歩きにくい? 休めない!? 周囲の妊婦を見て「妊娠って大変だな」と思う瞬間6つ

歩きにくい? 休めない!? 周囲の妊婦を見て「妊娠って大変だな」と思う瞬間6つ

Bu facebook
Bu twitter
アラサー世代は、女子にとって「妊娠・出産」の適齢期でもあります。友人や知人など……周囲を見渡してみると、「意外と妊婦さんが多い!」なんて方も少なくないのでは? あなたが周囲の妊婦さんを見て、「妊娠するって大変なんだな」と思うのはどんなときですか? 女子のみなさんに「妊婦を見て大変だなと思う瞬間」について答えてもらいました。

■お腹が重そう

・「重さを体験したことがあるが、本当に重い」(34歳/情報・IT/技術職)

・「体が重そうで、階段を上っているだけでも息切れしているところを見て」(28歳/ソフトウェア/技術職)

まん丸のお腹は、妊婦さんの幸せの証です。しかし中に入っているのは、れっきとした赤ちゃんですから、重さも相当なもの。赤ちゃんプラス胎盤プラス羊水を、常に抱えていると考えると……頭が下がります。

■つわりがツラそう

・「会社で、(同僚が)つわりがひどいと言って、みるみる痩せていく姿を見たとき」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「一緒に働いていた先輩はつわりを抱えて仕事をしていた。ニオイに敏感になっていたのか、夏でもマスクしていて時折口をハンカチで押さえてトイレに駆け込む姿を見ていて『私にはできる自信がないなぁ』と思っていた」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)

妊婦さんといえば、つわり! 「食べられない」「ニオイに弱い」「突然襲ってくる吐き気」などの姿は、衝撃的ですよね。いずれ終わるものとはいえ、自分には耐えられる自信がないという意見も!?

■歩きにくそう!?

・「お腹が膨らんで足元が見えないため、歩きにくそうだなと思ったとき」(25歳/建設・土木/事務系専門職)

・「階段などで、足元が見えなくて大変そうだなと思う。自分が妊婦のとき大変だったので」(33歳/医薬品・化粧品/営業職)

妊娠後期は転倒注意! 妊婦さんの場合、特に階段は足元に注意してゆっくり上り下りするべきでしょう。もしも身近に妊婦さんがいるなら、階段などでは手すり側を自然に譲ってあげられるといいですね。

■妊婦だからといって休めません……

・「つわりで吐いていても、安定期前だからといってまわりに報告するのをためらい、サボっている扱いされていたのを見たとき」(28歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「仕事をしていると、体調が悪くても働かないといけない姿を見ると大変だと思う」(29歳/その他/販売職・サービス系)

仕事を続ける妊婦さんにとって、「ツラくても休めない」というのは大きな問題です。報告を躊躇う気持ちもわかりますが、赤ちゃんを守れるのは自分だけ。勇気をもって休むことも大切ですよ。

■通勤中もひと苦労!

・「理解のない人もいるから。公共の乗り物とかは怖そう」(31歳/情報・IT/技術職)

・「知り合いは、毎日グリーン車に乗って通勤している。毎日往復で2,000円、1週間で1万円かかっていて大変だと思った」(34歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

こちらも、仕事に関わるひとつの問題ですね。特に満員電車は高リスク! 避けるためには時間をずらすか、もしくは追加費用を払って解決するしかないのかもしれませんね。

■赤ちゃんのことを第一に考えなくてはいけない

・「胎児に悪影響なものを食べないように気をつけないといけないので、好きなときに好きなものを食べられなくて大変そう」(23歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「お腹の赤ちゃんを第一に考えるので、行動の範囲が狭くなってしまうこと。風疹など、病気が怖いこと」(30歳/商社・卸/事務系専門職)

薬、カフェイン、アルコール……。赤ちゃんによくないものは意外と多いものです。妊娠期間が終わっても、次は授乳期間がやってきます。これも母になるための試練なのでしょうか。

<まとめ>

妊娠期間には、試練もつきもの。しかし、母子一体となって過ごせる期間はごくわずかです。大変さの中にも、些細なことで幸せを実感できることでしょう。妊娠するって大変なこと。でもきっと、素晴らしいことも多いはず! こんな気持ちで、いつかそのときを迎えられたらいいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年2月16日~2月22日
調査人数:149人(22歳~34歳の社会人女性)

関連リンク
妊娠しても仕事は続ける、やめる!? 働く女子はどっちが“オトク”?
【カラダのお悩み】将来の妊娠に影響も!? 「おなかの冷え」を解消する方法6つ
妊娠の兆候・症状まとめ
元のサイトを見る

関連する記事

この記事のキーワード

RANKING
YESTERDAY

WHAT'S CHIENOWA?

CHIENOWA'S ORIGINAL
STAFF PICK UP