「手抜き上手」で気持ちをラクに! ハッピーライフの作り方

「手抜き上手」で気持ちをラクに! ハッピーライフの作り方

Bu facebook
Bu twitter
35歳を過ぎた頃から体に変調が訪れ、心身ともに疲れが出やすくなります。「私はできるはず!」と無理に突っ走ろうとしても、余計に体調を崩してしまったり、時には自律神経を乱すことにも。がんばり続けた時代を過ぎたら、そろそろラクな気持ちで過ごしたいもの。そんな「ハッピーライフ」を送る方法をご紹介しましょう。


© Syda Productions - Fotolia.com


■女性のストレスを大きくしているものとは?

自律神経をコントロールをしている視床下部はホルモンの影響を受けやすく、月経、妊娠、出産、更年期、閉経と、女性ホルモンが変化する女性は自律神経を乱しやすいといえます。

自律神経失調症になる原因としては、ストレスも考えられます。もちろん、昔から社会で働く男性のほうが多くのストレスを抱えてきたといえますし、とりたてて女性がストレスに弱いとは言えません。

ただ、日本の社会生活の変化の影響は女性のほうがより多く受けているため、新しいストレスに対応しきれていない、もしくはストレスの原因への対処が遅れている面があるとも考えられます。

例えば、次のようなことが挙げられます。

・社会進出による仕事のストレス
・仕事と家事や子育てとの両立
・晩婚や未婚の女性が増えたことによる将来への不安
・学校のPTAを含むママ友同士の人間関係

気づけばいろいろなストレスにさらされている女性たち。そんなストレスを少しでも軽減して、これからも快適に暮らしていくためには、少々の「手抜き」がとても大切です。

■手抜き1: うまく切り抜ける「スルー力」をつける
世の中、言いたがりは大勢います。そのほとんどは言えばスッキリし、後々のことまでは考えていません。つまり言わせておけばいいのです。

面倒なことは「シカト」「スルー」してうまく切り抜けるのもひとつの方法。 「ごめ~ん、うっかり聞いていなかった~」と茶目っ気たっぷりに笑って、日ごろから「人の話をちゃんと聞かないキャラ」を作っておくのも手かもしれません。あまりやりすぎると、不信感を持たれるので、ほどほどに。
 
 

■手抜き2: 余計なことは考えない

もちろん、すべてにおいて考えずに行動していては、それは大人とは言えません。ただ「余計」な考えは、捨て去りたいものです。

例えば、朝、目が覚めたときに、布団の上で「今日はあれをしなきゃ」とかあれこれ考えてしまい、気分が重くなるということはありませんか? そんなときは「えいや!」と、一切何も考えず起きてしまったほうが気分すっきりします。

ストレスを貯めやすい人は、常に小さいこともぐるぐると考えてしまいがち。考え込みすぎているうちに大切なことを逃してしまい、それがまたストレスになることも。

あまり考えすぎず、常に頭の中をシンプルにしておくことも毎日を楽しく過ごす秘訣かもしれません。

■手抜き3: スマホを使う時間を制限する

友達からのライン待ちや、ツイッターでの趣味仲間の発言チェックなど、ついつい楽しくて手が放せないスマホ。でも、スマホの中にある情報量は膨大で、私たちの許容は追いつかず、それがストレスの原因になっていることはないでしょうか。

インターネットでは悪意のある発言を目にすることも多く、気づかぬうちに心は疲弊しています。また、画面を見すぎたことによる眼精疲労も気持ちが下がる一因に。

子どもにゲームの時間を制限するのですから、自分も一緒にスマホの時間制限をしてみてはいかがでしょうか。


料理だって家事だって、仕事だって、ちょっと手抜きするだけで、シンプルになってやりやすくなるもの。ハッピーな人生を送りたい、日々の生活に疲れを感じるときには、ぜひ「手抜きライフ」を試してみてはいかがでしょうか。
 
 
(平野智美)
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP