てくるしかけになっています。

絵本を読んであげたら、お母さんが実際に赤ちゃんのおへそを手で隠して"Where is your Belly Button?"と聞いてあげましょう。
おへそを指で差したら大正解!

絵本を読んでいるのに英語のお勉強もできてしまうんです。

赤ちゃんはお母さんとの触れ合い遊びで大喜び、絵本も大好きになるでしょう。
ページは子どもでもめくりやすいように厚めになっています。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

口コミ

・優しさに満ちた絵と、楽しいめくり絵が素敵で、心に残る本です。
・絵本は何冊も持っていますが、子供が初めて声を出して笑った本です。
・この本は全部赤ちゃんが出てくるのでそこをクリア。最後のページがとくに面白いようで、声をたてて笑います。

Where's Spot?

(スポットはどこ?)

Where's Spot?の絵本,英語,絵本,子ども 出典:amzn.to

作者が2歳の息子のために描いた絵本で、ご飯を食べてもらおうと、お母さんのサリーが息子のスポットを探す物語です。

洋服ダンスの中かな?時計の中かな?
いろんなところを探すのだけれど、中から現れるのはスポットではなく、蛇やクマなどの動物たち!
スポットはどこにいるの?と、ワクワクしながら子どもはページをめくるたびに、楽しみながら動物の名前や読み方を学ぶことができます。

何回も読んでいくと、ページをめくらなくてもどの動物がどこに隠れているのか言えるようになるのも嬉しい成長です。

日本語に訳されたバージョンもあるので両方比較しながら読むのも楽しいですよ。
赤ちゃんから3歳4歳まで長く読んであげられます。

今回、ご紹介した商品の詳細はこちら

口コミ

・英会話教室で絵本の時間は必ず走り回っている息子が、「もう一度読んで」と言ったのに驚き、すぐに購入しました。
・息子が6ヶ月の頃に買いましたが、これまで一体何百回読んであげたかわかりません。

Miffy in the tent

(テントの中のミッフィ)

Miffy in the tent の絵本,英語,絵本,子ども 出典:amzn.to

主人公は日本でも人気のミッフィです。

テントの中でミッフィのお母さんが作ってくれたサンドウィッチを食べたり、庭でプールに水を入れたりして遊ぶ物語です。

上記の2冊に比べて英語の文が長くて単語数も多いので、3歳4歳ぐらいの子におすすめです。

この絵本を読んでから家族で休日にキャンプをしてテントで過ごせば、子どもはミッフィーの絵本で見たのと同じだと大喜びするでしょう。
この絵本の他にもミッフィが学校に行くお話やミッフィのおうち、くまのボリスのお話などシリーズがあるので揃えるのも良いでしょう。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

まとめ

いかがでしたか?
親子で楽しみながら英語に慣れ親しむ絵本をご紹介しました。

読み方や発音に不安があるようであれば、絵本のタイトルをYoutubeなどで検索してみてください。
海外のママたちが絵本の読み聞かせをしている映像が見られますよ。
どんな声色で読むのか、どんな合いの手を入れたらいいのかなど参考にしてみてくださいね。

ぜひ素敵な絵本の時間を過ごしてください。

このスポットの基本情報、口コミはこちら

元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP