情報があふれすぎていて混乱! 我が家に合った「育児法」「育児理論」どう探す?どう選ぶ?

情報があふれすぎていて混乱! 我が家に合った「育児法」「育児理論」どう探す?どう選ぶ?

Bu facebook
Bu twitter
我が子に「将来、こんな人に育ってほしい」というイメージを抱いていても、どんなふうに育てればその姿に近づけるのか、自分ではわからないですよね。自己流で育てて、もし間違った方向に進んでしまったら……なんて不安もあるかと思います。育児手法・育児理論といったものは、ネットにアクセスすればいくらでも手に入る時代。でも、情報が多すぎて、どれを選んでいいか迷っているママも多いのではないでしょうか。そこで、我が家の方針にマッチする育児法・理論にどう出合うか、私が実践したことをお話しします。
●さまざまな育児書を1/3ずつ読む
大型書店に行くと、育児の専門コーナーにさまざまな種類の育児書が並んでいます。そのタイトルや帯のキャッチフレーズなどをひととおり眺めてみて、ピンと来たものを何冊か購入しました。 保育のプロが独自のメソッドを紹介するもの、脳科学や心理学の観点から書かれたもの、教育への造詣が深い企業経営者が著したものなど、著者の属性やジャンルはバラバラです。 「そんなにたくさん買っても読み切れない!」と思うかもしれませんが、1/3も読めば、書かれている内容に自分が共感できるかどうかがつかめます。すべてに目を通す必要はありません。
●気になる著者の講演会、セミナーに参加
興味を持った著者さんがいたら、著者名でWeb検索。すると、その人の講演やセミナーの開催情報を入手できます。そこで、時間をやりくりして会場に足を運びました。本人に直接会って、本当に信じていい人なのかを確認するためです。 本人の表情、話し方などを生で見ると、その人の人間性を感じ取ることができます。実際、著書で展開される理論には納得していたのに、直接話を聴くと違和感を抱き、その本を参考にしなかったこともありました。 こうして、本人の姿や考えに直接触れて、心に響いた手法・理論を育児に取り入れたのです。 判断する際のポイントは「正しいか正しくないか」を考えるのではなく「自分が共感できるかどうか」という視点で見ることです。
●ママのコミュニティに参加し、「波長が合う人」から情報を得る
ママたちが育児情報を交換するコミュニティサイトはたくさんありますよね。私の場合、サイト上に書かれている情報やノウハウを参考にするというより、「イベント」の情報入手を目的に閲覧していました。 ママたちが集まる場に出向き、リアルなコミュニケーションを取ろうと思ったのです。直接会って話すことで、自分と波長が合う人、感性が似ている人、価値観が合う人をすばやく見つけ出すことができます。その人と友達になり、迷ったときには相談。感性や価値観が近い分、その人から得られる情報やアドバイスは「ストライク!」であることが多いのです。 皆さんも、感性や価値観が合うママ友をなるべくたくさん作っておいてはいかがでしょうか。情報を集めたり、見極めたりする際、悩むことが少なくなると思います。

Image
-----------------------
■森本千賀子 (株式会社リクルートエグゼクティブエージェント)

      300
1993年、リクルート人材センター(現:リクルートキャリア)に入社。法人向け営業として新規顧客開拓を行い、入社1年目から営業成績1位、全社MVPを受賞。以来20年以上、トップクラスの業績。現在はリクルートエグゼクティブエージェントに在籍し、経営幹部層の採用支援、転職支援を手がける。12歳6歳の2児の母でもある。
【著書紹介】
カリスマ転職コンサルタントが40代、50代で希望の転職を実現するノウハウを公開 【35歳からの「人生を変える」転職】

51ezjuof1zl. sx338 bo1 204 203 200
■その他 HONKI SWITCH ON 本気になれば人生が変わる! No.1営業ウーマンの「朝3時起き」でトリプルハッピーに生きる本 リクルートエージェントNO.1営業ウーマンが教える 社長が欲しい「人財」! 本気の転職パーフェクトガイド―トップコンサルタントが教える 後悔しない社会人1年目の働き方 1000人の経営者に信頼される人の仕事の習慣
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP